愛媛銀行は、インターネット支店のみが利用価値が高いと評価

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>愛媛銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

まずは、愛媛銀行の定期預金やその金利を大チェック


愛媛銀行の店頭金利の定期預金は、利用してはならない

このページでは、愛媛銀行の定期預金金利を評価しています。毎月金利が変わりますので、都度更新しています。下記の金利は、2017年時点のものです。

まだまだ、賃金の下がる企業のほうが多いんじゃないでしょうか? 東京などでは、大企業中心にお給料が上がるところも有るようですが、地方ではガソリン代も上がって、生活は決して楽になってはいません。

そういうご時世だからこそ、預け入れた後は何もせずに放置しているお金に、十分に働いてほしいですよね。のちのち、立派になって(大きく増えて)、家に帰ってきてほしいです。

愛媛銀行の定期預金


愛媛銀行の定期預金金利を久しぶりにチェックしました。下記をご覧ください。以前チェックした時のお寒い金利水準から、更に改悪され凍死しそうな金利になりました。

ただ、愛媛銀行の四八十八カ所支店の金利は非常に高くて使えるので、間違っても下記の店頭金利で定期に預けてはなりません。店頭金利に関しては、他の地方銀行と変わらぬ水準ですね。

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


愛媛銀行の公式HP



ネット支店(四国八十八か所支店)の定期預金金利

愛媛銀行のインターネット支店「四国八十八か所支店」は、上記の店頭金利と異なり、かなり高い金利を提供していますので、利用価値が大です。地元だけでなく、全国的にも口座開設は可能ですので、口座管理の手間を気にしない人は、ぜひ利用すると良いでしょう。

四国八十八カ所支店定期預金の評価は?

参考この地域で最も高金利の定期預金は朝銀西信用組合になります

優遇金利が適用された定期預金は、正直イマイチ

愛媛銀行は、主に高齢者向けに、優遇された金利を適用した各種の定期預金を提供しています。「ほのぼの定期預金」「退職金専用定期預金」「ひめぎん年金予約定期預金」などです。1年物の定期預金の金利が、年率+0.1%の上乗せになります。

ほのぼの定期預金とひめぎん年金予約定期預金


しかし、これらの定期預金は魅力ありません。なぜなら、優遇などされてなくても、SBJ銀行のような高金利銀行の金利の方が2倍程度、高いからです。下記をご覧ください。SBJ銀行であれば、1年物以外の預け入れに対しても、超高金利です

預入金額 半年 1年 3年 5年
ほのぼの定期預金 - 0.11% - -
退職金専用定期預金 - 0.11% - -
ひめぎん年金予約定期預金 - 0.11% - -
SBJ銀行 0.1%
(1週間)
0.2% 0.25% 0.3%
あおぞら銀行 0.15% 0.25% 0.15% 0.15%

ひめぎんの宝くじATMは、高額当せんが頻繁に出ている模様

懸賞金や、宝くじ付の定期預金は、意外と全国の銀行で見かけることが多いです。ひめぎんATM宝くじも、これまでに高額の当選が出ているようでして、利息ではなく、宝くじ的なサービスが欲しい人は検討しても良いかもしれませんね。

ひめぎんATM宝くじ


当サイトでは、お得な宝くじ付き定期預金懸賞金付き定期預金についてランキング形式でまとめており、どの銀行がどれだけメリットが高いのかをチェックしていますので、興味ある人はどうぞご覧ください。

愛媛銀行の「止めておいた方がよい」商品を大チェック


愛媛銀行本体は、投資信託の販売に注力

新たな収益源として、地方銀行は投資信託の販売に躍起になっています。愛媛銀行だけでなく、他の地銀の評価解説のページを見ていただくと、想像がつくと思います。

そして、下記のような儲かりそうなトリッキーな投資信託(当然、そんなものに投資をしてはいけません)をときおり取り扱ったりするので、そこは魔が差さないように注意してください。

T&Dハイブリッド証券ファンド


意味わかる?? ハイブリッド証券なんて。一般人には理解不能ですし、分からないものには投資してはならないという大前提がありますので、本当に要注意です。

その代わり、愛媛銀行は、下記のようなきわめてわかりやすい投資信託(インデックスファンドといいます)のラインナップも揃えていて、その点は良いです。

参考D-I's インデックスシリーズの評価とまとめ | ノーロード投資信託ガイド

愛媛銀行の取り扱う低コストのインデックスファンド


基本、管理人は、「地方銀行なんぞで投資信託は絶対に買うな」と言い回っているのですが、愛媛銀行の上記のような、手数料無料の低コスト・良質インデックスファンドであれば、買っても問題ありません。

ただ残念な事に、愛媛銀行で実際に売れまくっている投資信託は、上記のような良質な低コストなファンドでなく、どうしようもない毎月分配型や超高コストなファンドばかりです。結局、販売の現場では、銀行側にメリットがある商品しか斡旋しないという事でしょうね。これは残念な事です。

愛媛銀行の投資信託販売ランキング

悪夢をみる事にもなるドリームセットには、手を出すな

さて投資信託の販売に注力した地方銀行が、ほぼ必ずと言ってよいほどやりたがるのが、定期預金と投資信託のセット販売です。定期預金を餌にして、高額金融商品を売りつけるやり口です。

投資信託を、全資金の50%も買う必要があるのですが、その部分で3%近い手数料を銀行に持っていかれます。残り50%に、いくら瞬間風速的な見せかけの3か月物定期預金の1.2%を付けたところで、その利息なんて一瞬で吹き飛びます。本当に利用価値なんて、ありません。

ひめぎんドリームセット


で、恐らくですが、このドリームセットは売れ筋になっているはずで、庶民が高コスト投資信託をバンバン購入していると思われます。具体的に売れ筋商品を見ると、明らかにクソファンドがランクインしています・・・。(言葉が汚くて、申し訳ございません)

愛媛銀行の資産運用商品


もしも銀行の営業マンに投資信託を推薦されたら、当サイトのQ&Aコーナーから、銀行の取り扱う金融商品を非常に厳しい目で見ている管理人に、ご相談くださいませ。悪い商品は悪いと、ハッキリと指摘したいと思います(外貨預金なんかも、欠陥商品ですからね。)