大和ネクスト銀行、評価できるポイントを簡潔に説明

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>大和ネクスト銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

大和ネクスト銀行の定期預金と、銀行としての使い勝手を評価してみる


大和ネクスト銀行を一言で言うと、どんな感じ?

大和ネクスト銀行は、大和証券グループが満を持して世に送り出した、素晴らしい銀行です。下記のようなの特徴があって、利用価値が比較的高いです。金利面だけに着目しても、他行と比較して高めであることも多く、そういう時にはためらわずに利用したいものです。

・日本の全銀行中、かなり良好な高金利定期預金
・他行あて振込手数料が、月3回までも、無料
・大和証券との連携で、資産形成に好適

 (ただし、ボッタクリ投資信託なども多いので、そこは気を付けよう)

2015年11月末以降、年末特別金利キャンペーン2015を開催!金利0.45%適用!これは終了


大和ネクスト銀行のメリットはこれだ!

定期金利金利が、他行より高め!


当サイトトップページにときおりランキング入りするのでお分かりになると思います。大和ネクスト銀行の金利は、かなり高い水準になっていますね。金利一覧表を見ると、全ての期間の定期預金金利が、魅力的な水準ですね。管理人も過去、口座を開いて預け入れた実績があります。

大和ネクスト銀行


プレミアムサービスを使った金利優遇は、メリットは大きいが


大和ネクスト銀行のプレミアムサービスの対象者になると、定期預金の金利水準は更に利率が上昇して、かなりの水準にまで到達します。

大和ネクスト銀行の、プレミアムサービス向けの定期預金金利


ただし、各ステージのランクの取得に必要な条件が、ちと厳しいですね。下記のように1000万円以上の預け入れ資金が無いと、まったく利用できない状況です。これは正直、普通の人には難しいのではないかと感じます。

大和ネクスト銀行のプレミアムサービスの預かり資産


振込手数料を無料にするのに、最適な銀行の1つ


大和ネクスト銀行で感心するのが、他行あて振込手数料が、月に3回まで、無料になる事です。(4回目から、210円の手数料がかかります) これは住信SBIネット銀行と並んで、国内銀行としては、最も低コストな水準にあり、極めて高い評価をあげられると思います。

ただし、大和ネクスト銀行にはATMがありません。預け入れしたお金を引き出すには、他行のATMを利用しなくてはなりません。この場合、ATMからの出金手数料が常に無料の、住信SBIネット銀行を使いましょう。手順としては次の通りです。

①大和ネクスト銀行から住信SBIネット銀行に振り込み
 ↓
セブン銀行のATMで、住信SBIネット銀行から出金



これであれば一年中、常に手数料無料、余計なコストを銀行に支払う事無く、銀行を使い続けられます。大和ネクスト銀行間の振込などは、常に手数料無料です。ただし、上記のような面倒な方法を取らなくても、次のような手もあります。


資金お取寄せサービスは利用価値が大


大和ネクスト銀行の提供している「資金お取寄せサービス」は、穴場的な、超利用価値のあるサービスです。

資金お取り寄せサービス


一番の特徴は、毎月決まった指定日に自分名義の金融機関から、手数料無料で資金を大和ネクスト銀行に移す事が可能な事です。

現時点で、手数料無料で資金を吸い上げる事が出来るサービスを提供しているのは、大和ネクスト銀行とソニー銀行だけです。 大和ネクスト銀行は、月3回までは手数料無料で他銀行に振込が可能ですし、ハブ銀行のように利用して良いと思います。


大和証券との連携で、資産形成に好都合


なぜ、大和証券が銀行を作ったのか。目的は、銀行と大和証券を連携させて、資産形成の利便性を向上させる事にあります。大和証券では、大和ネクスト銀行との連携を、「スウィープサービス」と呼んでいて、下記のようなサービスの概要となります。

大和ネクスト銀行のツインアカウントのスイープサービス


少し分かりにくいかもしれませんが、証券口座の「株式や投資信託で運用していない資金」を、自動的に大和ネクスト銀行に振り替えて、普通預金に置いておく事ができます。

また逆に、普通預金から証券口座にすぐに資金を動かして、例えば市場が暴落して安値になった時に、すかさず株式や投信を買う、等という事もやりやすくなります。

特別金利キャンペーンの金利は利用価値ある水準

期間限定になりますが、特別金利キャンペーンの時に定期預金を預け入れると、最大で0.45%になります。この数値はトップ水準と言って良いほどの高い利率です。ぜひとも活用したい、金利上乗せキャンペーンですね。

ただし、日銀のマイナス金利導入政策によって、下記のような水準の定期預金は、ほぼ望むべくもない状況です。2016年3月以降は、長期に預け入れて高い金利が付くのはSBJ銀行オリックス銀行、それに一部の地方銀行のみ(全国からネット申し込み可能)となります

大和ネクスト銀行の特別金利キャンペーン