メリットが有りそうで無いのが西日本シティ銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>西日本シティ銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

西日本シティ銀行の定期預金の利用は、考え直したほうが良いような状況


西日本シティ銀行の店頭の定期預金金利は低すぎるので使うべからず

西日本シティ銀行があまりにもカッコいい名前なので、内容を伴っているのかをチェックしてみることにしました。(預貯金重視派にとって、という意味合いです)

果たしてこの銀行のやりたい方向性はどこら辺にあるのか、ホームページをチェックすると、簡単に見えてきます。西日本シティ銀行の辛口評価をお届けします。

西日本シティ銀行


まず、西日本シティ銀行の店頭金利です。普通にこの銀行を使っていると、下記の金利が適用されます。こんな金利を付けられたら、正直、お金は全く増えません複利型の定期預金も提供しているようですが、イマイチなサービスです。

参考この地域で最も高金利の定期預金は朝銀西信用組合になります

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.03% 0.05%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.03% 0.05%


他の銀行でもこれは同様ですが、こういった金利をそのまま鵜呑みにすることだけは避けましょう。物価上昇時にこの金利では、家計にマイナスです。そんな西日本シティ銀行に関して、定期預金とその関連キャンペーンを以下の通りチェックして、メリットの有る無しをまとめました。

ネットスタイル定期預金も、すっかり金利が下がって魅力が無くなった
ダイレクト定期預金もネットスタイル定期預金と同じ金利
年金ココロ定期預金の優遇金利は0.05%の金利なので特にメリット無し
退職金専用定期預金であれば、利用価値あり
でも、やっぱり売りたいのはこういう商品
その他の福岡県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

西日本シティ銀行の公式HP



ネットスタイル定期預金も、すっかり金利が下がって魅力が無くなった

上記の絶望感漂う定期預金金利に対して、救いがあるとしたらネットスタイル定期預金でしたが、2016年頃には上乗せ金利が+0.25%もあったのに、今やたったの0.03%です。使えなくなりました。全国の高金利銀行も上手に活用して、高金利な定期預金を活用していく事を考えていきましょう。

西日本シティ銀行のネットスタイル定期預金

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.01% 0.04% 0.01% 0.03% 0.05%
300万円以上 0.01% 0.04% 0.01% 0.03% 0.05%


ネットスタイル定期預金の概要


期間:2018年4月1日~9月30日
利用できる人:インターネットバンキング会員で、WEB口座「ネットスタイル」総合口座保有者
期間:1年(1年経過後は店頭金利適)
金利:店頭金利+年0.03%
預入金額:1万円以上1000万円未満


「ネットスタイル」を使うと、取引明細をインターネットバンキングで確認でき、通帳の発行はありませんから、通帳記帳や繰り越しの手続きが不要になります。

入出金等の取引をメールで連絡してくれて、入出金明細の照会も最大13ヶ月可能なサービスです。知らせてくれるメール内容は、下記のような内容になります。
 
 ・振込入金 ・給与振込 ・年金振込 ・ATMでの現金引き出し ・ATMでの振込
 ・暗証番号相違 ・デビットカード取引 ・カード利用時のクレジット代金口座引き落とし請求



ただし、WEB口座「ネットスタイル」を開設するためには、その前に西日本シティ銀行の預金口座が必要になります。実質、西日本シティ銀行の営業区域の人限定、ということになります。



ネットスタイル定期預金の満期後の取り扱いに注意


残念な事に、1年経過すると冒頭の店頭金利が適用になってしまいます。これでは預け入れる意味がありませんので、満期が来たら直ちにお金を引き出して、他行に預け入れましょう。

この時、西日本シティ銀行から他行あてに振り込みを行うと、余計なコストがかかってしまって、せっかくのネットスタイル定期預金の金利が生かせません。ぜひ下記の裏技を見て頂いて、余計な手数料を一切かけずに、銀行からお金を引き上げましょう。


⇒裏技:振込手数料を無料化して定期預金金利を100%我が物にする方法

ダイレクト定期預金もネットスタイル定期預金と同じ金利

さきほどのネットスタイル定期預金の優遇金利と同じものが、ダイレクト定期預金です。これは、NCBダイレクトのインターネットバンキング会員であれば利用できるインターネット定期預金です。

優遇される金利が、ダイレクト定期預金もネットスタイル定期預金も同じです。どちらを使っても良いと思いますが、今後のサービス改善で優遇金利に差が出るのか、今後もチェックします。

西日本シティ銀行のダイレクト定期預金

金利:店頭金利+年0.03%
期間:1年 (1年経過後は店頭金利適)
預入金額:1万円以上1000万円未満
期間:2018年4月1日~9月30日
利用できる人:NCBダイレクトのインターネットバンキング会員の個人


ま、上記のような金利であれば、今のところは利用するようなものではありません。SBJ銀行など、常時金利が高い銀行を使えば良いでしょう。



年金ココロ定期預金の優遇金利は0.05%の金利なので特にメリット無し

西日本シティ銀行では、公的年金を受け取る高齢者であれば、通常よりも優遇された定期預金を利用することができます。この、年金ココロ定期預金は、1年物の定期預金が0.06%(店頭金利+0.05%)となります。

ただし、全国の高金利の銀行の定期預金よりも、金利が遥かに小さいので、もっと利息が欲しい人は、銀行選びから検討し直しましょう

年金ココロ定期預金


金利:店頭金利+年0.05%
預入金額:500万円まで(シルバー定期預金残高と合計)
期間:1年 (1年経過後は店頭金利適)
期間:2018年4月2日~9月28日

なお、年金ココロ定期預金は、西日本シティ銀行で公的年金を受け取る人、これから公的年金の受け取りを開始する人、公的年金を受け取れない65歳以上の在日外国人で西日本シティ銀行と取引きが1ヵ月以上ある人が対象になります。

退職金専用定期預金であれば、利用価値あり

1年以内に退職金を受け取った人であれば、退職金専用定期預金の利用を検討する価値があります。こちらは1年物の定期預金金利が0.25%ですので、とても魅力的です。全国的に見ても、トップ水準の金利となります。

西日本シティ銀行の退職金定期預金

金利年0.25%
期間:1年 (1年経過後は店頭金利適)
預入金額:100万円以上、「退職金受取額」の範囲内
期間:2018年4月2日~9月28日
利用できる人:退職金の受取り後1年以内で、「NCBポイントサービス」会員の個人


ただし、退職金を受け取った際に1回しか利用できない事や、福岡県内の店舗限定となりますので、利用できる人がかなり絞られます。今後も高金利な定期預金を利用するために、いまのうちから銀行のリサーチをしておきましょう。

相続定期預金の優遇金利は0.15%で、まぁ魅力的かな

もしも、相続したお金を元手にして定期預金を始めたい人は、相続定期預金を検討すれば良いでしょう。今ならば、店頭金利+0.15%の1年物の定期預金が使えます。

西日本シティ銀行の相続定期預金


相続のお金は多額でしょうし、身近な店舗で昔から利用する銀行でお願いしたいならば、そのまま西シティ銀行の相続定期預金を利用すれば良いと思います。利用できる人は、相続手続き完了後1年以内に、相続によって受け取った資産を原資として預け入れ出来る個人になります。

金利店頭金利+年0.15%
預入金額:100万円以上1億円以内
期間:2018年4月2日~9月28日
期間:1年 (1年経過後は店頭金利適)


ただ、相続で受け取った多額の資金は、銀行にとっては絶好の「狙い目」になります。

更に資産を増やしましょうとか言ってきて、必要でないボッタクリ生命保険や、コストが異様に高い投資信託などにお金をつぎ込まされる羽目になります。次の項でも記すような点を十分に理解した上で、利用するようにしたいところです。

でも、やっぱり売りたいのはこういう商品

西日本シティ銀行のホームページを見ると、何に力を入れているか一発で分かります。基本、投資信託、外貨預金などを利用させたがっていますね。

預貯金も、一見お得に見えるような退職金定期預金や、1つ上の項で書いた相続定期預金のように、高金利を提示する裏の目的をきちんと知らないといけません。

管理人が憤慨する、定期預金と投資信託の抱き合わせセット販売もしっかりとやっています。どうしてこの商品が問題なのか、リンク先をご覧頂ければと思います。

西日本シティ銀行の投資信託プラス円定期パック


一度に多額のお金を入金してもらって定期預金を利用させ、その満期が到来した時点で営業攻勢をかけて、銀行にとって多額の手数料収入が見込める、高コスト投資信託や外貨預金などに誘導したいという事ですからね。本当に気をつけましょう。

その他の福岡県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

福岡県におけるその他の銀行の定期預金は、以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

これとは別にネット専業銀行はこちらをご覧ください。

半年 1年 3年 5年
北九州銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
福岡銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
(福岡銀行インターネット) 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
筑邦銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
西日本シティ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
(西日本シティインターネット) - 0.04% - -
福岡中央銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
キャンペーンバナー
福岡県中央信用組合
0.01% 0.21% 0.01% 0.03%
とびうめ信用組合 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%