クレカキャンペーンと変動金利定期預金以外、メリットはなし

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>千葉銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

千葉銀行の定期預金金利、キャンペーン情報のチェック


最新の千葉興業銀行・定期預金金利

保有している総資産額では横浜銀行の次に大きく、地方銀行の中ではNo2のポジションを維持している千葉銀行。しかし現在では、日本全体の地方銀行同士の経営統合も相次いでいるために、他行に対抗するような優良なサービスに期待したいですね!(参考までに、埼玉県の武蔵野銀行と包括的な業務提携を発表していますね)

さて1年ぶりに期待して千葉銀行の定期預金金利をチェックしたのですが、他行と差別化するどころか、平凡すぎるくらい低い金利を提供し続けています。インフレ気味で物価が上がりつつある事を考えると、千葉銀行に預けても満足できる利息を獲得できないです

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


3年もの以上は複利型の定期預金も提供しているのですが、そんなサービスよりもベースの金利を上げて頂きたいですね。仮に100万円を1年程度預けても、利息は250円ですから・・・。少しでも高金利な銀行を探して活用することは、必須の時代になりました。

なお、忘れがちな振り込み手数料の水準もチェックしておくべき項目です。ちばぎんマイアクセスと呼ばれるインターネットバンキングを利用しても、他行あて振り込みが430円程度必要になることを考えると、定期預金の利息など吹き飛びます。金利だけではなく、他行あて振込手数料が無料になる銀行を選ぶ視点も重要です。


千葉銀行の公式HP


ちばぎんクレジット・デビットカード入会キャンペーンは注目!

地方銀行に限らず、クレジットカード会社のこの手のキャンペーンは、よく見かけますよね。でも、千葉銀行が今回打ち出したキャンペーンは、頭2つくらい抜けるような、メリット大のものです。

ちばぎんスーパーカードキャンペーン


まず、千葉銀行のクレジットカード、またはデビットカードにご入会するだけで現金1000円が貰えます。ポイント還元でなくて、現金が貰える点が素敵な特典です!

さらに入会3か月以内のショッピング利用金額に応じて、最大で5000円の現金が貰えます。5000円貰うためには、1か月平均で1.7万円程のご利用が必要ですが、簡単にクリアできる数字です。

最後に、所定のプレゼント月までに携帯電話料金を支払うと、現金1000円が貰えます。合計で最大7000円です。かなり条件が緩いので、千葉銀行を利用している人は検討すべきでしょう

千葉銀行のクレジットカード・デビットカードのキャンペーンで貰える金額


⇒その他参考:VISAデビットカード完全比較のページはコチラ

資産運用応援プラン・金利上乗せコースは要注意

上記のキャンペーンが非常に魅力的に見える分、このキャンペーンは残念です。

千葉銀行の資産運用応援プラン金利上乗せコース


この5%というあり得ない定期預金金利を提示する見返りが、「投資信託を買わせる」ことにあるのは、上記の図の条件を見ていただければ、すぐに分かりますよね。

しかもこの金利の適用は、店頭に出向かないと認められません。この金利を見て、どのような投資信託が良いのか銀行員に相談するとしたら、このみずほ銀行の実例のような、明らかに銀行が多額の手数料を徴収できるものになるに、違いありません。

実際、この金利の適用条件に当てはまる投資信託は、店頭で確認するようにとの事です。金利目当てに銀行を訪問するような、ある種の情報弱者は銀行員の手にかかると、イチコロです。騙されないように、十分に注意しましょう。

ちなみに、株式投信を購入した金額内でしか、優遇金利の定期預金が利用できません。こんな事をして投資信託を買わずに、全額を高金利な銀行に預けた方が、実はお得です。

例えばSBJ銀行を比較対象にして、受け取れる利息を計算した結果が下の表です。千葉銀行は預入金額の半分しか利息を受け取れないとして掲載しています。(投信を半分購入する必要があるから)


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 千葉銀行の場合:金利0.01%
(初回3か月は5%)
SBJ銀行の場合
(金利0.25%)
100万円 6388円(5089円) 7500円(5976円)
300万円 19162円(15269円) 22500円(17929円)
500万円 31937円(25449円) 37500円(29882円)


3か月間とは言え、5%の金利はは凄くインパクトがあります。しかしトータルで受け取れる利息は、高金利銀行に比べて劣っているという驚きの事実です。

しかも株式投信を購入すると3%程度の購入手数料や、毎年1%の経費を取られる事を考慮すると、圧倒的に惨敗する結果になるでしょうね。利用価値は、まったく無いと断言します。

投資信託についての事情は、管理人姉妹サイトの「投資信託の分配金に騙されるな!」というサイトをよくご覧ください。千葉銀行が売りたがっているような投資信託のダメさ加減が分かります。

貯蓄と対極にある「ちばぎんカードローン」を利用していると貧乏になるだけ

小島よしお氏の勢いに吊られて、カードローンなぞ始めてしまうと、あなたは永久に、銀行のためにせっせと高い金利を支払い続ける人生に転落します。2万円を1 週間借りて支払う利息が、たったの56円(年利14.8%)と安さを前面に押し出していますけど、年間で約3000円ですから。

千葉銀行に100万円預けてももらえる利息は年間250円ですが、100万円借りた場合に支払う利息は約15万円です・・・。銀行も、えげつない商売していますね。

千葉銀行カードローン利息キャッシュバックキャンペーン


こじまヨシオ氏の動画でもはりつけておきます・笑。これを見ていると、なんだかバカにされている気分になるのは、私だけでしょうか? こういう借金を軽々しくしてしまうような人たちは、逆にこういうCMの方が響くのか。。。
http://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/card/


あ、そうそう、カードローンとかキャッシングなんかを1回でもやると、数年間は住宅ローンなどは通らなくなりますから、銀行の口車に乗らないようにしましょう。一発アウトですので。

銀行からしたら、変動金利で1%も取れないような住宅ローンよりも、年利14%をボッたくれる、カードローンの方が良いに決まってますね!!

変動金利定期預金は、利用価値はある

千葉銀行の定期預金金利は悲しいほどの低水準なのですが、それは置いておいて、たとえば将来(遠くないかもしれませんが)、日本の財政が破たんして、円の価値が大きく下落して、大規模なインフレ状態に陥ったとします。

その時に、1年とか5年とか、長期間固定の定期預金に預け入れていたとしたら、持っているお金の価値が暴落する事になりますので、シャレになりません。それを防ぐことが出来るのが、市場金利と連動するタイプの、定期預金です

千葉銀行に、それがあるとは驚きました。完全に連動するわけではなく、金利の見直しは半年に1度ですが、それでも他行よりも十分にメリット大です。

変動金利定期預金のページへ


とは言え、千葉銀行の定期預金金利は何度も言いますが極めて低いため、千葉銀行に一定金額を預けつつも、メインは当サイトトップページの金利の高い銀行を利用するのが、金融機関との賢明な付き合い方と言えます。

いよいよ日本がヤバいぞ、これはシャレにならない事態になりそうだと思い始めた時点で、変動金利定期預金を利用するスタンスで良いと思います。ただし、そんな時代になったら銀行もやってられませんので、変動金利定期預金の取り扱い自体を止めてしまうかもしれませんが。

千葉銀行よりもはるかに高い金利で定期預金に預け入れしたい方は、当サイトトップページの、金利一覧表をご覧ください。

千葉銀行で貯蓄の相談をすると、高コストな投資信託を推奨されるリスクが大

千場銀行のウェブサイトを見ていると、一見庶民のためになるような相談サービスを発見しました。その名も「ちばぎんで貯蓄活動」。

千葉銀行で貯蓄活動


で、貯蓄大好きな管理人が中身をチェックしたところ、死ぬ思いで貯めた100万円を、外貨預金や投資信託へ誘導されかかって、椅子から転げ落ちそうになりました。

「千葉銀行で貯蓄活動」の結果


千葉銀行の定期預金を利用してもほとんど利息は受け取れないが、外貨預金や投資信託を使うと、効率的にお金が増えるよと言っている訳ですね。だいたい、貯蓄的運用ってどういう意味だよ!天下の千葉銀行が、人を間違わせるような表現はしては困ります。

もしもあなたが千葉銀行から、外貨預金や投資信託などの金融商品を強く推奨されているとしたら、当サイトのQ&Aコーナーにてご質問ください。千葉銀行と利害関係の一切ない管理人が、その商品が合理的に考えて正しいものなのかどうか、一刀両断にして差し上げます。