ほぼほぼ使う機会がなさそうな、神奈川銀行の定期預金

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>神奈川銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

神奈川銀行の定期預金・・・ほぼほぼ全て、使ってもメリットは無し


神奈川銀行の店頭金利、これは100%使う意味なし

このページでは、神奈川銀行のサービス内容(キャッシングや住宅ローンなど、借金する系のサービスは除く)を定期的にチェックして、利用するに足る銀行なのかどうかを評価しています。金利等の情報は、2016年時点のものです。

神奈川銀行の、店頭提示の定期預金金利です。どの地方銀行であっても、本当に横並びの低い金利となっています。競争意識ってないのかな?と思います・・・。 なお、神奈川銀行のインターネットバンキングを利用しても、この金利は変わりません。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


神奈川銀行の公式HP



かなぎんサンクス定期預金の上乗せ金利には、満足できない

神奈川銀行を利用する人なら誰でも優遇金利の恩恵を受けられるのが、「かなぎんサンクス定期預金」です。300万円以上の定期預金を利用可能であり、金利0.15%が適用されます。

神奈川銀行のサンクス定期預金


しかし2年目以降からは0.01%の絶望的に低い金利になりますし、自動継続での定期預金です。そもそも当サイトで紹介する高金利銀行を最初から利用した方が、永久に魅力的な金利で定期預金を使えるのですから、神奈川銀行を使う意味がありません。

こんな有り難くもないノーサンキュー的な定期預金を使うのではなくて、当サイトで紹介する高金利定期預金をチェックするようにしましょう。

⇒参考:定期預金金利ランキング(預金金額ごとに表示)
⇒参考:日本の全地方銀行も含めた定期預金金利ランキング

高齢者向けの定期預金は、ラインナップが満載だが・・・

お金を持っていない若者を相手にするのではなくて、神奈川銀行は高齢者向けの年金定期預金の品ぞろえに力を入れています。現時点で調べただけでも、下記4種類の定期預金を提供しているようです。公的年金を囲いこんで、この後の商品販売に繋げたい思惑がプンプンと漂ってきますね!

神奈川銀行の高齢者向け定期預金ラインナップ

かなぎん年金定期預金    1年もの店頭表示利率+0.5%(300万円未満)
かなぎん年金予約定期預金  1年もの店頭表示利率+0.1%(200万円まで)
かなぎん年金定期預金プラス 1年もの店頭表示利率+0.15%(900万円まで)
ペア年金定期預金プラス   1年もの店頭表示利率+0.1%(900万円まで)


これらの中で、「かなぎん年金定期預金」の0.5%の金利優遇だけは、超魅力的です。これだけは、利用する価値がありますね。同時に変な投資信託などを売りつけてくる可能性が大ですが、そんな事に惑わされないで、定期預金を利用するだけにとどめておきましょうね。(次項も参照)

資産運用パック「かなぎんバランスプラン」に利用価値は全く無い

銀行お得意の、投資信託や外貨定期預金と定期預金を抱き合わせた金融商品です。結論を書くと、決して手を出してはなりません。6か月物の定期預金が1%の高金利で利用できるとありますが、例えば投資信託を購入した段階で3%近い手数料を銀行に支払うので、買った瞬間に大損です

定期預金が永久に1%の金利ならば検討する意味はあるでしょうが、瞬間風速的に一時的に高いだけの金利では、魅力は全くありません。

例えば高金利な銀行の一つであるSBJ銀行と、受け取れる利息を比べてみましょう。3年預け入れた場合で比較しましょう。また神奈川銀行は、資金の半分しか定期預金にできません。そのあたりを考慮した結果が、こちらになりです。


3年間預け入れた時の受取利息(カッコ内の数字は税引き後の利息です)
預入金額 神奈川銀行の利息: 0.01%
(初回6か月のみ1%)
SBJ銀行で受け取る利息
(金利0.25%)
100万円 2625円
(2092円)
7500円
(5976円)
300万円 7875円
(6275円)
22500円
(17929円)
500万円 13125円
(10459円)
37500円
(29,882円)


定期預金で得られる利息が、500万円の資金量だと、2万円近くの差になってしまいます。その上、投資信託を購入すると1%程度の手数料を毎年銀行に払う必要がありますからね。

このかなぎんバランスプランは神奈川銀行側にとって、金のなる木になるわけですよ。神奈川銀行にたっぷりと利益を差し出したいという奇特な人間だけが、このプランの利用価値があります。

なお、上記の表では韓国系のSBJ銀行の金利を例にしていますが、北朝鮮系の金融機関で良いならば、関東一円で利用可能な信用組合、ハナ信用組合が存在します。何の制約もない普通の定期預金で、2年物0.45%の金利ですからね、調べれば条件の良いところは出てくるものです。

(管理人はSBJ銀行を止めて、ハナ信用組合に資金を移す予定です。なお念のために言っておきますが、管理人は韓国・朝鮮と、何の関わりあいもございませんので・笑)

神奈川銀行が売りつけたい投資信託のラインナップが酷すぎる

高齢者の大切な資金を、上記のような「魅力的」な定期預金で集めて、最終的に投資信託のような、銀行にとって非常に儲かる(=買う方はその分損する)商品を販売する事が彼らの目的です。

で、神奈川銀行の提供する投資信託のラインナップを見たのですが、これが超絶に酷い状況です。まず手数料が無料の投資信託(ノーロード投資信託と言います)が皆無です。ほとんどが2%以上の手数料を支払う事になります。唯一のインデックス型投資信託ですら、超高コストです。

もう販売現場では綺麗ごとを並べて、クソ投資信託(失礼!つい言葉が汚くなった)を販売しまくっているんでしょうね。そんな銀行とのお付き合いは、本当に考えた方が良いと思いますよ。

神奈川銀行の販売している投資信託


なお、上記のような神奈川銀行の投資信託ラインナップ、あるいは定期預金やお金全般、その他の金融商品(外貨預金とか保険のような高コスト問題商品)に関して、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて気軽にご質問ください。

あなたとも金融機関とも、何の利害関係も無い管理人が、単刀直入にその金融商品がマトモなのかどうかを、ぶった切ります・笑。