横浜銀行の定期預金をはじめとする、預貯金関連サービスの確認

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>横浜銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

横浜銀行に使える預貯金関連サービスが有るのか、徹底チェック


店頭金利については全く利用価値は無いので、あくまでキャンペーンを使おう

横浜銀行の定期預金金利も、大半の銀行と同様、極めて低い状態です。一応数字にはなっていますが、このレベルではほとんど数字のお遊び状態です。このような状態で預け入れしていても、全くと言ってよいほど増えませんから、預け入れ先の再検討をすべきだと考えます。

横浜銀行のキャンペーン


横浜銀行の場合、インターネットバンキングでも、下記同様の金利が適用されます。これでは明らかに、横浜銀行の定期預金には利用価値がないと評価できます。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


現状ではほとんど横浜銀行を使う価値は無い状態ですから、現在ならば、常に極めて高金利なSBJ銀行あおぞら銀行、あるいはこの地域だったらハナ信用組合横浜幸銀信用組合あたりを利用すると良いでしょう。


横浜銀行の公式HP



東海大学ラグビー部、バスケットボール部応援定期キャンペーンは微妙

横浜銀行は、魅力的な金利のキャンペーンが実施されている時も多いのですが、2018年夏のシーズンでは、次のようなキャンペーンが存在するのみです。この東海大学ラグビー部、バスケットボール部応援定期キャンペーンは、まあ利用しても良いかなと思います。ただし、店舗限定です。

東海大学ラグビー部、バスケットボール部応援定期キャンペーン


金利0.15%
期間:3ヶ月
対象店舗:東海大学駅前支店、秦野支店、渋沢支店
対象:個人
キャンペーン期間:平成30年5月21日(月)~平成30年7月31日(火)


対象店舗の人は使っても良いとは思いますが、それでもたかだか0.15%の金利がたったの3ヶ月だけ付与されるというだけのものです。

だったら最初から、この夏であれば金利が0.4%(1年物)や0.45%(2年物)にもなるSBJ銀行を利用すれば良いだけであり、そのほうが比較にならないほどの利息を得られます。

退職金や相続の専用の定期預金に、魅力がない具体的な理由

横浜銀行には定期預金もインターネット支店も特にメリットはありませんが、お金を持っていそうな高齢者への勧誘は、積極的なようです。その代表例が、こちらの退職金専用プランです。

横浜銀行の退職金プラン基本コースの金利

金利年0.50%
預入期間:3ケ月
対象:退職金受取日から2年以内に申し込みした個人
預入金額:50万円以上、退職金受取金額の5000万円まで


利率0.5%は一見、魅力的に見えますが、この高金利は初回のたったの3か月間だけしか維持されません。その後は自動継続になって、0.01%というあり得ない低金利になってなります

上記を見ただけでは、多額の利息が貰えそうに錯覚してしまいますが、・・・まさに錯覚そのものです・笑。例えば高金利で有名なSBJ銀行に、普通に定期預金として預け入れたほうが、段違いに利息が多くなります。銀行の用意した「錯覚金利」には十分に注意しましょう。

なお、具体的に受け取れる利息がどのくらいになるのか、以下に記しましたので参考にしてください。カッコ内の数字は、税引き後の受け取り利息になります。

金額 利息
100万円 1250円(996円)
500万円 6250円(4980円)
2000万円 25000円(19921円)
5000万円 62500円(49803円)


相続定期預金プランも同じ状況


上記の退職金プランと全く同じ状況の定期預金が、相続定期預金プランです。こちらは金利が1%も付いて、一見、非常に利用価値が高そうに見えますが、やはりたったの3か月の定期です。

横浜銀行の相続定期預金プラン


金利年1.0%
預入期間:3ケ月
対象:一年以内に相続により資産を受け継いだ個人
預入金額:50万円以上、相続により受取った金額まで
募集期間:平成30年6月29日まで


退職金プランと同様、最初からSBJ銀行の3年物定期預金にぶち込んで放置しておくほうが利息が断然多くなりますし、なによりも横浜銀行から余計なお世話の営業電話がかかってくることも無いですから、どちらが良いのかは瞬時に判断できます。

「資産運用パッケージ」の高金利にも、騙されてはいけない

最初の3か月しか有利な金利が継続しないという意味で、上記で説明したのと全く同じ格好になっている実例が、下記の資産運用パッケージです。このような定期預金と資産運用を抱き合わせた商品には、決して釣られてはいけません。

横浜銀行の資産運用パッケージ


簡単に言うと、受け取れる利息よりも、遥かに多額の手数料を銀行に支払う必要がある点が、大問題です

資産運用の場合、失敗すると多額の損失を被る可能性が高いです。資産運用は、簡単に儲かるような事はなくて、しっかりした勉強が必要になります。リスクを取りたくない人ならば、当サイトで紹介している銀行を、上手に利用して手堅く利息を受け取るべきだと思います。

安易な気持ちでローン(キャッシング)に手を出してはいけない

チマチマと利息を受け取るよりも、手っ取り早くローン(キャッシング)を使って、お金を借りたいと思っている人も多いかと思います。しかし、銀行から1度でもお金を借りると、借金による利息の返済が際限なく続き、生活が楽になる事は決してありません。

横浜銀行の、ローン・キャッシング商品


http://www.boy.co.jp/kojin/loan/multi/miniloan/simulation.htmlのページに返済シミュレーション結果の一覧があり、手ごろな返済額を提示していますが、驚くくらいの利息を払い続ける必要がある事は、お分かりになると思います。


なお、横浜銀行の提供する金融商品、あるいは定期預金やお金全般で、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて、気軽に質問してください。

あなたとも金融機関とも、何の利害関係も無い管理人が、単刀直入にその金融商品がマトモなのかどうかを、ぶった切りますので・笑。

その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

神奈川県の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、当サイトTOPページより高金利の銀行をお選びください

半年 1年 3年 5年
横浜銀行 0.04% 0.01% 0.01% 0.01%
神奈川銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
横浜幸銀信用組合
0.025% 0.3% 0.325% 0.35%

上記のほか、横浜エリアであればハナ信用組合の高金利定期預金が利用可能です。