筑波銀行の預貯金関連サービスからキャンペーンまでを総チェック

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>筑波銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

筑波銀行・・・マイナス金利に不安な庶民に付けこむつもりか?


筑波銀行の定期預金金利は低すぎて話にならない

筑波銀行の定期預金金利は下記のようになっており、低水準すぎて立ち眩みがしそうな気分です。全国の地方銀行の金利は、どこも似たような水準になっており、何も考えずに銀行にお金を預けてしまうと、ちっとも利息が手に入らない厳しい時代になっています。

その上筑波銀行は、定期預金専用のインターネット支店も存在しません(インターネットバンキングはあります)。本当に魅力的な貯金関連サービスがあるのか、チェックしてみたいと思います。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
300万円以上 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%

筑波銀行の公式HP



つくば銀行で唯一、評価に値するのは退職金定期「健文録」だが・・・

筑波銀行は現在、ほとんどキャンペーンは実施していません。通常の預金金利も最低水準の今、通常利用では全く利用価値の無い銀行と評価してよいと言えます。そんな中で唯一、まあ許せるかなと思うのが、退職金定期預金「健文録(けんぶんろく)」です。

筑波銀行の退職金定期預金「健文録(けんぶんろく)」


ただし、健文録の3か月1.4%の定期預金(4か月目から店頭金利に戻る)に3年間預け入れた場合と、当サイトでご紹介している高金利な銀行のうち、SBJ銀行を利用した場合の利息差を計算してみましょう。


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 筑波銀行の場合(3か月1.4%、
4か月目から0.025%)
SBJ銀行の場合
(金利0.45%)
100万円 4188円
(3337円)
13500円
(10757円)
300万円 12563円
(10010円)
40500円
(322272円)
500万円 20938円
(16684円)
67500円
(53787円)


如何でしょうか。3年間で5万円近くの利息差が発生します。普通では考えられない超高金利を提示された場合には、何か裏があると思った方が良いでしょう。

つくば銀行は退職金定期預金などでお金を集めた後は、必ず投資信託のような商品に誘導するはずです。銀行の思惑に惑わされないようにしないと、資産を守る事は出来ません。

『マイナス金利対抗』家計応援キャンペーンに騙されるな!!

日銀のマイナス金利導入以降、庶民の不安が高まっています。銀行も収益を増やす事に躍起で、資産運用などの手数料ビジネスに、今まで以上に力を入れています。

そしてそろそろこんなキャンペーンを打つ銀行が登場すると思っていたら、来ましたね、筑波銀行さん・笑。「マイナス金利対抗・家計応援キャンペーン」です。しかし、中身をよく見ると、愕然とする内容です。単なる、定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺というやつです。

筑波銀行のマイナス金利対抗・家計応援キャンペーン


瞬間風速的な金利、1か月6%の金利をゲットしたいときに、例えば1000万円預け入れて750万円も投資信託を購入するなんて、恐ろしすぎます。

定期預金で受け取る利息よりも、投資信託の大きな手数料を銀行に支払う事になりますし、損失を出す可能性が高い事を考慮すると、全く魅力などないキャンペーンです。

資産運用プラン 「資産充実」も残念な商品

上述のマイナス金利対抗・家計応援キャンペーンと同じ仕組みなのが、「資産運用プラン・資産充実」です。またもや定期預金の高金利を餌に、投資信託や外貨預金に誘導して多額の手数料を我々から掠め取るつもりですね。

筑波銀行の資産運用プラン・資産充実


で、筑波銀行の投資信託販売ランキングを見ると、酷い有様です。新光US-REITオープン 、優良日本株ファンド(愛称:ちから株) 、アジア好利回りリート・ファンド 新光ブラジル債券ファンドなど、投資価値を感じない高コストファンドばかりです。




こんなボッタクリ商品に資産を投入したら、あなたの資産から資金が流出して、筑波銀行などの金融機関の「資産が充実」する事になりますね。一度、当サイトの姉妹サイトである、投資信託の分配金に騙されるな!にて、投資価値がある商品なのかチェックしてみてください。


なお、筑波銀行の提供する金融商品、あるいは定期預金やお金全般で、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて、気軽に質問してくださいませ。

あなたとも金融機関とも、何の利害関係も無い管理人が、単刀直入にその金融商品がマトモなのかどうかを、ぶった切りますので・笑。