定期預金金利TOP ⇒ 高金利で高利便性・ネット銀行一覧表 ⇒ 住信SBIネット銀行 ⇒ 住信SBIネット銀行の法人口座




住信SBIネット銀行の法人口座

住信SBIネット銀行/法人口座の評価

僕のメインバンクであり、銀行のサービス・使い勝手ナンバーワンとの呼び声も高い住信SBIネット銀行の法人口座です。法人口座の取り扱いも、極めてメリット大です




      

住信SBIネット銀行_法人口座開設はコチラ

個人の方はコチラとなります。



住信SBIネット銀行・法人口座のメリットはこれ!

管理コストが極めて低廉

住信SBIネット銀行と言えば、低コストで非常に評価が高いですが、法人口座においても同様です。法人口座の各種手数料は次の通りになります。


住信SBIネット銀行・法人口座の各種手数料


とりわけ口座維持手数料が無料なのが凄いです。当面、2011年の3月末までの期間限定ではありますが、ゼロ円です。(終了後は3150円の予定ですが、期間延長される可能性もあります)

振り込みや入出金も、法人口座とは思えない低価格です



メガバンクとの手数料比較

上記の各種コストですが、多くの方が使っている三菱東京UFJ銀行の法人口座手数料と比較してみましょう。どれだけメリットがあるのか、良く分かると思います。


1、振込手数料


  同行店あて 他行あて
 3万円以上  3万円未満
住信SBIネット銀行 50円 250円 160円
三菱東京UFJ銀行(ネット取引) 無料 315円 210円


同行どうしの手数料は三菱東京UFJ銀行の方が安いですね・苦笑。でも、ビジネスで振り込みをする場合は、実は同行どうしの振込は、そんなに多くありません

地方銀行など、非常に多くの金融機関との間で振り込みのやり取りをする事になりますから、実は他行あてのコストが安い方が、メリットがあるのです。


2、ATM利用手数料


  預け入れ 引き出し 残高照会
住信SBIネット銀行 105円 105円 無料
三菱東京UFJ銀行
(ネット取引)
平日8:45〜18:00は無料
・それ以外は105円 
無料


う〜ん、こちらは三菱東京UFJ銀行の方がメリットありましたね・汗。

ただまあ現実的には、現金を頻繁に出し入れする事は、商売によってはあまりないとは思います、という事で。


3、口座維持手数料


  口座維持手数料
住信SBIネット銀行 無料
三菱東京UFJ銀行(ネット取引) 2100円


こちらは住信SBIネット銀行の方が良いですね。3月以降も、維持手数料が無料のまま継続される事を強く望みます。



そのほかの金融商品も、取り扱い可能

個人に融資するタイプの住宅ローン以外であれば、基本的にすべてのサービスを受ける事が出来ます。下記のサービスは、法人、個人間で手数料の差異はありませんから、メガバンクなどに比べてとんでもなく安いコストで取引が可能となります


法人口座で利用可能なサービス


これらのサービスまで考慮に入れると、非常にメリットが大きいのが、住信SBIネット銀行なのです。


住信SBIネット銀行_法人口座開設はコチラ

個人の方はコチラとなります。




関連コンテンツ

住信SBIネット銀行のキャンペーン

住信SBIネット銀行の口座開設の流れ

住信SBIネット銀行をおすすめするべきか悩む

住信SBIネット銀行/審査と無職の人の対応

住信SBIネット銀行の金利

住信SBIネット銀行の仕組み預金

住信SBIネット銀行の仕組み預金・預け入れ体験談

住信SBIネット銀行・ネットローンの金利

住信SBIネット銀行の口座維持手数料

住信SBIネット銀行の法人口座

日本一長い名前の銀行はどこ??



★金利10%に相当するキャンペーン
(弊サイトで実施中です)


お金が貯まる銀行口座


このページの先頭へ