地方銀行なのに先進的なサービスを次々と打ち出している東京スター銀行

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>東京スター銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

東京スター銀行を、徹底的に評価してみようか


東京スター銀行は、銀行の区分で言うと「第二地方銀行」にカテゴライズされますが、実際はそれにとどまらず、他行にはない金融商品を提供している事で知られています。

東京スター銀行


また、地方銀行ではあるものの、インターネットを活用して全国規模で顧客を集めており、もはやネット銀行の一つ、と表現しても言い過ぎではありません。ここでは、多くの人にとってメリット大な、東京スター銀行の評価と特徴を記します。



一番人気の商品、「スターワン1週間円預金」は既に低金利で魅力なし

東京スター銀行で最も人気が高い定期預金が、「スターワン1週間円預金」でした。たったの1週間の預け入れにもかかわらず、他のネットバンクの1年分に匹敵する年利0.21%もの金利が付与されていましたが・・・・、

日銀のマイナス金利政策のあおりを受けて、2016年2月3日より、0.21%の金利が0.05%に引き下げられています。これだと、ほとんど預け入れる意味がありません。SBJ銀行の1週間定期、「なのかくん」を利用すべきでしょう。

東京スター銀行のスターワン1週間円預金

東京スター銀行のスターワン1週間円預金


注意点として、満期で自動継続された場合は次の項で記すような、低金利の店頭金利が適用されてしまう点もデメリットです。したがって、1週間円預金はあくまでも一時的な資金置き場にしか利用できません。当サイトトップページをご覧にいただいて、金利の高い銀行に預け入れるようにしましょう。


東京スター銀行の公式サイト&口座開設はコチラから可能です






スターワン1週間円預金に預け入れるのはどんなお金?


まず第一に、当面1カ月とか3カ月とか先に使う可能性があって、1,2週間先には使わない、という資金を預け入れるのに最適です。

少しの期間ではありますが、それでも金利は限りなく高い方が良いに決まっていますからね。

次に、今まで他行も含めて定期預金などに預け入れていた金利の低い預金の満期が到来して、次にどうしようか迷った時の、一時的な資金の置き場所として、これ以上ふさわしい所はありません。

三番目として、一般的な定期預金(1年物とか5年物とか)に預け入れるものの、つい解約してしまって、結局、解約時に普通預金金利が適用されてしまった経験のある人に、超・最適です。管理人のように・笑。

追加で第四の選択肢を考えるとしたら、定期預金ではなくて、投資信託や株式投資用に待機している資金の一時的な預け先として最適、と言えるでしょう。

株価はいつ大きく値が下がるかわかりません。暴落した時に、「待ってました!」とばかりに資金を投入するためには、1週間ごとに満期が来る定期預金は、本当に最適ですね。



スターワン1週間円預金の安全性


高金利で超短期の定期預金ですが、他の定期預金同様、下記のようにきちんと安全性が保護されています。まったく不安を抱かずに、サービス自体が取りやめにでもならない限り、永久にお世話になる事が出来ますね!

・1000万円までは預金保険機構の対象です
・中途解約が可能です(中途解約でも元本保証)




わずか10万円から預け入れが可能


実は、私が非常に感心したのが、これです。




従来最強とご紹介してきた新生銀行の2週間満期預金は、100万円からの預け入れなのです。それは、敷居が高い。それに対し、スターワン1週間円預金は、なんと10万円から預金が可能です。

東京スター銀行の、定期預金の店頭金利は、使う意味なし

どの銀行もそうですが、定期預金する時に、店頭金利の利用は避けるべきでしょう。東京スター銀行においても同様です。上に記した1週間円預金の満期後には、下記の低金利が適用になりますので、この点も十分注意しましょう。

預入金額 半年 1年 3年 5年
金額の区別なし 0.0025% 0.025% 0.025% 0.025%

東京スター銀行の定期預金「スターワン円定期預金プラス」のキャンペーンを狙え

現在管理人が、東京スター銀行で最も良質なサービスだと感じているのが、「スターワン円定期預金プラス」です。2016年2月度の日銀のマイナス金利導入によって、極端に預金金利が落ちていましたが、現在は下記のように再び盛り上がって来ています。

満期が到来しても、その時点でのスターワン円定期預金の金利が適用されて自動継続する事が可能なので、上の功に記した低い店頭金利にされない点も嬉しいです。

スターワン円定期プラス


ただ一つ難点を記すとしたら、現在の東京スター銀行は、資金力のある人をターゲットにしていると思われます。現在のスターワン円定期預金プラスは1年物定期で以下のような金利を提供しているものの、資金量300万円以上の人のみが、対象です。

スターワン円定期プラスの定期預金金利


ところで、どうして資金量のある人だけを、ターゲットにするのかは考えるようにして下さい。上記の条件として、資金の預け入れはインターネットでは不可で、店頭のみになっている点がミソです。

おそらく東京スター銀行は、店頭に多額のお金を預けに来る人に「(余計な?)コンサルティング」を行って、その全額もしくは一部を、多額の手数料を取れる投資信託や外貨預金などに流そうという魂胆があると思われます。

当サイト管理人は、一般の銀行の取り扱う投資信託には騙されてはならないと常日頃から申し上げておりますので、預金しようと思って店頭に行って、それとは全く関係ない商品に手を出してはなりません。(意志の弱い人は、銀行の店頭には近づいてはなりません。)

東京スター銀行で金利を0.2%や0.3%にするのにはハードルが高いという人は、2016年現在であれば、SBJ銀行オリックス銀行を利用すると良いでしょう。

東京スター銀行の仕組み預金「右肩上がり円定期」はどうなのか?

●右肩上がり円定期は、日銀のマイナス金利導入の影響により、現在募集を停止しています。


一般の定期預金よりも高い金利を享受したくて、でも株式投資のように元本割れする事だけは絶対に嫌だ! 」、というわがままな人に最適なのが、仕組み預金です。

仕組み預金に関してのメリットやデメリットはコチラの記事で赤裸々に書いていますので、どうぞご覧になってください。

東京スター銀行の右肩上がり円定期



仕組み預金「右肩上がり円定期」のチェックポイント


●100万円以上からの受付になります:この点は、若干ハードルが高いですかね。金額面では、住信SBIネット銀行の仕組み預金に軍配が上がります。

●仕組み預金は預金保険機構による保護対象です: 何度か書いていますが、1000万円までの元本が保証となりますので、安心ですね

●中途解約は原則不可となっています: やむを得ない事情で解約する場合は、時期にもよりますが、7%とか8%前後の違約金が差し引かれますので、それだけは避けたいですね。預入期間に応じた、余裕資金の活用に適しています。


右肩上がり円定期の預金金利(年利)については、都度、仕組み預金の金利確認ページにて更新しています。東京スター銀行も含めて、有利なところに預け入れる工夫をしましょう。

なお、東京スター銀行の活用方法について、またそれ以外にも何か疑問点等がありましたら、貯金やお金に関するご相談はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にお尋ねください。


東京スター銀行の公式サイト&口座開設はコチラから可能です