青森銀行の定期預金を確認して、預け入れしても良いかどうかを判断

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>青森銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

青森銀行にメリットがあるのかをチェック


最新の、青森銀行の定期預金金利はこれ

地域密着型の金融を目指している青森銀行。本ページでは定期預金の金利や、我々にメリットのあるサービスを提供してくれているのか、確認しています。ぜひ銀行選びの参考になさってください。なお下記の金利は、2015年12月以降のものです。

あわせて、関連するメリット大のキャンペーンについても記述します。メリットがある場合は、家計を助ける意味でも、大いに利用しましょう。

現時点においては、青森銀行に預けても実質的にはタダ同然の金利です。金利上位の銀行に預け入れたほうが、はるかにお得です。現時点の青森銀行の定期預金には、利用価値は無いと思います

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.025% 0.025% 0.03% 0.03%
300万円以上 0.025% 0.025% 0.03% 0.04%


なお、上記の金利ですが、青森銀行のインターネットバンキング「つないでネ!ット」を利用しても、ビタ一文変わらぬ低金利です。つなぎたくないネ!ットと呼ばせていただきたいです。






青森銀行の冬のサンクスキャンペーン2015は残念


青森銀行で「冬のサンクスキャンペーン」がスタートしました。スーパー定期預金1年以上&30万円以上を、新規もしくは増額で預け入れした場合、先着13,000名にオリジナルマイクロファイバーブランケットがプレゼントされます。ただし一人様一枚限りで、景品は各店舗で先着順になります。

青森銀行の店舗所在地一覧はコチラ

青森銀行・冬のサンクスキャンペーン


冬のサンクスキャンペーンには、定期預金金利を上乗せしてくれる項目もあります。この場合、10万円以上の新規の預け入れ、または増額の資金を、スーパー定期預金に預金すると、店頭表示利率の5倍を上乗せしてくれます。・・・えっ、5倍??

店頭金利は前項を見てくださいませ。1年もので年0.025%、ということは5倍と言ってもたったの0.125%です。仮に1000万円以上の大口定期預金ですら、5倍の上乗せ後の金利は0.125%にしかならないのですから、なんとも残念な結果です。しかも対象取引条件として、下記のいずれかの取引をする必要もあります。

①給与振り込み
②年金受け取り指定
③クレジットカード予約
④公共料金自動振替
⑤青森銀行にて各種ローン契約



①~⑤の取引に該当しない場合は、1年もの利率は3倍に減額となり、0.075%の金利に留まり、残念すぎます。

取扱いは店舗の窓口に出向く必要がありますので、日常的に青森銀行と取引がある方か、金利よりも、プレゼントされるマイクロファイバーブランケットが欲しい方に限定となりますね

応募総数200億円と掲載がありますが、ここまで低金利だと定期預金としては魅力に欠け、応募総数に達するのだろうか?と不思議になります。

あ、なお、上記の図の2番、投資信託購入でVJAギフトカード(VISAギフトカード)を先着1500名にプレゼントする企画は、相手にしてはなりません。

なぜなら、青森銀行の投資信託は、購入に全て取引手数料が必要となるからです。良質の低コストインデックスファンドもほとんど存在せず、あなたご自身よりも金融機関が泣いて喜ぶファンドのラインナップとなっています。

青森銀行の冬のサンクスキャンペーンの公式資料

青森銀行の振込手数料は、残念な水準

青森銀行の振込み手数料は、はっきり言いますと使い物にならない水準です。窓口は高くなる傾向は分かりますが、インターネットバンキング機能を利用しても、他行に振込む際に多額の手数料が必要になります。

青森銀行の振込手数料


コツコツと獲得した金利が簡単に吹き飛ぶ水準です。銀行を選ぶ際には、金利水準だけでは無く振込み手数料も注意しましょう。他行宛の振込み手数料が無料の銀行を利用する事を、お勧めします。

ただし、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を活用すれば、上記の高額な手数料はゼロ円になりますので、青森銀行を普段使っている人やキャンペーンに応募する人は、あわせて目を通して頂くと良いでしょう。