南日本銀行は、ネーミングは大層だが金利は小さすぎて話にならない

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>南日本銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

あらゆる点から、ふだん使う気になれない状況の南日本銀行


まず店頭金利は低すぎて、全く使う意味は無い

このページでは、南日本銀行定期預金について、あなたが利用するに足る銀行なのかどうか、評価解説しています。南日本銀行の2017年度の金利は、とてつもなく低いですね。これでは家庭のお金は全く増えません。

仮に100万円を預けたとしても、100年後にたったの1万円しか増えない計算です。あまりにバカらしいでしょ?? このような金利で預ける意味合いは、全く無いと言えましょう。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%


南日本銀行の公式HP



キャンペーン中の、「明治維新観光定期預金」の優遇金利がイマイチ

なんぎん夏の維新キャンペーンの一環として、明治維新観光定期預金なるものがあります。これで預金すると、金利が年率0.1%にります。しかしその優遇金利は初回の1年間だけであり、自動継続される2年目以降は、超絶に低い金利で預け入れる事になります。

であれば、最初から当サイトで紹介しているような高金利銀行を利用すべきです。1年後も2年後も、基本的に明治維新観光定期預金よりも、2倍以上の金利で定期預金が可能ですから。

南日本銀行の明治維新観光定期預金


金利年0.15%
預入金額:1口10万円以上1000万円未満(1円単位)
預入限度額:3000万円
預入期間:1年
募集期間:2017年9月29日 まで
抽選プレゼント:山口の旅行券(5組10名)、更に山口観光物産品(150名)


昨年(2016年)に募集していた明治維新観光定期預金は金利・年0.1%でした。今年は0.05%アップし、年0.15%とほんの少し嬉しいです。抽選で、プレゼントも貰えるかもしれない特典付きです。

しかしながら、南日本銀行のキャンペーンは正直イマイチです。 全国対応のネット銀行で0.2%~0.25%(1年もの)の取扱と比較してみましよう 。

例えばここで、常に高金利な定期預金のあおぞら銀行、及び、時期により高金利の静岡銀行インターネット支店と、最終的にあなたが受け取る利息差を計算してみましょう。結果を見ると、かなり驚きますよ。


●1年間で受け取れる利息の総額の違い(カッコ内は税引き後の利息)
銀行名 南日本銀行の場合:0.15% あおぞら銀行や静岡銀行インターネット支店(金利0.25%)
50万円 750円(597円) 1250円(996円)
100万円 1500円(1195円) 2500円(1992円)
300万円 4500円(3586円) 7500円(5976円)
500万円 7500円(5976円) 1万2500円(9960円)


南日本銀行の場合、抽選プレゼント付なので、くじ運が強運の人にはメリットがありますが 一般的には金利の高い定期預金を選ぶと自ずと受取れる利息も多くなり、金利0.5%~0.1%の差の違いが実感できると思います。

全国の銀行ではキャンペーンを実施しないケースや、実施していても金利0.1%を大々的に アピールしている銀行も多数あるので、それと比べるとメリットはありますが、 やはり「イマイチ」の定期預金に終わってしまっていますね。

南日本銀行のインターネットバンキングは使えない

地方銀行の多くはインターネットバンキングを利用できて、手数料も少々ですが安めになっています。そんな中、南日本銀行のインターネットバンキングは、なんと毎月108円の手数料が必要です。

私たちはインターネットバンキングなどは、使用料が無料で使えるものだという認識なので、月に108円も取る時点で、お払い箱と言えましょう。他行を使えばこの余計なコストがゼロになりますから、さっさと乗り換えた方が良いでしょうね。

手数料を毎月取る訳ですから、振込手数料などは安い料金なのかなと思いきや、下記のように他行宛て振り込みは超高額です。しかも定期預金を預け入れても、上乗せ金利すらありません。ネットバンクとしては、日本で一番サービス水準の低い銀行と言えます。

南日本銀行インターネットバンキングの振込手数料

「夢紀行KIDS」(積み立て定期預金)は金利が平凡で残念すぎる

個人の方なら誰でも利用できる夢紀行KIDS。コンセプトは、「子供のために定期積立定期預金をしましょう」という事です。セールストーク的には美しいのですが、店頭金利が適用されるので、ほとんど利息が貯まりません

南日本銀行の夢紀行KIDS


先にお伝えしたSBJ銀行の「ベスト積金」の「こども応援コース」を利用すれば、5年で0.25%の高金利が付きますから、南日本銀行のようなアホらしい積み立てをすると、事実上損をしたような事になります。

以上みてきたとおり、南日本銀行で資産形成など不可能だと思います。マイナス金利時代に銀行の金利が下落傾向の時こそ、金利が高い銀行を利用する人との格差は、ますます広がります。南日本銀行など利用していると完全に負け組になりますから、じゅうぶん気を付けましょう。

なお、南日本銀行の定期預金や、銀行から勧められた商品に自信が持てない場合は、当サイト管理人に質問する事も可能です。お金マニアの管理人が、忌憚なく意見を述べたいと思います。


定期預金金利の現時点でのベスト5を見る
⇒同じ鹿児島県の、鹿児島銀行をチェックする人はこちら