いまいち使う価値を見いだせない鹿児島銀行の定期預金

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>鹿児島銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

鹿児島銀行の定期預金に使えるものは有るのかどうかをチェック


鹿児島銀行の店頭金利は低すぎるので、使うメリットはなし

2017年時点で鹿児島銀行が提供している定期預金金利は、下記のように非常に低水準となっています。10倍以上の高金利を提供するネット系銀行と比べてみると、絶望的になるほど低い水準である事が良く分かるとかと思います。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%


鹿児島銀行の公式サイト


「かぎんネット支店」で利用できる定期預金キャンペーン

鹿児島銀行のネット支店、「かぎんネット支店」は、日本国内に在住の18歳以上の個人が申込できます。これは嬉しいですね。金利面で魅力が有るときは、検討してみても良いでしょう。


ネット支店のウィンターキャンペーン


現状、鹿児島銀行で金利の高いキャンペーンは、これしかないと言っても過言ではありません。従って、通常は鹿児島銀行は、そんなに使える銀行ではありませんね。いつもこの近辺の金利をお求めならば、SBJ銀行あおぞら銀行オリックス銀行を使うのがベストでしょうね。

かぎんネット支店のウィンターキャンペーン


金利店頭金利+年0.20%
対象:ネット支店に総合口座または定期預金口座を開設した個人
預入金額:1000円以上(1円単位)
預入期間:6ケ月
募集総額:15億円
募集期間:平成30年1月31日まで


店頭表示金利の年0.01%に、+0.20%がされて0.21%の金利になった場合の、あなたが受け取れる利息を見てみましよう。カッコ内は税引き後の数字になります。

預入金額 税引き前
100万 1050円(836円)
300万 3150円(2510円)
500万 5250円(4183円)


「ネット支店」定期預金初回預入金利の上乗せプラン


「ネット支店定期預金初回預入金利の上乗せプラン」は、ネット支店では通常用意されている定期預金ですが、初回のみで、金利2倍と言っても年0.02%では明らかに魅力に欠けます。

「ネット支店」定期預金初回預入金利の上乗せプラン


金利年0.02%(初回金利が店頭金利の2倍)
預入金額:1,000円以上1円単位
預入期間:1ケ月、3ケ月、6ケ月、1年、2年、3年、4年、5年
条件eバンクサービスの事前登録振替口座からの利用


eバンクサービスとは、定期預金、定期積金、振込、振替、残高照明、投資信託、各種料金払込がインターネットで手続きできるサービスです。基本、月額108円の基本料金が必要ですが、ネット支店に普通預金・総合口座がある人はeバンクサービス基本手数料が無料となります。

鹿児島銀行もやっている、誠実とは言えないサービス

このような金融商品を展開し始めた時点で、管理人は長期的に見て、「先が知れてる」と思ってしまいます。本来投資関連の商品では、お客様の資産をしっかり守り、かつ成長させてゆく責務があると思うのです。

しかし、定期預金と投資信託のセット販売そのものは「いかがなものか?」ですし、扱っている投資信託も、銀行側が一方的に儲かると言っても過言ではない酷いものばかりです。一度このようなサービスを手にかけると、始めた側は美味しすぎて手を引けない状況に陥ります。

であるからこそ、サービスを利用する側が、こんなのバカバカしいと気づくべきですし、お金の教養をしっかりと身に付けるべきだと思いますね。

鹿児島銀行の資産づくりプラン

上記を理解すると、この定期預金の問題点も分かってくる

上記、定期預金と投資信託のセット販売について理解すると、下記の商品も極めて怪しい、何か銀行側が期待している見返りがあるのだろうな、という事が分かってくると思います。

分からない人は、上記のリンクのほかに、退職金金利ランキングページの中段以降、こういう商品の魂胆について記述した部分をお読みになって頂ければと思います。

鹿児島銀行の退職金円定期預金プラン


金利年1.5%(3ケ月)
対象:退職金受取から1年以内で鹿児島県内、宮崎県内、熊本県内にお住まいの個人
預入金額:1円以上1円単位
満期後:店頭表示金利で自動継続
募集期間:平成30年2月28日 まで


もしもあなたが、大量の預金を預け入れた後に、鹿児島銀行から勧誘されるであろう金融商品の購入をキッパリと拒否できるのであれば、預け入れる価値は大いにあります。以下のような受取利息を手にする事になります。


●3か月物・金利1.5%で受け取れる利息
預入金額 受け取り利息
300万 11250円(8964円)
500万 18750円(14940円)
1000万 37500円(29881円)


確かに魅力的な金利ですが、取り扱いは店頭窓口に限ります。申し込みの際に、妙な金融商品を同時に購入される事を勧められる可能性も高いので、本当に気を付けて下さい。

また満期後、自動継続後の適用金利は店頭金利となり、初回金利は適用されません。それを忘れて放置すると金利が低すぎて、何のために退職金定期を申し込んだのか、意味が無くなってしまいますので、その点も要注意です。

総合的に考えて、現時点では利用するに足る、鹿児島銀行の定期預金関連サービスは有りません。他行の高金利を利用して資産形成をされたほうが賢明だと思えます。

振込みや入出金の手数料水準を見ると、利用する価値が感じられない

銀行選びをする際には、金利水準以外にも振込手数料も考慮する必要があります。定期預金でコツコツと利息を貯めこんでも、他行銀行などに振り込み作業をした瞬間に、これまでの利益が吹き飛ぶ可能性がありますからね。

結論を述べると、下記のようにインターネットバンキングサービスを利用しても、こんな猛烈な振込み手数料が必要になる状況には愕然とします。世の中には、他行あて振込手数料が何回も無料になる銀行が多数存在する訳ですから、鹿児島銀行を利用するメリットは感じられないですね。

なお、どうしても鹿児島銀行を使って、なおかつ振込手数料が無料にしたい場合は、下記の方法を取ると、一切のリスク無しに、誰でも簡単な方法で対応できます。

⇒裏技:振込手数料を無料化して定期預金金利を100%我が物にする方法

鹿児島銀行の振込手数料


また、ATMで入出金する時の手数料も、ちょっと鹿児島銀行を使いたくないな、という状態です。出金が全時間帯で常に有料というのは、本当に勘弁願いたいものです。管理人などは当然、SBJ銀行を使ってこの手数料は一切支払っていません。


(入金だけ無料になったとしても、ほとんど意味ありませんよね~~)

その他の鹿児島県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

鹿児島県の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

半年 1年 3年 5年
鹿児島銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
キャンペーンバナー
(かぎんネット支店)
0.22% 0.02% 0.02% 0.02%
南日本銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%