今やすっかり定期預金の金利が落ちて、魅力のなくなった百十四銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>百十四銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

正直、もう百十四銀行を使っていては、貯金などできない


百十四銀行の定期預金金利をチェックしよう

百十四銀行」と書いてなんと読むか分かりますか? 地元・香川県の方なら当然知っているでしょうが、四国以外の人はたぶん、かなり悩むと思います。ひゃくじゅうし銀行と読みます。

ま、そんなことはどうでも良いので、百十四銀行の定期預金金利の調査と、預貯金重視の私たちにとって、優れたサービスを展開しているのかどうかのチェックをしてまいりましょう。

参考この地域で最も高金利の定期預金は朝銀西信用組合になります

百十四銀行の定期預金



現状の、百十四銀行の店頭金利の定期預金


百十四銀行は、前回チェックした時と変わらずの、超低水準の定期預金金利となっています。地方銀行の定期預金の金利は、本当に横並び的な水準です。銀行マンは日本人の横並び思考から、抜け出せないようですね。・・・困ったものです。

ちょっと面白いと思ったのは、2年もの、3年もの定期預金で、変動金利を提供している点でしょうか。3年以上の定期預金で複利型を提供していますから、サービスの改善には勤めているようです。ですが、利息はほとんど貯まらないと思った方が良いですね。非常に残念。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


なお、非常に残念な事に、インターネットバンキングの「114ダイレクト」においても、上記の店頭金利が適用になってしまいました。こうなると、百十四銀行のネットバンキングなんて使う意味がありません。他を当たった方がよいでしょう。


百十四銀行の公式HP



振込み手数料が高すぎて、利息が全て吹っ飛ぶ!

百十四銀行、定期預金の金利水準が低い上に、振込み手数料が高すぎるのは大問題です。下記のようにインターネットバンキングをフル活用しても、他行宛振込みに400円前後も必要になります。

百十四銀行の振込手数料


これでは、せっせと利息を貯めこんでも年に数回の振込み作業で全てが水の泡と化します。他行あて振込手数料が無料になる銀行の利用と、資金回収時の一切の手数料がゼロになる究極の裏技を併用していただくと、上記のコストはゼロになります

ときおり実施のキャンペーンは、良いところもある、悪いところもある

百十四銀行でときおり実施するキャンペーンは、良い部分と悪い部分、両方見受けられます。もちろん良いところだけサービスを受ければよいので、悪いところは取り入れないでくださいね。

まず良い例です。下記は、例えば銀行側から営業をかけられて、それに負けて投資信託とか外貨預金を買わなければ、金利分がそっくりそのままあなたの得になりますので、良いと思います。

ただし1年経ったら、恐ろしく低金利の店頭金利に戻りますから、うーん、どうなんでしょうね。給与振り込みも、常時金利の高いネット銀行に設定したほうが良いと思えますけどね。

年金受け取り用の定期預金


次に、悪いところを見てみましょう。それがこれ。出ました、定期預金と投資信託のセット販売です。50万円以上の金額で、投資信託を買ってほしいとの思惑がにじみ出ています。

百十四銀行の、投資信託と定期預金の抱き合わ販売

50万円の投資信託を買ってもらえると、銀行側には1万5000円の高額手数料(3%で算出)が懐に入ってくる計算です。しかも毎年、2%程度の信託報酬という名の手数料が稼げます。こんなに美味しい思いをしているのに対して、3ヵ月で2%の金利って2500円ですからね。しかも税金2割引かれるから、手取り2000円。

銀行が手にする超おいしい手数料1万5000円に比べると、あなたは確実に損してます。こんなのが分からないようであれば、典型的にお金のリテラシーが無い証拠ですので、投資信託などを買うのは絶対にやめましょう。

百十四銀行のNISAキャンペーンにメリット無し!

「定期預金と投資信託の抱き合わせ商品」と似たようなスタンスのキャンペーンですが、NISA口座を開設すると、最大で現金が500円キャッシュバック されます。こちら、長期的に見ると投資信託の購入手数料と毎年必要になるコストで、損することになります。ついでに、資産運用に失敗すると資産自体が目減りしますからね・・・。

百十四銀行のNISA口座キャンペーン


投資の知識が無いのであれば、目の前の少額の現金に騙されず、堅実な定期預金に資金を預け入れることをお勧めしますね。あなたが投資で失敗したとしても、常に確実に得するのは、百十四銀行だけです。

投資信託の販売に熱心な百十四銀行の売れ筋が、あまりにもひどい状況に憤慨

あの手この手で投資信託の販売に繋げようとしていますが、これも全ては高コストな金融商品を販売して、多額の手数料を庶民から安定的に貪りたいからです。現に百十四銀行の販売する投資信託販売窓口売れ筋を見ると、下記のように超残念な状況です。

何が残念か分からない、そんな人は下記の姉妹サイトで、売れ筋の投資信託を調べてみて下さい。そんな事すら面倒でやりたくない人は、どうぞ銀行のカモになって年貢を納め続ければ良いでしょう。

⇒参考:投資信託の分配金に騙されるな~利回りの嘘を暴く~

百十四銀行の販売する投資信託ランキング

年金・退職金受け取り者限定の定期預金も、魅力があるとは言えない

これまで百十四銀行の提供するサービスをチェックしてきた中で、唯一と言って良いでしょう、下記のような退職金・年金定期預金ならば、魅力的な金利を維持しています。1回限りの上に、預け入れ金額も限定されているのですが、百十四銀行を今でも利用している人は検討しても良い金利水準です。

退職金専用定期預金「114ワンダフルライフ」:1年もの定期預金の金利が年0.3%
プレ年金定期預金「つながり」:1年もの定期預金 店頭表示金利+年0.1%
年金定期「ふれあい」:店頭表示金利+年0.2%


ただし誰も利用できる訳でないですし、世の中にはもっと魅力ある定期預金はたくさん存在します。 試しに、当サイトで紹介している高金利な銀行の1つ、SBJ銀行と受け取れる利息を比べてみましょう。

1年目のみ、退職金専用定期預金「114ワンダフルライフ」を利用して、その後、店頭金利になった場合を想定してみました。結果は下記のようになります。


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 百十四銀行の場合:金利0.01%
(初回1年目は0.3%)
SBJ銀行の場合
(金利0.25%)
100万円 3200円(2550円) 7500円(5976円)
300万円 6400円(5100円) 22500円(17929円)
500万円 9600円(7650円) 37500円(29882円)


1年目こそは魅力的な利息で満足しますが、その後は超低金利になる訳で、定期預金の事を忘れてしまって放置して預け続けた場合など、かなり損する事になります。

四国には、普段から高金利の銀行がいくつかあります。百十四銀行を使うくらいならば、愛媛銀行四国八十八か所支店高知銀行よさこいおきゃく支店、香川銀行セルフうどん支店など、より金利の高い銀行の利用をされると良いでしょう。