インターネット定期預金で利用しても良いのが東邦銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>東邦銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

東邦銀行は唯一、インターネット定期預金のみ、利用価値あり


東邦銀行のインターネット定期預金ならば、まずまずの金利水準です

久しぶりに、東邦銀行の提供する定期預金金利をチェックしたのですが、下記のように100万円預け入れても250円(税抜き)しか利息が受け取れない、超絶に厳しい状況です。

何も考えずに近所の銀行に預金しても、利息なんてほとんど付かない厳しい時代になりました。 東邦銀行を利用するのであれば、まずは後述するインターネット支店を活用するべきでしょう 。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
300万円以上 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%


東邦銀行の公式HP





東邦銀行のインターネット支店は、まずまずの高金利を提供


東邦銀行のウェブサイトは非常に分かりにくいのですが、「インターネット支店」での定期預金も可能でして、下記のように優遇金利を受ける事が出来ます。

東邦銀行のインターネットバンキングと上乗せ金利

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.225% 0.225% 0.225% 0.225%
300万円以上 0.225% 0.225% 0.225% 0.225%


上乗せ金利後の定期預金は、上記のように0.225%となりまして、なかなかの魅力ある水準です。ただしウェブサイトの注意書きを読んでみると、「上乗せされた金利の適用は初回満期日まで」とあり、おそらく1回限りの限定的な優遇金利かと。ちょっと残念です。

であれば当サイトで紹介しているSBJ銀行と比べてみると、見劣りするというのが正直な感想です。 参考に、受け取れる利息について実際に計算してみた結果がコチラです。


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 東邦銀行の店頭
(金利0.025%)
東邦銀行インターネット(金利0.225%)
SBJ銀行の場合
(金利0.45%)
100万円 750円
(598円)
6750円
(5379円)
13500円
(10757円)
300万円 2250円
(1793円)
20250円
(16136円)
40500円
(322272円)
500万円 3750円
(2988円)
33750円
(26894円)
67500円
(53787円)


店頭金利よりは相当マシではありますが、3年間で受け取れる利息に2万円以上の差が出る事を考えると、やはりもっと有利な銀行を、フル活用すべきでしょう。

「新生活応援キャンペーン2016」・・・しみったれたキャンペーンだな

現在、東邦銀行でキャンペーンらしいキャンペーンといえば、この新生活応援キャンペーン2016くらいでしょうか。でもこれ、かなりしょっぱいキャンペーンなんですよね。

東邦銀行の新生活応援キャンペーン2016


クオカード1000円分がもらえるとなると、なんだか「おっ!嬉しいな。」と感じるでしょうが、これを頂くには以下の3つの条件が必要です。

①平成28年6月30日までに、月額5万円以上の給与振込実績のある人
②インターネットバンキングを申込んで、平成28年6月30日時点で契約を継続している人
③「Alwaysカード」をを申込んで、平成28年6月30日時点で契約を継続している人



上記の3つの条件のうち、3番目のAlwaysカードとは、東邦銀行のクレジットカード機能付きキャッシュカードの事です。初年度年会費無料ですが、翌年から1250円もの年会費がかかります。

クレジットカードは、還元率が命です。Alwaysカードのような、還元率がたったの0.5%のカードなど、使う必要はありません。金利もちょっとした違いで大きく受取利息が変わります。クレジットカードだって、最低限1%以上の還元率が欲しいところですね。

という事で、新生活応援キャンペーン2016にあえてチャレンジする必要はありません。


なお、東邦銀行の提供する金融商品、あるいは定期預金やお金全般で、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて、気軽に質問してくださいませ。

あなたとも金融機関とも、何の利害関係も無い管理人が、単刀直入にその金融商品がマトモなのかどうかを、ぶった切りますので・笑。