再度、定期預金金利を上げていただきたいのが池田泉州銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>池田泉州銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

池田泉州銀行の定期預金とキャンペーンを評価


池田泉州銀行でも、店頭金利で定期預金を預けてはいけない

給料が増えない時代では、資産運用を駆使して、出来るだけ多くのお金を獲得したいです。銀行の定期預金を活用すると安全に資産が増えますが、しっかりと考えて銀行選びを行わないと、泣きたくなるような利息しかもらえません

池田泉州銀行の定期預金金利


池田泉州銀行は、様々なキャンペーンを提供しています。それらが本当にメリットのあるサービスなのか、確認を入れてみたいと思います。池田泉州銀行が使える銀行なのかの、チェックです。

1年ぶりに池田泉州銀行の定期預金金利(店頭金利)をチェックしたのですが、相変わらずの超低水準です。当然ながら、このような金利の銀行に預けても、資金が増える事はありません。

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.025% 0.025% 0.03% 0.03% 0.10%
300万円以上 0.025% 0.025% 0.03% 0.04% 0.12%


加えて、腰を抜かすほどの高額な振り込み手数料を要求する銀行ですから、普通に利用していると赤字になるだけです

例えば1年ものの定期預金に100万円預けて250円の利息を手に入れても、他行宛てに振り込んだ瞬間に540円もの手数料を支払わねばなりません。バカバカしいですよね。

本ページでご紹介した池田泉州銀行の定期預金キャンペーンを利用する場合は、必ず振込手数料の無料化を実現した銀行と、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技をセットで活用することが必須になりますね。


池田泉州銀行の公式HP


池田泉州銀行なら、インターネットバンキングが唯一の使えるサービスか

インターネット定期預金を利用すると、店頭の金利よりも有利な条件で預け入れが可能です。池田泉州銀行を利用するのであれば、こちらがおススメです。池田泉州銀行のプレミアム定期預金0.5%高金利キャンペーンが終了した今は、これだけがメリットのそこそこ有るサービスですね。

池田泉州銀行のダイレクトプラス定期預金

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 - 0.125% 0.13% 0.13% -
300万円以上 - 0.175% 0.18% 0.19% -


ただし上述の金利でも、世の中にある高金利銀行に比べて圧倒的に見劣りしてしまいます。例えば、当サイトのトップページに記載しているSBJ銀行の3年ものの定期預金に預け入れた場合を考えてみましょう。(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)

預入金額 池田泉州の通常金利
3年の受け取り利息
池田泉州の上乗せ金利
3年の受け取り利息
SBJ銀行での
3年の受け取り利息
100万円 300円
(276円)
1800円
(1656円)
5500円
(5060円)
300万円 900円
(828円)
5400円
(4968円)
16500円
(15180円)
500万円 1500円
(1380円)
9000円
(8280円)
27500円
(25300円)


驚くほど、受け取る利息が変わってきますね。基本的なスタンスとしては、やはり当サイトで掲載しているような高金利銀行をメインバンクとして活用した上で、キャンペーンなどでお得な金利が提供された時にだけ、当銀行を利用するスタンスで良いかと思います。

ただし繰り返しになりますが、振り込み手数料が高額ですから、振込手数料をゼロにして資金回収する裏技を活用して資金回収を行う事をお勧めします。



池田泉州銀行のATM入出金手数料(コンビニ含む)がいかにも残念

引き続いて、池田泉州銀行の手数料です。かなり高額の手数料を取るので、少々驚きです。

池田泉州銀行の振込手数料


まず初めに、振込み手数料です。見てくださいよ、この表を。

池田泉州銀行の振込手数料


インターネットバンキングを使っているにもかかわらず、3万円以上の振り込みで、540円も取られるなんて、ボッタクリです、ハッキリ言って。例えば住信SBIネット銀行を使えば、このお金、無料にできますからね。

⇒参考:振込み手数料が無料の銀行をランキングしてみた


仮に、50万円を池田泉州銀行のインターネット定期預金の1年物(0.125%)に預け入れるとします。すると1年後の金利は625円(税引き後は500円)です。

という事は、1回振り込みすると、1年間我慢してようやくもらった貴重な利息が、一発で吹き飛ぶという事です。こんなバカらしいことは、許されてはならないです。


池田泉州銀行のATM入出金手数料


同じような事が、ATMでお金を引き出す時の手数料についても言えます。下記は、池田泉州銀行内に設置されているATMの手数料です。

池田泉州銀行のATM手数料


どこの銀行とも同じように、平日の営業時間内だけ、無料です。支店が近くにあれば良いですが、そうでない人は、いちいち池田泉州銀行まで行って、引き出したりするのは面倒ですよね。

そのめんどくささを補完するのが、僕はコンビニATMだと思うんですけど、池田泉州銀行の仕打ちは、こうです。(下記)


池田泉州銀行のコンビニATM入出金手数料


下記が、池田泉州銀行のコンビニATM入出金手数料です。

池田泉州銀行のコンビニATM手数料


イオン銀行が、平日の昼間に無料になる以外は、残り全てのコンビニATMは、手数料を取られます。イオン銀行ATMなんて、コンビニではミニストップしかありませんからね。

全国を網羅している、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの三大コンビニエンスストアでは、池田泉州銀行は使うに値しないという事です。

せっかく高金利の定期預金に預けても、振込み手数料はバカ高い金額を取られるし、ATMで引き出そうにも、高額の現金を引き出すストレスを感じる上に手数料まで取られる。 こんな残念なことはありません。

振り込みやATMの入出金に、何か付加価値ってありますか? 無いですよね。付加価値の無いところを有料にするなんてのは、ハッキリ言って利用者を小馬鹿にしているとしか思えません。 池田泉州銀行のみならず、銀行業界全体として、反省&改善していただきたいと思いますね。

水なす定期便Ⅱは、けっこう粗品感満載

こちらは、インターネットバンキングでも申し込みができるキャンペーンですが、かなり、しぶ~~いキャンペーンとなっています・笑。

地域の特産品である水ナスが、300万円以上の預け入れで年6袋届くというものなんですけど、ナスのために定期預金を最低300万円上も預け入れる動機って、あるのか・笑??

池田泉州銀行の水茄子定期便

宝塚チケットが当たる「すみれの花定期預金」

こちらはご存じ、宝塚ですね。好きな人にとっては、ついつい預け入れしたくなるのかもしれませんね。年間500組ですから、たぶん数パーセントの当選確率なんじゃないかな?

池田泉州銀行の宝塚歌劇・すみれの花定期預金

花咲か賞で年0.87%もの金利が当たる可能性あり

上記の宝塚つながりのようなキャンペーンですが、期間限定で、「花咲か定期・花咲か賞0.87%の金利が当たるキャンペーン」を実施しています。これについては別途、詳細解説ページを作りましたので、下記、ご覧ください。

池田泉州銀行の「花咲か定期」キャンペーン0.87%

池田泉州銀行の「花咲か定期」キャンペーン0.87%

相続定期預金はまずまずの商品だが、気を付ける点もある

こちらは相続定期預金です。相続後1年以内の資金を預け入れた場合、0.3%以上の上乗せ金利が適用になります。

池田泉州銀行の相続定期預金


単純に定期預金として利用するならばまずまずの商品だと思いますが、問題は6か月の満期が切れるタイミングで、銀行側から、「もっとリターンの高い商品はいかがですか?」と勧められるケースでしょう。

数百万円単位でお金を持っていたとしたら、その一部でも、手数料をたっぷりとれる投資信託に切り替えてもらうだけで、銀行としたらホクホク顔ですからね。この次の項目の退職金定期預金の項も併せて、参考にしてください。

退職金運用の際の、定期預金利用に注意

どの銀行も行っているサービスで、実は問題点がたっぷりあるのですが、池田泉州銀行もしっかりと取り扱っていますね!

この手の商品の問題点は、退職金特別金利特集ページで、しっかりと指摘していますので、どうぞ参考になさってください。くれぐれも、相手にしてはなりません。

池田泉州銀行の退職金専用プラン


こんなにも定期預金に「目くらましのような超高金利」を付けてでも、投資信託を売りたいわけですから、銀行にとってそこまで美味しい商品、イコールあなたにとっては不味い商品であると直感で分からなければいけませんよ!