定期預金金利が低くて使いにくい銀行、但馬銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>但馬銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

但馬銀行の定期預金金利などを評価・確認


最新の但馬銀行・定期預金金利はこんなレベル

まずは、但馬銀行が提供している定期預金金利をご覧ください。当銀行の金利水準は、相当に低いです。以前にチェックした時よりも、さらに一段、下がりました。例えば100万円預けた場合の金利は、たったの250円。幼稚園生のお小遣いにもなりません。

しかも他行宛てに1度でも振り込んでしまうと、手数料として540円も但馬銀行に献上せねばならないので、利用しているうちに家計が赤字になるという、本末転倒な銀行になっています。

但馬銀行


もちろん但馬銀行は様々なキャンペーンで優遇金利を提供しています。しかし、高額な振り込み手数料が大きなデメリットになっています。振込手数料をゼロにして資金回収する裏技にも対応していない銀行ですから、最初から高金利を提供する銀行の利用を、強くお勧めします。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


なお、但馬銀行はインターネット支店を利用すると1~3年物の定期預金に、+0.01%の優遇金利が適用されます。ただし利用しても、下記のような憤慨するようなに低い金利が適用になりますし、初回の1回限りと、かなり使えない状況です。

ネットバンキングでは金利が高いのが常識ですから、今のままでは但馬銀行は、全く利用価値はありません。オマケにATMの入出金手数料、振込手数料などがそ来のまま高額に放置されています。そういう点も、早急に改善してほしいですね。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.02% 0.02% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.02% 0.02% 0.01%

但馬銀行の公式HP



但馬銀行が開催中の定期預金キャンペーンを斬る


1回ぽっきりの限定だが、たんぎんサマーキャンペーンを上手に活用したい

資金を移動させることを考えると悩ましい銀行ではありますが、定期的に開催する金利優遇キャンペーンは、なかなか魅力的です。1口1万円からの少額の金額から預け入れ可能で、0.2%の高金利となります。

但馬銀行を使わざるを得ない理由がある人であれば、使った方が良いでしょう。ただし繰り返しになりますが、冒頭で言及しているように、手数料を無料にする裏技が効かないので、地元の人以外は、利用価値はありません。

また、半年で0.2%を大きく上回る定期預金は、他にもあります。2017年の夏であれば、静岡銀行インターネット支店(0.5%)、新生銀行(0.5%)、じぶん銀行(3か月で0.3%)などが有ります。比較にならないほどそれらのほうがメリットが有ります。




さて今回の定期預金でキャンペーンを利用するなら良いですが、投資信託や外貨定期預金は間違っても使わないよう気を付けてください。投資信託に関しては後述しますが、高額な手数料を支払う事になって、メリットが皆無になります。

一般銀行の取り扱う投資信託なんて、私たち預金者から高額の購入手数料をむしり取るような酷いものばかりです。おまけに、銀行員の投資に対する知識も低レベルです。本来有るのが当たり前であるお金の教養が、実は銀行員にもなかったりしますから、驚きます。




外貨定期預金に関しても似たようなもので、見た目の金利が高くても、解約するタイミングでは為替損失を被って、結局はほとんどの利息を吹き飛ばす事になるケースが多いですからね。

大口で利用する人は、「特別金利定期預金」がよろしいかと

日本の銀行のサマーキャンペーンとしては、比較的高金利ですかね。年0.22%~0.26%になるのならば、預け入れてもよい金利になりますね。

預入限度額は3,000万円までとなりますが、1,000万円以上は元本保証ではなくなるの金額ですので、注意が必要です。但馬銀行が潰れるような事態はそうそうあり得ないとは思いますが、1,000万円以上の預け入れは自己責任で慎重に検討下さいね。

金利:以下を参照の事。
預入金額 半年 1年 3年
100万円以上300万円未満 - 0.22% -
300万円以上1000万円未満 - 0.24% -
1000万円以上3000万円未満 - 0.26% -

期間:平成29年6月1日~平成29年9月29日
条件:新規資金
預入期間:1年
預入限度額:3000万円迄まで
募集総額:200億円





それにしても1000万円以上も預け入れてようやく0.26%ですから、やはり他の銀行を利用しているほうが良いですね。SBJ銀行あおぞら銀行オリックス銀行の利用で良いのではないでしょうか。


中途半端な優遇金利を狙うなら、最初から高金利銀行を使いこなせ!

但馬銀行は、夏・冬のキャンペーン以外にも、下記のようにATM経由で定期預金を行うと、優遇金利が付与されるようです。しかし結局は当初預け入れ期間のみの優遇で、気が付けば超低金利の水準に戻り、全くお得でない状態になります。

但馬銀行のATM定期預金



例えば当サイトでもご紹介している高金利な銀行、例えばSBJ銀行を活用すると、下記のように驚くような利息の差が生まれます。但馬銀行のような中途半端なサービスなど使わずに、最初から高金利の銀行を使えば良いだけのことですね


(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 但馬銀行の通常金利
3年の受け取り利息

(金利0.01%)
但馬銀行の上乗せ金利
3年の受け取り利息

(金利0.02%)
SBJ銀行での
3年の受け取り利息

(金利0.25%)
100万円 300円(276円) 600円(478円) 7500円(5976円)
300万円 900円(828円) 1800円(1434円) 22500円(17929円)
500万円 1500円(1380円) 3000円(2391円) 37500円(29882円)

年金定期は、特に利用するようなものではなし

店頭金利プラス年0.125%は、「悪くもないが良くもない」と言った定期預金です。 他の銀行の場合、年金定期にプラス特典として、誕生日に粗品プレゼント等のメリットをつけているところも多いですが、但馬銀行は特にそのような特典は無いようです。

但馬銀行の年金定期

金利:店頭金利+年0.125%
期間:1年
預入金額:100万円以上700万円以下(1円単位)
対象:公的年金の振込指定の人、新規に公的年金の受取を開始する人など
利息の支払方法:満期日以降に一括

資産運用プランには要注意!

これこそが、お金の教養の有無で、あなたのお金が本当に増えるのか減るのか、試されているところです。本当にこの金融商品が、あなたにとってメリットがあるのかどうかです。

こんなものが資産運用になるのかどうか、大いに疑問です。これについては定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺のページでデメリットを解説していますので、あわせて参考にしてください。

但馬銀行の資産運用プラン

ローン商品には、決して手をだしてはいけない

コツコツとお金を貯めるよりも、銀行が提供しているローンを活用すると、確かにお手軽に大金が手に入ります。適用金利は審査で決まりますが、主婦やパートのような人がローンに手を出すと、最大金利の14.5%が適用される可能性が非常に高いです。

但馬銀行のフリーローン


仮に100万円のローンを14.5%の金利で1年借りると、支払う利息は14.5万円です! 

さきほど、高金利の銀行の1年もの定期に100万円を預け入れた場合の受取り利息がたった5500円だった事を考えると、ローンのぼったくり具合がよく分かります。ローンに手を出すような事をせずに、家計のスリム化を検討した方が、よっぽど健全です。

コンビニ利用のATMでは、引き出し時に常に手数料がかかり、残念

但馬銀行では、コンビニのATMを活用できるとの事ですが、・・・・下記の手数料を見ると、預け入れは無料ですが引き出しは時間問わずに有料となり、残念ですね。

但馬銀行のコンビニATM利用手数料


冒頭でお伝えした「サマーキャンペーン定期預金」の受取利息は、100万円の預け入れでたったの1000円です(税引き後は796円)。となると、ATMでホイホイお金を下ろしたりなんかすると、利息が一気に吹っ飛ぶ事になりかねず、極めて残念な結果となりそうです。

ATMを複数回利用しても、無料回数が圧倒的に第一位のSBJ銀行を利用したほうが、賢そうですね。余計なところで、銀行にお金を支払ってはなりません。