定期預金金利TOP ⇒ 定期預金のお役立ち情報集 ⇒ 定期預金の安全性




定期預金は、最も安全性の高い商品のひとつ

預け入れる銀行を分散すれば、問題は解決

大企業であれば安全です」という神話が、昔は通じました。しかし現在は、規模が大きいから、あるいは知名度が高いから安心安全、という時代は終わりに近づいています。大手航空会社のJALが倒産したり、安定性で有名だった東京電力が実質的に国有化されたりするのは、だれも想像つかなかった事です。

さて超大企業ですら倒産する時代ですから、企業の一つである銀行も、絶対に破綻しないという保証はどこにもありません。下記コラムでもご説明していますが、過去に多くの銀行が破綻しています。

⇒参考コラム:破たんした銀行の記憶


ここで非常に気になるのが、定期預金に資金を長期間固定されている状態で、預け入れ先の銀行が破綻・倒産したら預金はどうなるの?という点。

結論から言うと、1つの銀行に預けている普通預金・定期預金などの、合計1000万円と利息までは、預金保護によって守られています。詳細は下記のページでも書いていますが、ざっくり言うと1000万円程度までなら定期預金は安全資産と思って良いという事です。

⇒参考コンテンツ:ペイオフで定期預金はどうなるのか??


ただし1行(1つの銀行)で1000万円ですから、支店を変えて3000万円預けても意味がありません。もしも1000万円を遥かに超える預金を、定期預金として超安全に運用したいのであれば、銀行を分散して資金を分けるしか方法がありません。

複数の銀行を利用する事は、手間暇を考えると非常に面倒だと思います。ここからは個人個人のリスクに対する考え方によるかと思います。ですが定期預金は基本的に、一度預け入れると放置するようなものです。

普段利用するメインバンクは1つに絞って、定期預金用に銀行を複数利用するのがベストな活用方法かもしれないですね!! 定期預金用の銀行であれば、一度預け入れればたまに状況をチェックすれば良いだけですからね。

複数の銀行に定期預金を預けたいという方は、ぜひ下記コンテンツも合わせて御参考になさると良いでしょう。

⇒参考ページ:300万円以上預け入れで有利な定期預金(1000万円以上含む)



定期預金のお役立ち情報集トップに戻る


★金利10%に相当するキャンペーン
(弊サイトで実施中です)


お金が貯まる銀行口座


このページの先頭へ