定期預金金利も含めて、特に目立ったサービスのない八千代銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>八千代銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

八千代銀行の定期預金などをチェックして公開


八千代銀行について(ポチャッコって何だ??)

八千代銀行の定期預金金利は、当ページにてご覧ください。金利の表示だけでなくて、それに対して当サイト管理人の辛口コメントもさしはさんで、使うべき銀行なのかどうか、ご覧頂いているあなたの判断材料にしていただければと思います。

そんな事はよいとして、八千代銀行といえば、ポチャッコですよね! え??ポチャッコを知らない??? ・・・俺も知らなかったよ・笑、そんな変なキャラクター!(サンリオキャラクターみたいです)

で、その可愛いポチャッコに、このような、メリット皆無のキャンペーンを紹介させるなんて、酷すぎる&可哀想すぎる。(どうしてメリット皆無なのかは、本ページを読めば、なんとなく分かるか)

八千代銀行のポチャッコ



最新の八千代銀行の定期預金金利


さて、最新の八千代銀行の定期預金金利が下記の表です。2016年現在の金利で、とてつもない低金利です。管理人は2013年の6月から八千代銀行の金利状況を見ていますが、その時からちっとも変わらずこの体たらくです。マイナス金利政策導入によって、まずこの金利がある事は無いでしょう。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


管理人的に非常に残念に思うのが、上記金利はインターネットバンキングにも適用される、という点です。これでは本当に八千代銀行を利用するメリットなんて、ありません

なお、他の銀行同様、退職金定期預金や、八千代銀行を年金受け取り口座に指定した場合などは、上記金利にいくらかの上乗せ金利が適用になります。

そのくらいかな、八千代銀行を使って、良いといえる部分は。貯金で資産を増やしたい人には、不向きな銀行と言えますから、定期預金金利の高い銀行を使いましょう。


八千代銀行の公式HP



定期預金のページを見たら、まっさきに投資信託とのセット商品をゴリ押しする姿勢に卒倒

まず変でしょと言いたいのが、八千代銀行の「定期預金・定期積金」のページです。定期預金ページを開くと、定期預金ではなくてひたすら資産運用関連の商品が出てきます。

こういう商品を売ると儲かるからなのですが、定期預金をクリックしてこういうものを表示させるのは、ほとんど詐欺まがいだといって良いでしょう。

八千代銀行の定期預金トップページのキャプチャ

資産運用プランは、あなたの懐ではなく銀行の懐を潤す仕組み

上記のように、八千代銀行は資産運用プランを提供しているようですが、すべて定期預金の瞬間的な高金利を餌にして、クソみたいな投資信託を販売するものばかりです。

はじめての資産運用プラン:3ヵ月もの、初回特別金利・年利4.0%
資産運用プラン(投資信託型):3ヵ月もの、初回特別金利・年利2.0%
資産運用プランα:3ヵ月もの、初回特別金利・年利2.5%


全ての商品が、定期預金と同額の投資信託を購入させる仕組みです。しかも、上記の定期預金は3か月間だけの期間限定金利です。投資信託を購入した瞬間に3%の手数料を銀行側から取られる訳ですから、たった3か月の高金利なんて全く意味がなく、確実に大損です

ついでに言うと、投資信託は毎年1%前後の手数料(信託報酬)を支払う訳ですから、銀行に年貢を納めたいという奇特な人以外は、手を出すべきではありません。

若者向けの定期預金は存在せず、・・・高齢者向けの定期預金も魅力が薄い

八千代銀行の定期預金については、まず若者がお得に使える定期預金が皆無です。まことにけしからんですね。それに対して高齢者向けの定期預金は非常に豊富。銀行がどこを向いているのか、よく分かります。

退職金定期預金「アクティブライフ応援団」:3か月の金利が年1.4%
年金受取・予約定期預金「アクティブライフ応援団プラス」:店頭表示金利+年0.20%
千代年金定期預金:店頭表示金利+年0.3%
年金定期プライムプラス:店頭表示金利+年0.1%


ラインナップは、上記の4つです。まず優遇金利が0.3%の千代年金定期預金は、利用メリットがあります。ただし最大で100万円までしか定期預金ができない上に、一回ぽっきりです。客寄せパンダ的な商品のようですね。

次にクティブライフ応援団プラス(最大3000万円以内)や、年金定期プライムプラス(最大900万円)は、金利水準から考えると今一つです。1年間ぽっきりの期間限定金利なので、他の高金利銀行の方が満期後も高金利が継続するので、魅力が無いと言えます。

さて一番気になる商品は、3か月金利が年1.4%になる、アクティブライフ応援団かもしれません。でも実は、これがいちばん損する定期預金です

瞬間的にこのような超高い金利を提示する商品には、注意した方がよいでしょう。4か月後には超絶に低い店頭金利に戻る訳ですから。 試しに当サイトで紹介している高金利な銀行の一つ、SBJ銀行と、受け取れる利息を比べてみましょう。


●3年後に受け取れる利息の比較(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 八千代銀行の場合:
0.01%(3か月のみ年1.4%)
SBJ銀行の場合
(金利0.25%)
300万円 11325円
(9024円)
22500円
(17929円)
500万円 18875円
(15041円)
37500円
(29882円)
700万円 26425円
(21057円)
52500円
(41835円)


例えば700万円の定期預金で最終的に受け取れる利息は、高金利銀行のほうが2倍も多いです。差額は2万円ほど。リスク皆無で2万円の差が出る訳ですから、銀行選びに手を抜くわけにはいきません。