他の銀行に預け替えたほうが良い、近畿大阪銀行の定期預金

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>近畿大阪銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

近畿大阪銀行よりも有利な定期預金に預け入れるべし


最新の近畿大阪銀行の定期預金金利では、お金は増えない

このページでは、近畿大阪銀行の定期預金金利を都度チェック・評価して、近畿大阪銀行に預け入れるメリットがあるのかどうかを確認しています。同時に、キャンペーン情報もチェック、利用者に本当にお得な内容となっているのか評価しています。

近畿大阪銀行の定期預金


アベノミクスでインフレ傾向となって、各種のモノやサービスの値段が上昇傾向にある中、日銀は基準金利を相変わらず据え置いていますので、それに連動する近畿大阪銀行の定期預金金利も地べたをはうようなレベル、この水準での預け入れは、私たちにとって全くメリットはありません

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


なお、近畿大阪銀行ではネットバンキングを利用しても、適用金利は上記と同じになります。これではネットバンクも使う価値ゼロです。当サイトトップページより、定期預金金利一覧表を見ていただいて、少しでも有利な預金に預け替えるなどの、家計防衛策が必要だと感じます


近畿大阪銀行の公式HP


「新年金定期・特別金利キャンペーン」は使えるか?

どこの銀行でもやっているタイプのキャンペーンですね。100万円まで預け入れで、0.4%の金利上乗せですから、他行と比較して、まずまずの好金利だと思います。

ほぼ同様の商品で、「プレ年金定期」もあり、同じく金利0.4%の上乗せがあります。なんとしても、豊富な資金を持つシニア世代を取り込みたいという、銀行側の欲求を垣間見る思いです。

近畿大阪銀行の新年金定期とプレ年金定期

定期預金がセットにされている「資産運用プラン」には、気を付けろ!

こちら、銀行お得意の詐欺的な抱き合わせ型金融商品です。細かい点は、下記のコラムを熟読して頂きたいのですが、結論を述べると、お得に見える利息以上の手数料を支払う羽目になる上に、資産運用の損失まで発生する可能性が高い、危険な代物です。

⇒参考:定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺

近畿大阪銀行の資産運用プラン

近畿大阪銀行の「退職金きちんと運用プラン」に気をつけろ!

これも酷いと感じます。近畿大阪銀行はりそな銀行グループであり、グループ全体でこんなプランを進めていますね。要は、上記のセット販売プランを、退職者にターゲットを絞っています。退職金をこんな商品にガッポリ取られたら、シャレになりません。

近畿大阪銀行の退職金きちんと運用プラン


しかし、こんなものをお得だと感じるようであれば、あなたは明らかにファイナンシャルリテラシーが低い状態です。言葉は悪いですが、情報弱者である事を、きちんと認識するのが先決です。でないと、銀行にいいようにやられます。

投資信託を購入する際に、庶民にありがちな「2つの大きな間違い」を絶対に避けなければなりません。必ず、下記の2点を頭に焼きつけておきましょう。

●毎月分配型投資信託はデメリットの塊で、銀行が一方的に有利な商品である
●投資信託の購入時に手数料を取る時点で、その販売先は利用する価値なし



体的にはこのページで記述するスペースも時間もないので、下記の姉妹サイトでもご覧になって、理解して頂きたいと思います。とにかく上記の2つに該当する金融機関で、投資信託を買ってはいけません。

⇒姉妹サイト:投資信託の分配金に騙されるな~利回りの嘘を暴く

上記プランの「円定期預金コース」が本当にお得なのか調べてみた

上記の「退職金きちんと運用プラン」をよく見ると、投資信託との抱き合わせ販売をせず、定期預金のみを行う「円定期預金コース」もあります。これならば良いでしょうと思いがちですが、念のためにチェックを入れてみました。

下記を見ると、公的年金の受け取りまで指定すると、3か月定期預金が年率1.75%に優遇されます。ただし最初の3か月間だけの瞬間風速的な金利であり、その後は0.025%と超絶に低い金利で預け入れ続ける事になります。

近畿大阪銀行「退職金きちんと運用プラン」の定期預金コース」


上記の定期預金コースと、現時点で高金利な銀行であるSBJ銀行との、利息差を確認してみましょう。3年間預け入れ続けた場合を想定してみました。結果は、コチラです。


(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 近畿大阪銀行
の通常金利
近畿大阪銀行
の上記プラン
SBJ銀行で金利0.45%で受け取る場合
500万円 4500円
(4140円)
26000円
(23920円)
67500円
(62100円)
1000万円 12000円
(11040円)
54750円
(50370円)
135000円
(124200円)
(※2016年5月時点の金利は0.25%に下がっています。ただしまだ断然有利です。)


銀行マンがお得そうに話すのを鵜呑みにせず、高金利な銀行にキチンと資金を託すと、3年で10万円近い利息の差が生まれる事になります。安全に、最大限の利息をゲットするために、常に高金利な銀行に資金を預け入れる事が重要です。