四国銀行の定期預金関連商品を徹底チェック

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>四国銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

四国銀行の預貯金関連サービスが、使えるものなのかどうかをチェック


四国銀行の定期預金の現状

四国銀行。・・・凄い名前ですよね。まるで四国を代表しているような名称です(笑)。でも、高知県の銀行です。高知県人はプライドが高くて、高知=四国代表って感じなのかもしれませんね。

四国銀行が提供する定期預金金利の水準は、下記のようにほぼ全く魅力がありません。超低金利過ぎて、コツコツと利息を貯めこんでも雀の涙のような金額にしかならないという事です。

積立型の定期預金としては「積立定期預金あゆみ」を提供している点は評価したいのですが、金利が低すぎるのが、やはり残念です。

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.02% 0.02% 0.025% 0.025% 0.025%
300万円以上 0.02% 0.02% 0.025% 0.025% 0.025%


これならば、他の銀行に預けたほうが断然メリットが高いです。当サイトトップページ、定期預金金利の一覧表より、金利の高い銀行をお選びください。振り込み手数料が無料になる銀行を選ぶ視点も重要です。


四国銀行の公式HP



四国銀行インターネットバンキング「龍馬支店」について

店頭提示金利は上記のごとく酷いものですが、ではインターネットバンキングの龍馬支店ではどうなのでしょうか? 調べてみましたので、ご覧頂ければと思います。

四国銀行龍馬支店(インターネットバンキング)の評価

四国銀行のインターネット支店、「龍馬支店」

龍馬支店以外のインターネット定期預金やATM定期預金ではお金は増えない

インターネットバンキングや、ATM経由で定期預金を行うと、1年ものの定期預金に+0.05%の優遇された金利が適用されます。ですが、この程度の優遇では、まったく魅力はありません

四国銀行の上乗せ金利定期預金


日本全国の銀行をしっかりと探せば、この数倍の金利を提供している定期預金はたくさんあります。わざわざ利用するようなサービスとは、思えないですね。

振込み手数料が高いと、預金が増えることはない

金利が低い銀行の多くは、なぜか振込み手数料は非常に高いという不思議な法則が存在します。四国銀行も、そのような残念な銀行の一つです。インターネットバンキングで他行宛に振り込んでも、300円近く手数料が取られますからね。

四国銀行の振込手数料


提供している金利の水準が低い上に、高額の振込み手数料を無神経に払い続けていると、預金はあっという間に減少してしまいます。振込み手数料が無料 & 高金利の銀行を選ぶことは、安全に資産を増やす上で必須事項ですね。探せば他行あて振込手数料が無料になる銀行は存在する訳ですから、しっかりと情報収集は行いましょうね。

幸せになれない「ハッピーセレクト」にご用心

多くの銀行で提供されている金融商品の中でも、「定期預金と投資信託」をセットにしたキャンペーンには注意が必要です。結論から言うと、利息以上の手数料を支払う羽目になった挙句、資産運用の損失まで発生する可能性がある危険な代物だからです。

⇒参考:定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺

四国銀行のハッピーセレクト


証券会社の関係者や、世の中に溢れている怪しい人と違って、銀行マンだから安心できるというのは、非常に危険ですね。

投資信託を販売して積極的に手数料収入を伸ばそうと、銀行業界も必死な訳でありまして、何も考えずに相手をしているとカモにされて、お金をがっぽりと徴収される事になります。本当に安全に資金を増やしたいのであれば、理解できない事には手を出さず、定期預金で運用するべきですね。

ただし、四国銀行の年金定期預金はメリットあり、検討すべし!!

四国銀行で年金を受け取っている人は、300万円までの限定ですが、年金定期預金を利用することできます。0.25%の優遇金利は、かなり魅力的です

1年ものの定期預金に限定されますが、日本全国の銀行をさがしても、1年でここまで高い金利はほとんど見当たりません。利用できる人は、活用するべきですね!

四国銀行の年金定期預金


なお、1年後に満期が到来したら、定期預金金利を100%活かす裏技を使って、一切の手数料を無料にして、資金を引き出しましょう。そして定期預金金利一覧表や、地方銀行を含めた高金利定期預金一覧表を参考にしていただいて、新たに預け替えをしてお金を増やしましょう。

退職金お預かり専用定期預金「ハッピープラススペシャル」よりも有利な定期預金

こちら、ハッピープラススペシャルの下記優遇金利は、正直、今一つです。退職金の預け入れと年金の受け取り指定で、年1%の上乗せ金利が適用されると明記されていますけど、よく読んでみると厳密には違います。

これは6か月間の定期預金ですから、当初の6か月間だけに優遇金利が適用されて、7カ月目以降は、クソみたいな金利が適用されます。

退職金お預かり専用定期預金「ハッピープラススペシャル」


だったら普段から高金利な定期預金を提供しているSBJ銀行を取り上げて、受け取れる利息を比較してみましょう。宣伝チラシを見ると瞬間風速的な高金利に惑わされますが、長期的に見るとお得なわけではないという訳です

6か月間だけ利用して、すぐに資金を移動するのであれば、まあ良いのでしょうけど。普通の人は預け入れ続けると思うので、やっぱり利息で損しそうです。


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 四国銀行の場合:金利0.025%
(初回6か月は1.02%)
SBJ銀行の場合
(金利0.25%)
100万円 5725円(4562円) 7500円(5976円)
300万円 17175円(13686円) 22500円(17929円)
500万円 28625円(22810円) 37500円(29882円)


だいたい何で、このような魅力的に見えるような金利で、あなた方のお金を預け入れさせようとするのか。別に銀行は、あなたのお金を預けてもらわないと困るという訳ではありません。マイナス金利時代ですから、むしろたくさん預金されると迷惑なのです。

でもそこまでして預金してほしい。理由は、満期を迎えた後のあなたのお金を使って、あなた自身に投資信託や外貨預金や変額保険などの高コストボッタクリ商品を買わせて、そこで大いに儲けてやろうという魂胆なのです

四国銀行をはじめとして、今や日本の金融機関は、しょーもない事をやっています。もしも銀行に勧められた金融商品に疑問があったら、当サイトの質問コーナーをお使いください。管理人が、ボッタクリ商品をぶった切ります。