当サイト管理人のメインバンク、日本で一番使える銀行

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>住信SBIネット銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

住信SBIネット銀行の評価と特徴・冬の特別金利キャンペーンがスタートしています


住信SBIネット銀行のひとこと評価と現在の金利

当サイト管理人のメインバンクであり、銀行のサービス・使い勝手ナンバーワン(であった)との呼び声も高いのがここ、住信SBIネット銀行です。 (法人口座についてはコチラをご覧ください)

住信SBIネット銀行
(2017年現在は、手数料の事を考えるとSBJ銀行のほうが断然よくなりました・・・)


私たち市民にとって、金利が高くコストが安い銀行は、大歓迎です。都市部の人も地方の人も、この銀行があるおかげで、非常にお金の管理が楽になりました。

住信SBIネット銀行の口座開設はコチラから可能です(以下も見てね)


現在、当サイトでは金融機関と提携して、金利10%に相当するようなキャンペーンを用意しました。詳細は下記になります!下記経由で口座開設したほうが、現金2000円がもらえる分、お得になっています。当サイト限定です

現金プレゼント・実質的にタダでお金がもらえるコーナー



住信SBIネット銀行のメリットはこれ!

冬の特別金利キャンペーンが開始され、0.2%の金利に上昇


当サイトトップページを見て頂くと分かる通り、定期預金金利のランキングは、比較的頻繁に変わります。少し前まで住信SBIネット銀行の金利は低い状況でしたが、12月4日から、2018年3月4日までの期間限定の特別金利キャンペーンがスタートしました

住信SBIネット銀行の特別金利キャンペーン


金利0.2%は、かなり高い金利の1つであるといえます。この金利レベルでお金を預けた場合、具体的にどの程度の利息が貰えるのか、以下の通り記します。住信SBIネット銀行を使うとしたら、今このタイミングになりますね。

ただし、1年物の定期預金では今現在はあおぞら銀行のほうが高いですから、そちらも併せて利息金額を掲載します。お好みの銀行を利用するスタンスで宜しいでしょう。

預入金額 あおぞら銀行(金利0.25%) 住信SBIネット銀行(金利0.2%)
50万円 1250円(996円) 1000円(796円)
100万円 2500円(1992円) 2000円(1593円)
300万円 7500円(5976円) 6000円(4781円)
500万円 1万2500円(9960円) 1万0000円(7968円)
800万円 2万0000円(1万5936円) 1万6000円(1万2749円)


⇒参考:普通預金として利用可能な、SBIハイブリッド預金の金利はコチラ



振込手数料などに関しては、現状はSBJ銀行に軍配が


かつては振込手数料が無料の銀行として、圧倒的に有利な存在でした。2017年現在においては、日常利用のコストに関してはSBJ銀行がはるかに有利になっています。ただし、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使う場合は住信SBIネット銀行になります。

住信SBIネット銀行の振込手数料とATM手数料を確認する



投資の代替えとして利用価値大の、「仕組み預金」


投資よりもあくまで堅実に、貯蓄でお金を増やしたい人に最適なのが、仕組み預金でしょう。全ての人が投資で資産を増やせれば言う事無しですが、そんな甘い世界ではないのが現実です。

そうだとすると、金利の高い仕組み預金は、もっと注目されてよい!と考えます。詳細は、下記ページをご覧ください。

住信SBIネット銀行の仕組み預金

無職の人の口座開設の審査などは、どうなっているのか?

基本的に、下記の事項に該当しない限り、審査されて口座開設が拒否されることはありません。どなたでも気軽に利用する事が可能です

・18歳未満の人
・日本に住んでいない人
・いわゆる反社会的勢力と一切関わりが無いと申告できない人



それ以外の方が審査で落とされることは有りません。ただし、審査という訳ではありませんが、本人確認はあります。

口座開設後に、キャッシュカードが郵送された時に、本人限定受け取り確認郵便が届きますが、それをきちんと受け取らないと、サービスを継続して利用できません。そういう意味では、それも審査の一環かも知れませんね。


無職の人の口座開設は可能か?


無職であってもお金の出し入れは当然、ありますよね。ですので、上記の審査事項に該当しなければ、無職の人でも口座開設は可能です。無職の人の代表例は、年金暮らしのリタイア世代だったりします。

こういう方々が住信SBIネット銀行を使って、子供たちからちょっとした仕送りを受けたりする使い方なども想定されます。(住信SBIどうしだと当然、振込手数料は無料になります) 無職の方であっても、堂々と口座を開けるので、安心してくださいね。

住信SBIネット銀行は、口座維持手数料がかかるのか?

公式サイトにも記載されている通り、無料です。個人利用も法人利用も無料です。ネットバンキングは手数料有料だと思っている方もおられると思います。が、基本的にどの金融機関も手数料無料で口座を維持できますので、この点、どうぞ安心して下さい。

住信SBIネット銀行の口座維持手数料

いちおう、住信SBIネット銀行だけで全ての金融商品を購入できるが・・・

住信SBIネット銀行では、幅広い金融商品を取り扱っており、下記のように、この銀行口座だけであらゆる全ての取引が可能なレベルにあります。しかもそれぞれにおいて、金銭損得ではトップクラスの水準に達していますから、メリットは大きいです。

住信SBIネット銀行の商品ラインナップ


ただし、住宅ローンなどは、わずかな金利の差で数十万円単位でトータルの支払いが変わってきます。この分野においては、住信SBIネット銀行よりもソニー銀行のほうが継続してメリットが大きい状態が続いていますので、ソニーを選ぶ方が良いでしょう。

そのほかの教育ローンだったり自動車ローンなども、その都度、業界内で競争が行われるでしょうから、一番有利な金利を提示するところを利用するのが良いと思います。

SBI証券で株や投資信託の取引をする人は、住信SBIネット銀行の一択です

今のように低金利すぎる時代には、貯蓄だけで資産を増やすことは、裏技を駆使する一部の定期預金マニア以外は非常に難しい(というか無理)と言えるでしょう。

この場合、元本割れのリスクのある「投資」で資産を増やす以外ない訳ですが、この時に利用すべき金融機関が、SBI証券です。管理人も、管理人の妻も、SBI証券のヘビーユーザーです。株も投資信託も両方やっています。

このページでは省略しますが、ハッキリ言って、手数料の低コスト化を中心として、SBI証券ほどのメリットが大きい証券会社はありません

そのSBI証券を利用するとしたら、銀行口座と証券口座を連動させるSBIハイブリッド預金を活かすことのできる、住信SBIネット銀行の口座は必須です。それ以外の銀行口座は選択肢に無い、という事ですから、四の五の言わずに住信SBIネット銀行口座を保有してください。


【当サイト限定】下記から住信SBIネット銀行の口座を申し込むと現金プレゼント

SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設で、現金2000円プレゼント

(上記の具体的解説はコチラ)
現金プレゼント・実質的にタダでお金がもらえるコーナー

その他のネット銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

その他のネット銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

また、ネット銀行に準ずる銀行として、SBJ銀行の定期預金はネット銀行よりも常に金利が高いので、要チェックです。

半年 1年 3年 5年
キャンペーンバナー
住信SBIネット銀行
0.2% 0.2% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
ソニー銀行
0.15% 0.15% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
楽天銀行
0.02% 0.12% 0.1% 0.1%
3年物以上は、楽天マネーブリッジの金利。
キャンペーンバナー
イオン銀行
0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
年会費無料のクレジットカード、イオンカードセレクト会員限定の普通預金金利です(定期預金よりも高い金利)。
イオンカード入会などで5000円分のプレゼント実施中
セブン銀行 0.015% 0.02% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
じぶん銀行
0.03% 0.2% 0.03% 0.2%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
大和ネクスト銀行 0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
キャンペーンバナー
オリックス銀行
0.08% 0.18% 0.3% 0.3%
100万円からの預け入れになります。