SBI債とマネックス債で、元本を確保しつつより高金利を狙う

定期預金の鬼トップ>太鼓判を押す金融商品>SBI債とマネックス債


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

高金利!SBI債とマネックス債で、安全・確実に増やす!


いつも完売してしまう、大人気の個人向け社債

2016年5月25日、お待たせしました!SBI債発売開始です!


定期預金の金利が、一部を除いて極めて低くなっています。さらに、個人向け国債の金利も超々低空飛行で、金利0.05%なんて、実質的にお金は増えないと言って過言ではありません。

ゼロ金利を通り越してまさかのマイナス金利の時代になってしまった今こそ、有利な個人向け社債を適度に利用することで、効率的にお金を増やしていきたいところです


SBI債とマネックス債


ここでは、そんな意識の高い人向けに、世間で超絶に人気が高くて、発売されるとすぐに売り切れてしまう、定期預金よりもよっぽど有利なお金の預け入れ先をご紹介します。

なお、銀行や証券会社ではまず間違いなく教えてくれません。なぜならそんな社債を紹介したところで、彼らには何の手数料も転がり込んでこないのですから)



一番人気のSBI債を徹底解剖!(2016年5月25日、第34回SBI債販売開始!)

2016年5月25日、第34回SBI債が先着順で販売開始!


SBI証券が一定期間ごと(不定期)に発売している個人向け社債「SBI債」が、今一番の人気です。2016年5月25日、待ちに待った34回SBI債が発売です。各種条件は、以下の通りとなります。

第34回SBI債


当サイトの定期預金金利一覧表を見て頂くと分かる通り、満期まで保有で元本が返ってくる金融商品で、0.7%はありません。超絶に魅力的です。

なお、発売はSBI証券のみになります。SBI証券の口座が必須になりますので、あらかじめ口座の開設は抜かりなくしておきましょう。



初心者のためのSBI債の基礎知識


満期2年で、金利0.7%って、メチャメチャ魅力的ですよね! ただし、SBI債は、厳密には元本保証ではありません。もしもこの債券の発行体であるSBIホールディングス(東証一部上場)が破たんしたら、紙くずになります。

しかしながら、こんな優良な大企業が倒産する事態となると、日本自体がボロボロに壊れて沈没するときでしょうから、個人的には全く心配もしていないし、不安もありません。

格付けは「投資適格」になっていますから、そういう意味でも特に問題ではありません。過去、一部上場企業の債券の発行で投資家が損失を被った事例は、ほとんどありません。それではこのSBI債の特徴を、箇条書きで分かりやすく記しましょう。


元本について:満期まで保有すれば元本割れせずに満額帰ってきます。
中途解約:可能ですが、その場合はほぼ確実に元本割れします。
金利年率0.7%の金利収入が得られます。(年2回利払い)
SBI債の金利収入

最低購入単価10万円から。上限はありません。
為替リスク:日本円の債券なので全くありません。
販売期間:2016/5/25(火) 16時から販売開始~2016/6/3(金)14時まで


ちなみに管理人、現在は不動産投資家なので、家賃収入が入ってくるために個人向け社債を買う事はありませんが、以前は次に紹介するマネックス債と共に、頻繁に購入していました(^^♪

そしてこのSBI債、とにかく人気がありすぎて、前回までは抽選制だったほどです。ここ数年は常に抽選制で、なかなか当選せずに悔しい思いをした投資家も多かった。

が、今回は久しぶりに先着順の申し込みです。申し込みにはあらかじめSBI証券の口座が必須になりますので、必ず事前に口座を開いておいてください

同じく、マネックス債も大人気!

こちらも、常に完売が続いています


SBI債と同じく常に金利が高いので、こちらも発売すると必ず完売する状態が続いているのが、個人向けマネックス債です。1年満期で0.6%の金利が付きますから、当然、大人気なわけです

個人向けマネックス債
(最新のマネックス債は、既に販売が終了しました)



マネックス債はなんと、1万円から買える!


マネックス債とSBI債はほとんど似たような商品なので、ここでは詳細を書きませんが、1つマネックス債ならではの特徴を上げるとしたら、最低金額が1万円から購入可能という事

定期預金では、こんなにも金利の高いものをたったの1万円から運用を行うなんて、全く考えられません。そういう意味で、大変に美味しい商品であり、人気なのがよく分かります。

ただし、SBI債同様、あらかじめ販売が予告されるわけでもなく、数日前になっていきなり売り出します。したがって、事前にマネックス証券の口座を開いておく事が必須になっています。

いくら美味しい商品があったとしても、準備不足で買えなかったら、これほど悔しい事はありませんからね。しかも逃したら、次回いつ売り出されるのか分からないのですから。

・・・という事で、超絶人気のSBI債とマネックス債のご紹介でした。これらの個人向け社債について、何か不明な点があれば管理人までお問い合わせください(^^)/