住信SBIネット銀行の法人口座のメリット

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>住信SBIネット銀行>法人口座


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

住信SBIネット銀行の法人口座・・・振込手数料に特段の利用価値あり

僕も口座を利用しており、銀行のサービスや使い勝手ではナンバーワンとの呼び声も高い住信SBIネット銀行の法人口座について、評価します。法人口座の取り扱いも、極めてメリット大です。



住信SBIネット銀行の法人口座開設はコチラから可能です

振込手数料が無料になるケースが有るのは、法人口座としては際立った特徴

管理コストが極めて低廉


住信SBIネット銀行と言えば、低コストで非常に評価が高いですが、法人口座においても同様です。 とりわけ口座維持手数料が無料なのが凄いです。また、振り込み手数料は、法人口座とは思えない低価格です




当サイト管理人は、地方銀行である武蔵野銀行にも法人口座を所有していますが、他行あての振込手数料は3万円未満で432円、3万以上で648円も取られます。いずれも半額以下のコストダウンを図れるわけで、ネット銀行の決済を利用すると、もう地方銀行など使う気になれません。

同行どうしの手数料は、地方銀行や都市銀行などでは無料なので、そちらの方が安いのですが、でもビジネスで振り込みをする場合は、実は同行どうしの振込は、そんなに多くありません。

ビジネスの場合は非常に多くの金融機関との間で振り込みのやり取りをする事になりますから、実は他行あてのコストが安い方が、メリットがあるのです。

ATMでの入出金手数料については、ほぼ互角化、若干、ネット銀行以外のほうがお得になります。ただ、これについても私は、法人口座のキャッシュカードからATMで頻繁にお金の出し入れをする事は無いので、全く気にならないですね。

八百屋などの現金商売の場合は、仕事の合間にお金を携えてATMに入金しに行くと思います。そのようなケースでは、入金手数料が無料になる、都市銀行や地方銀行のほうが望ましいでしょう。


振込手数料を優遇プログラムは、凄いです


再度、振込手数料の話に戻ります。住信SBIネット銀行の振込手数料で更に凄いと思うのが、振込手数料優遇プログラムです。通常、法人口座の振込手数料を無料にすることは皆無だと思うので、とにかく素晴らしいと思います




他行から住信SBIネット銀行に振り込みが10件以上という条件もハードルが低いですし、別途、VISAデビットカードを作って、その利用がわずか10万円以上というのも、法人としては破格のハードルの低さです。

いずれかを満たせば、月に10回までの振込手数料が無料になります。住信SBIネット銀行の法人口座では、振込手数料をかなりのケースで無料化出来てしまい、余計なコストを支払わなくて済みますから、企業経営にとってメリットがありますね。

そのほかの金融商品も、取り扱い可能

個人に融資するタイプの住宅ローン以外であれば、基本的にすべてのサービスを受ける事が出来ます。下記のサービスは、法人、個人間で手数料の差異はありませんから、メガバンクなどに比べてとんでもなく安いコストで取引が可能となります




これらのサービスまで考慮に入れると非常にメリットが大きいのが、住信SBIネット銀行なのです。


住信SBIネット銀行の法人口座開設はコチラから可能です