あすか信用組合も日本で一番利用価値の大きな金融機関の一つ

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>あすか信用組合


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

あすか信用組合・・・2018年現在、メリットが大いにある金融機関だ


あすか信用組合は定期預金金利も高いし、手数料も一切ゼロにできる

東京都新宿区に本店所在地がある「あすか信用組合」。元々は1965年仙台に本店を置き、在日韓国人の相互扶助を目的として設立されています。(東京に本店所在地を移転したのは2004年)

営業区域の本支店は 東京都・北海道札幌市・青森県青森市・秋田県秋田市・岩手県盛岡市・宮城県仙台市・福島県郡山市と、関東・北海道・東北に本支店があります。

で、上記のエリアにお住まいの方、日本で最高レベルの定期預金金利を享受することができますので、極めて利用価値が高いです。もちろん日本人も普通に利用できます。

あすか信用組合


あすか信用組合の組合員になるには、出資金1万円(1口千円)が必要です。出資金は、預金保険制度対象外の資金となります。定期預金は、組合員のほうが金利的に優遇されているので、あすか信用組合を積極的に活用したい人は出資金の性質を知った上で、組合員になる事を検討してみてください。

同じ金利レベルとしては、北朝鮮系のハナ信用組合があり、こちらはエリア的に関東地方全域の人が利用しやすいのに対して、今回ご紹介のあすか信用組合は北日本の人も比較的広く利用機会があるので、東京在住の人と合わせて、利用すると良いでしょう。

また、同じく韓国系のSBJ銀行は、従来から当サイトで広くご紹介していますが、金利的にはあすか信用組合と同等か、場合によってはそれを凌ぐケースもあります。あわせて検討すると良いですね。


あすか信用組合の公式HP





しかもなんと、新規取引開始キャンペーンで全員1000円プレゼント!


今回、あすか信用組合で大変に驚くのが、新規に定期預金に預け入れをするだけで、なんと!1000円分のクオカードか図書カードを全員プレゼントしてくれるところ。

もちろん、信用組合の組合員になることが前提ですが、組合員になると、次の項からご紹介する通り、定期預金金利が格段に高金利になるため、躊躇している場合ではありません。組合員になる方法は、このページの最後にご紹介します。(下記、2018年現在もキャンペーン中

あすか信用組合の新規取引開始キャンペーン


100万円以上の定期預金か定期積金を新規で預け入れた場合にプレゼントされ、金利に換算して0.1%をゲット出来ることになります

この様なキャンペーンをやっている金融機関は、今時なかなかありませんから驚きです。(通常、何もないか、ポケットティッシュやサランラップをくれる位が普通です。)

管理人はあすか信用組合のこの「1000円もらえるキャンペーン」を見逃していたので、うかつにもハナ信用組合に口座開設しに行ってしまいましたが、下記の2年物0.4%の金利を受け取るのであれば、ハナ信用組合よりもあすか信用組合のほうが1000円貰える分、断然お得ですね。

以下が、あすか信用組合の強力なキャンペーン定期預金の数々だ


定期預金「あおば」・・・金利が2年で0.3%とは、素晴らしい高金利だ

あすか信用組合で、まず真っ先に利用すべき商品が、定期預金「あおば」です。2年物で0.4%の金利は、ハナ信用組合の「チャレンジ」と並び、国内最高クラスの金利です。

あすか信用組合の定期預金あおば


金利年0.3%(組合員)、0.2%(非組合員)
期間:2年(単利型)
預入金額:10万円から
募集期間:2018年9月30日まで
対象:個人・法人
その他:自動継続方式(元利継続型・元金継続型を選択)。その際に「あおば」の取り扱いがない場合は、「スーパー定期2年物」店頭表示利率での継続。


2年間預け入れた時の受取利息(カッコ内の数字は税引き後の利息です)
預入金額 あすか信用組合の利息: 0.3% ゆうちょ銀行で受け取る利息
(金利0.01%)
100万円 6000円(4781円) 200円(159円)
500万円 30000円(23905円) 1000円(796円)
1000万円 60000円(47811円) 2000円(1593円)


上記ではゆうちょ銀行との利息の比較を計算しています。誰が見てもあきらかに、あすか信用組合に預け入れたほうがメリットがあります。100万円単位で入れると、顕著にその違いを実感できますね。というか、ゆうちょ銀行に預け入れるとか、愚の骨頂ですな。



定期預金「あすか」・・・こちらは1年物の定期預金、金利は0.25%だ

上記、2年物定期預金は「あおば」で、1年物になると「あすか」というネーミングが付くと、かえってややこしいような気がしますが・笑、今どき1年で0.25%も金利を付けてくれるところなどほとんどないので、非常に嬉しいですね。

あすか信用組合の定期預金あすか


金利年0.25%(組合員)、0.15%(非組合員)
期間:1年
預入金額:10万円から
募集期間:2019年9月30日まで(たぶん何らかの形で延長されると思う)
対象:個人・法人
その他:自動継続方式(元利継続型・元金継続型を選択)。その際に「あすか」の取り扱いがない場合は、「スーパー定期1年物」店頭表示利率での継続。


あすかを利用するくらいなら、期間2年物のあおばのほうが良いような気がしますが、1年後に必ず使う予定のあるお金の預け先を探すのであれば、あすかは最高の定期預金ですね!

ただし、東京においては、金利0.25%程度となると、SBJ銀行の利用にメリットが出てきます。預け入れる時期によっては金利が逆転するケースがありますので、同時に見ておきましょう。

60歳以上の人は、「プラチナ定期預金」・・・年利0.4%

年金を受け取る人は、どの金融機関に行っても非常に優遇されていますね。あすか信用組合においても、60歳以上の年金受給者(組合員限定)は、プラチナ定期預金で0.4%の金利です。

あすか信用組合のプラチナ定期預金


金利:あすか信用組合で年金受給すると年0.4%、しないと年0.25%
対象:60歳以上の個人の組合員限定 、なお、非組合員で60歳以上の年金受給者は、次の項で記します「シルバー定期預金」が該当します。
預入金額:10万円から1,000万円まで
期間:1年物
注意:預入中に年金受給口座を他の金融機関へ変更したり、継続して年金の受給が確認できない場合は、満期日を待たずに中途解約扱いとなります。
満期後:自動継続後の利率は「プラチナ定期預金」の利率となるが、その際に「プラチナ定期預金」の取り扱いがない場合は、「スーパー定期1年物」店頭表示利率での継続。

60歳以上の非組合員は、「シルバー定期預金」・・・金利0.3%

上述のプラチナ定期預金は、60歳以上で、あすか信用組合の組合員限定でしたが、組合員になりたくないという人は、このシルバー定期預金が対象になります。

あすか信用組合のシルバー定期預金


金利:あすか信用組合で年金受給だと年0.3%、そうでなくても年0.15%
対象:60歳以上の個人
預入金額:10万円から1,000万円迄
期間:1年物
注意:預入期間中に年金受給の口座を他の金融機関に変更すると、中途解約扱いとなります。
満期後:継続日におけるシルバー定期預金の利率となり、その際に「シルバー定期預金」の取り扱いがない場合は、「スーパー定期1年物」店頭表示利率での継続。

1か月間預け入れるだけなら、「いつでも満期」の金利0.1%が有利か

わずか1ヶ月の据え置き期間なのに、0.1%で運用してくれます。あすか信用組合の他の定期預金金利がなまじ高金利なので年0.1%が光って見えませんが、ゆうちょ銀行の定期貯金の金利が0.010%なので、実に10倍の金利となります。

いつでも満期


金利年0.1%
対象:個人、法人
預入金額:10万円以上1円単位
払戻方法:据置期間経過後(1ケ月)、随時利息と共に払戻し
その他:1ヶ月据え置き、1ヶ月後から最長1年引き出し自由

払戻については、「元本の一部は引出しできない」と掲載されているので、例えば100万円を預入れる場合は100万円を一本で預入るのではなく、解約する場合の事も考えて、10万円×10本などにする対応を取ると良いでしょう。

なお、短期間の預金で0.1%の金利と言えば楽天銀行のマネーブリッジがあり、こちらは楽天銀行と楽天証券が連動して使えるシステムとなり、楽天銀行の普通預金をマネーブリッジに設定するだけで金利0.1%で運用されます。 あわせて検討すると良いでしょう。

その他、あすか信用組合について知っているとお得になる点など


あすか信用組合の組合員になるにはどうしたらよいの?

あすか信用組合はぜひ活用したい銀行なので、組合員になる方法や出資金に関してお伝えします。

組合員とは? ・・・あすか信用組合に出資をしている人を、組合員といいます。
組合員になるには? ・・・所定の手続きにより、あすか信用組合に出資して組合員になります。1万円から利用可能(1口千円)で、 手続きは営業店窓口での受付します。

(ちなみに管理人、以前JAバンクの組合員になってきました。どんな感じなのか、その時のページも参考にしてみて下さい。)

組合員の条件・組合員でないと取引できないのか?・・・ 営業地域は東京都・宮城県・北海道・秋田県・岩手県・福島県・山形県に居住かお勤めの個人の人と、営業区域に事業所を置く法人や個人事業主の人、あすか信用組合が承認した人であれば、組合員になることが出来ます。

協同組織金融機関であるので、原則は組合員となる必要があります。概ねどこの信用組合でも組合員になるのを原則としていますが、出資金は預金保険の対象外の資金となり、組合員を辞める場合の出資金はすぐには現金化されず、最長で1年9ケ月の期間がかかる場合もあります。


組合員になったほうが定期預金の金利が上昇します


試しに、あすか信用組合の「あおば」に500万円預け入れた場合の、組合員と非組合員の受取利息を比較してみましよう。(2年満期の時の受取利息です)

組合員:金利0.45% 非組合員:金利0.35%
税込み45000円 税込み35000円


出資金1万円を払ったとしたら、手元に残るお金は同じ35,000円になりますよね。だったら出資しなくても良いと考えるかもしれませんが、「あおば」が自動継続方式となり、満期日に同じ商品が有った場合はメリットが高く、預け入れる金額が500万円以上ならば組合員の方がお得といえます。

出資金は確かに預金保険機構の対象ではありませんが、倒産しないかぎり期間がかかっても戻ってくる資金ですから、管理人であれば組合員になって、高金利の定期預金にしますね。

お客様紹介キャンペーンで「現金プレゼント」実施中

既にあすか信用組合を利用している人であれば、紹介キャンペーンを使うと、利用者、紹介された日と共に、大きなメリットがあります。紹介キャンペーンで現金をもらえる金融機関もほとんどありませんから、大注目ですね。

あすか信用組合のお友達紹介キャンペーン


プレゼント:紹介者、成約者共に、QUOカードまたは、図書カードを1000円分
対象:あすか信用組合と取引が初めての人を紹介し、100万円以上の預入をした場合
対象商品:定期預金・定期積み金(「いつでも満期」は対象外)
その他家族や親族も紹介対象となりますが、同一世帯内の紹介は1回限り

注意したい各種手数料・・・裏技を使う事で、手数料ゼロであすか信用組合を利用!

ここまで、あすか信用組合の素晴らしい点をご紹介しましたが、金融機関を利用する上で忘れてはいけない入出金手数料と振込手数料も、記述しておきましょう。

あすか信用組合のセブン銀行ATMの利用手数料と利用時間

あすか信用組合の振込手数料


セブン銀行のATMを使って、入出金手数料が無料になるのは、実に素晴らしいですね。生半可な地方銀行を使うより、最近は信用金庫や信用組合の方が使えます。

ただし振込みに関しては手数料が馬鹿になりません。したがって、ここは定期預金金利を100%活かすことにつながる裏ワザを使い、無駄な手数料を一切支払わないように工夫してください。

この裏技と、住信SBIネット銀行ソニー銀行のような、振込手数料がかからない銀行を併用すると、一切の振込手数料をゼロにした生活を送ることができます。素晴らしいでしょ(^◇^)

その他の東京都の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

東京都の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。一般の銀行とネット銀行を掲載しています。


●一般の銀行(ネット専業銀行はその下に記載)
半年 1年 3年 5年
三菱UFJ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
みずほ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
三井住友銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
りそな銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
きらぼし銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
東日本銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(東日本銀行お江戸日本橋支店) 0.02% 0.03% 0.02% 0.02%
東京スター銀行
(上段は100万未満、
下段は100万円以上)
0.1%
0.1%
0.025%
0.03%
0.025%
0.03%
0.025%
0.025%
キャンペーンバナー
SBJ銀行
(上段は100万まで、
下段は100万円超)
0.1%
(1週間)
0.4% 0.45%
(2年)
0.25%
0.1%
(1週間)
0.15% 0.35% 0.25%
キャンペーンバナー
新生銀行
0.3%
(3か月)
0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
あおぞら銀行
0.15% 0.2% 0.15% 0.15%
キャンペーンバナー
三菱UFJ信託銀行
0.01% 0.16% 0.01% 0.01%
三井住友信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
みずほ信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
野村信託銀行 0.06% 0.1% 0.1% -
SMBC信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% -
キャンペーンバナー
KEBハナ銀行
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
0.03%
0.04%
0.05%
0.07%
0.12%
0.20%
- -
キャンペーンバナー
芝信用金庫
0.01% 0.16% 0.01% 0.01%
東京シティ信用金庫 不明 0.03% 不明 不明
西武信用金庫
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.01% 0.01% 0.025% 0.035%
0.045%
キャンペーンバナー
小松川信用金庫
0.01% 0.01% 0.21% 0.21%
朝日信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(朝日信用金庫インターネット)
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.035%
0.05%
0.035%
0.05%
- -
キャンペーンバナー
朝日信用金庫東京下町ネット支店
- 0.1% - -
城南信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
ハナ信用組合
- 0.3% 0.7% -
キャンペーンバナー
あすか信用組合
- 0.25% 0.3%
(2年)
-
東京消防信用組合 0.015% 0.015% 0.015% 0.015%

ネット専業銀行
半年 1年 3年 5年
住信SBIネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ソニー銀行 0.05% 0.05% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
GMOあおぞらネット銀行
0.15% 0.2% 0.15% 0.15%
1年物はキャンペーン金利、それ以外は証券コネクト口座の金利。
キャンペーンバナー
楽天銀行
0.1% 0.12% 0.1% 0.1%
1年物以外は、楽天マネーブリッジの金利です。
キャンペーンバナー
イオン銀行
最大0.12%
年会費無料のクレジットカード、イオンカードセレクト会員限定の普通預金金利。ステージにより金利が変動します。
イオンカード入会などで6000円分のプレゼント実施中
セブン銀行 0.015% 0.02% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
じぶん銀行
0.03% 0.15% 0.03% 0.03%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
大和ネクスト銀行 0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
ローソン銀行 0.03% 0.03% 0.03% 0.03%
キャンペーンバナー
オリックス銀行
0.08% 0.1% 0.15% 0.15%
100万円からの預け入れになります。