群馬銀行の定期預金金利とサービスをチェックしてみた

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>群馬銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

群馬銀行の評価を総合的に判定してみると?


群馬銀行の定期預金は、特に利用するメリットがない金利状態

このページでは、群馬銀行の定期預金金利や各種キャンペーン情報の有無、サービスの使い勝手などをチェックして、どんな状況なのかをご報告しています。

正直に書くと、歴史的低水準にあって、とても利用する価値があるとは思えない状況です。この金利でお金を入れても、ほとんど増えることは期待できないので、家計にとっては何の役にも立ちません。物価が上昇していて金利が低いのだとしたら、それは損をしているのと同じです。

群馬銀行の定期預金


なお、インターネットバンキングを利用しても、下記の金利が適用されます。武蔵野銀行さん(埼玉県)のように、ネットバンクを利用したら、店頭提示金利に0.05%上乗せされるようなサービスを導入していただきたいと思います。

預入金額 半年 1年 3年 5年 5年
300万円未満 0.025% 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
300万円以上 0.025% 0.025% 0.025% 0.025% 0.045%

群馬銀行の公式HP



ぐんぎんマネットプランは利用価値なし

群馬銀行が実施中の、ぐんぎんマネットプランには、利用価値はありませんから注意してください。群馬銀行のホームページには、下記のような、定期預金の金利ばかりにフォーカスした綺麗事が書かれております。が、本当でしょうか?

群馬銀行の「ぐんぎんマネットプラン」


100万円を定期預金に預ける場合、同じ金額の100万円で、投資信託などを購入せねばなりません。投資信託の購入をこういうところで行った場合、大概は手数料が3%くらいの高コストのぼったくりファンドを買う羽目になるケースが大半です。

3%の手数料が取られるとしたら、あなたは一瞬にして3万円を銀行に差し上げることになって、いくら定期預金で7969円の金利がもらえたとしても、2万2000円程度の損失を被るのです。ちなみに購入手数料無料の投資信託もあるにはありますが、群馬銀行はこんな仕打ちをしています。

ぐんぎんマネットプランの対象ファンド


どうして銀行がこのような売り方をするのか、定期預金と投資信託のセット販売のページにしっかりと記載していますので、どうぞじっくりとご覧になってください。

どうしても銀行で投資信託を購入したい場合は、ジャパンネット銀行が唯一の選択肢ですので、そちらで低コストの投資信託をセレクトすべきでしょう。(最近はソニー銀行でも良いですね)

「ぐんま冬の陣」に資金を突っ込むこと、後悔することになる恐れがあるぞ

群馬銀行のウェブサイトをチェックしていると、銀行側の手数料収入を増やしたい思いがヒシヒシと伝わってきます。下記の「ぐんま冬の陣」資産運用キャンペーンも、その一つです。

群馬銀行の資産運用キャンペーン「ぐんま冬の陣」


投資信託を20万円以上購入すると、なんとなく魅力的なプレゼントが手に入る可能性がある訳ですが、騙されてはいけません。しかも、「資産運用診断サービス」の利用でチャンスが2倍とありますが、超高コストファンドを推薦されるのが目に見えています (矢印の通り)

資産運用キャンペーン「ぐんま冬の陣」対象ファンド


上記のの対象ファンドの「酷いありさま」については、ほとんどの商品を管理人が確認した事があります。いかに、高コストで投資価値がないものばかりなのか、それが分からない人は下記姉妹サイトにて、ファンドの中身をチェックさる事をお勧めします。

 

投資信託の分配金に騙されるな!
高コストなボッタクリ投資信託を評価しているサイト

一見すると高金利にみえるプランが、本当にお得なのか検証してみた

群馬銀行には、一般庶民に対して金利を優遇するキャンペーンはありません。しかし、お金を持っていそう人に対しては、魅力的に見える金利を提示して、その後の「ビジネス」に繋げたいであろう商品で、誘惑しています。

例えば下記の相続定期預金特別金利プランは、相続した資金が300万円以上あれば、期間限定で金利が優遇された定期預金を利用できます。ですがこれ、本当にお得なのでしょうか?

群馬銀行の相続定期預金特別金利プラン


下記の退職金定期預金特別金利プランも同様に、かなりの高金利(に一見すると見えてしまう)を提示しています。

群馬銀行の退職金定期預金特別金利プラン


群馬銀行で給与の振り込み、または年金の受け取り、NISA口座の申込みがあれば、特別退職定期預金が利用できるようです。いちいちめんどくさい事をさせますね。

こんな事をしなくても、SBJ銀行のように、いつも高金利の定期預金を提示している銀行に預け入れたほうが、だんぜん良いです。「3年もの定期預金」を利用したと仮定して、実際に受け取れる利息を計算してみましたので、下記の表をご覧ください。

なお退職金定期預金プランですが、3か月または6か月が過ぎると、猛烈に低い店頭金利で継続されます。この影響がどのように現れるのか、しっかりと理解して頂きたいです。


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 群馬銀行の退職金定期預金プラン: 0.025%(3か月のみ年1.8%) SBJ銀行の場合
(金利0.35%)
300万円 15563円
(12401円)
31500円
(25101円)
500万円 25938円
(20668円)
52500円
(41835円)
2016年現在、SBJ銀行の金利は0.25%になりましたが、それでも十分メリット大です。)


3年後に受け取れる利息が、2倍近くも違います。退職金のような、まとまった資金を500万円預け入れた場合であれば、3万円近い利息の差が生まれてしまう事には本当に驚きますね!


なお、群馬銀行の提供する金融商品、あるいは定期預金やお金全般で、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて、気軽に質問してくださいませ。