定期預金金利が低くて手数料だけ高い第三銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>第三銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

第三銀行の定期預金とキャンペーンに関して評価・解説してみましょう


最新の第三銀行の店頭の定期預金金利は、相手にしてはならない

2018年時点での第三銀行の定期預金金利となります。ガッカリくるくらいの低金利ではありますが、日本の政府の政策を反映しているだけで、第三銀行が悪いわけではありません。

しかし今の日本は探せばいくらでも高金利の銀行がありますので、もしも下記に嘆きつつそのまま預け入れしてるとしたら、それはあなたの努力が足りないのです。ちゃんと調べて、預け入れしましょう。

⇒参考:この地区ならイオ信用組合の5年物0.4%の高金利がお得です

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


第三銀行の公式サイト



サン+SUNキャンペーンの定期預金も、泣きたいレベルだ

第三銀行が現在実施しているキャンペーンが、「サン+SUNキャンペーン」です。

・定期預金
・投資信託あるいは外貨預金
・保険


のいずれかの金融商品を利用すると、抽選でプレゼントが貰えるというものです。銀行の取り扱う投資信託、外貨預金、保険はほとんど全てがぼったくりレベルなので、決して利用してはいけません。

かといって残された定期預金も、「たけちゃん定期」なる、たったの0.05%という、何が特別金利なのか分からないようなものですから、利用価値は皆無ですね。「特別に低い金利」だから特別金利と言っているのかと、揶揄したくなります。。。




銀行で高金利の定期預金を狙うのならば、SBJ銀行あおぞら銀行、あるいは冒頭にもリンクしておいたイオ信用組合あたりを利用するほうが、比較にならないほど利息が貰えます。当選するのかしないのか分からないプレゼントに期待するのではなくて、現実的に高額な利息をモノにしたいですね。

第三銀行の振込手数料が有料で残念だった件

お得なはずの第三銀行インターネットバンキングを利用した振込手数料ですが、下記のように残念な水準です。市民の求める他行あて振込手数料は無料という思いが届いてないようです。これでは、利用価値を見出す事が難しいですね。

第三銀行の振込手数料

株主優遇定期「~株主様専用~」の上乗せ金利は魅力的!

第三銀行の株主優遇定期の金利上乗せ定期預金は、魅力的です。最大100万円と制限はあるのですが、1年物の定期預金の金利に0.35%もの上乗せがされます。超低金利時代において、この金利水準は全国トップ水準です

第三銀行の株主様専用定期預金


当サイトのランキングをご覧になれば分かると思いますけど、ここまで高い金利はなかなか無いので、利用価値があります。

ただし第三銀行の株を購入してまで利用するのは、株式投資に慣れた人以外はご法度です。気軽な気持ちでやらないようにしましょう。現時点で株主だったら、利用を検討する程度で良いでしょう。

「今から…」 ~退職者専用~ よりもメリットのある定期預金

「今から…」~退職者専用~定期預金であれば、純粋に優遇された定期預金が利用できます。しかし下記に示す通り、3か月定期預金の金利を提示して高い金利に見せかけて、高齢者を集めています。




しかし、管理人の厳しい目線でみたところ、まったくお得ではありません。例えば当サイトが推奨するSBJ銀行の定期預金と、受け取れる利息と比較してみましょうか。3年間、預入した場合の利息差が、下記となります。 (カッコ内は税引き後の受取金額です)

預入金額 第三銀行の利息: 0.01%
(当初3か月は2.11%)
SBJ銀行で受け取る利息
(金利0.25%)
300万円 16,650円(13,268円) 22,500円(17,929円)
500万円 27,750円(22,113円) 37,500円(29,882円)
現在は第三銀行の金利が更に下がり、当初3か月は1.51%の金利です


通常の定期預金に比べるとお得感がありますが、最初から魅力的な銀行を利用すれば1万円近くの利息差が生まれます。定期預金のリスクはどの銀行も同じですから、(というかリスクなど無いので)、最初に魅力ある銀行をきちんと選びましょうね。

「わくわく宝船~投信・外貨専用~」に騙されるな!

投資信託を購入させる為に、銀行は定期預金とセット販売をするようになりました。しかし、冷静に、銀行から貰える金利と投資信託や外貨預金をする事で銀行に払い続ける手数料を計算すると、大損している事が分かるはずです。

さらに投資で大損するかもしれないオマケ付きです。何となくお得そうというノリで預け入れるような代物ではありません。

第三銀行のわくわく宝船


一目広告をみて、年利4.0%に驚くかもしれませんが、実は3か月定期の期間限定品なのです。年間に換算すると1%弱の金利になります。

この定期預金だけであれば魅力的なのですけど、同額の投資信託を3%近い手数料を支払って購入する事になるので、トータルでは大損です。銀行の懐が潤うだけです 。

その他の三重県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

三重県におけるその他の銀行の定期預金は、以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください


三重県の銀行の定期預金金利


半年 1年 3年 5年
三重銀行 0.01% 0.06% 0.01% 0.01%
(三重銀行インターネット) 0.01% 0.06% 0.009% 0.009%
百五銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
第三銀行 0.01% 0.06% 0.01% 0.01%


愛知県の銀行をチェックしても良い


なお、三重県のお隣、愛知県の銀行の定期預金も、あわせてチェックすると良いでしょう。愛知県に通勤している人は、愛知県の銀行を利用できます。

半年 1年 3年 5年
愛知銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
名古屋銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(名古屋銀行インターネット) 0.04% 0.04% 0.04% 0.04%
中京銀行 0.01% 0.05% 0.05% 0.01%
(中京銀行なごやめし支店) 0.085% 0.085%
(100万以下0.135%
0.085% 0.085%
丸八信用組合 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
豊田信用金庫
0.025% 0.13% 0.15% 0.025%
(とよしんインターネット支店) 0.33% 0.33% 0.025% 0.025%
岡崎信用金庫 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
キャンペーンバナー
豊橋信用金庫
0.01% 0.15% 0.15% 0.01%
キャンペーンバナー
(豊橋信用金庫
インターネット支店)
- 0.3% - -
キャンペーンバナー
信用組合愛知商銀
不明 0.3% 0.4% 不明
愛知県中央信用組合 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
愛知県医師信用組合
0.05% 0.3% 0.12% -