通常の定期預金の金利は低いので、キャンペーンを利用したい名古屋銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>名古屋銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

名古屋銀行のサービスとキャンペーンにツッコミを入れてみよう!


最新の名古屋銀行・定期預金金利

名古屋銀行などという、愛知県ではメジャー感漂うネーミングの銀行です。さぞ立派なサービスを展開しているのかと思いますよね。ここでは名古屋銀行の預貯金関連サービスの良し悪しについて、具体的に評価・解説しています。庶民にとって良い銀行なのかどうかの判定です。

まず初めに、名古屋銀行の2016年以降の定期預金金利が、下記になります。パッと見で分かるかもしれませんが、諦めたくなるようなほどの低金利です。こういった金利では一切お金は増えないと、断言しても良いくらいです

店頭金利ほど役に立たない金利は他にありませんので、一刻も早く他の銀行、あるいは名古屋銀行のキャンペーン金利を選んでいただいて、預け替えしたほうが良いと思います。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%

⇒参考:この地区ならイオ信用組合の5年物0.4%の高金利がお得です



名古屋銀行・インターネットバンキングの定期預金金利は?

残念な事に、名古屋銀行のインターネットバンキングを使ったとしても、金利の上乗せは超少ないです。2014年に比べると、0.03%程度の金利アップとなっていて、その意味では評価したいと思いますが、上乗せになってもしょせん、下記のようなレベルです。

これでは、とてもじゃありませんがお金は増えません。上述した通り、キャンペーンを活用するか、あるいは弊サイトトップページから、はるかに金利の高い銀行を選びましょう。

名古屋銀行のインターネットバンキング

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.055% 0.055% 0.06% 0.06%
300万円以上 0.055% 0.055% 0.06% 0.07%

名古屋銀行・冬のキャンペーン大幅上乗せ金利スタート!

上記まで、名古屋銀行の定期預金金利が以下に低いかを強調するような書き方でしたが、2015年冬のキャンペーン金利は、なかなか魅力的です

店頭提示金利に対して、下の絵に描いてある通り、0.2%~0.25%の上乗せ金利が適用になるのですから、中京地区にお住まいの方は、これを逃す手はありませんね。

名古屋銀行・冬のキャンペーン大幅上乗せ金利スタート!期間終了

名古屋銀行の冬のキャンペーン2015

チビッ子には、「はじめての通帳キャンペーン」

0歳児~小学6年生までを対象にした、はじめての通帳キャンペーンも、ユニークですね。名古屋銀行に口座開設をすると、ご自身で作成できるフォトブックがもらえます。

下の絵で、「子供には、銀行行くのも冒険だ」とか書いてありますけど、大人にとっても冒険です。なぜなら、次の項で書いているように、大人こそ、銀行にとっての美味しい上客なのですから。ファイナンシャルリテラシーの無い大人は、銀行は大歓迎です・苦笑。

名古屋銀行・はじめての通帳キャンペーン

カードローンのページを見て、ビックリ

最近は企業向け融資が上手にできない銀行さんが、利益を手軽に叩き出す手段として力を入れている商品の一つが、カードローンです。

私も武蔵野銀行(埼玉)の口座を保有しておりますが、テレアポセンターのようなところから、カードローンの勧誘の電話がかかってきたのには、正直驚きました。そこまでするんだなと。

名古屋銀行のカードローン・新ミニマム


不意の出費もおまかせください。極度額の範囲であればいつでも入出金自由と、頼れるカードローンです。」などと名古屋銀行のHPに記されておりますが、ふざけんじゃないよと。

上記の図など、酷いですよね。住宅ローンを利用した人には、年利5.5%の「サラ金金利」でお金を貸しますよなんて、よくも金融機関がシャーシャーと言えたものです。

だいたい住宅ローンを使うだけで、一生涯の借金を背負います。世の中には良い借金と悪い借金があって、ひたすらお金が財布から出てゆくだけの住宅ローンは、悪い借金の代表例です。だからこそ、一刻も早く繰り上げ返済して、家計を守る必要があるわけです。

銀行はそんな事を百も承知で、多額の借金を背負った人に、さらに追い打ちをかけるようなキャッシングの貸し付けをしたいわけですね。個人的な感想としては、言語道断だと思います。

もしもこのサービスを利用したら、息子の代まで借金が残りかねません。カードローンはギャンブルと同じように、非常に中毒性が有りますから、本当に気を付けて頂きたいと思います。絶対に、カードローンなど利用してはなりません。

不意の出費の時に家計を守るのは、カードローンではありません。お金の常識がある人ならば、それは貯金だという事がすぐに分かるのではないでしょうか? 間違っても、名古屋銀行の口車に乗らないように!