定期預金金利TOP ⇒ 定期預金のお役立ち情報集 ⇒ 定期預金で元本割れ




定期預金で元本割れなんて有り得るのか???


銀行預金と言えば、元本保証される事が一番のメリットでしょうか。確かに、株式投資のようなハイリスクな投資商品の場合は、価格変動のために元本割れ、すなわち損失が発生します。

           


安全第一で、出来るだけ利息が欲しいと思った際に必ず活用する定期預金。中途解約をしたとしても金利が低下するだけですが、実は安全確実と考えられる定期預金でも、元本割れが発生する事があります





定期預金で元本割れが発生する条件とは

元本保証は、そもそも金融機関が保証しています。が、実は保証金額には上限がある訳ですね。元本保証、つまり金融機関による預金保険の対象は、元本1000万円までと、その元本に対する利息だけです。

さらに、元本1000万とは、定期預金含め、普通預金など対象の金融機関に預けている預金全てを示す事が一般的です。

つまり、銀行が破綻した際には上記の預金保険の対象までしか保証されないために、それ以上の部分の預金に関しては結果的に元本割れが発生する可能性があります

元本1,000万円+その利息」以上の預金については、銀行の破綻時の財産状況に応じて支払わられますから。

そう考えると、定期預金=安全確実な資産=元本割れは発生しないと短絡的に考える事は早計だと思います

当然、世の中に運びっている投資信託や株式などの金融商品に比べては超格段に安全である事は間違いありません。 ただ、絶対安全つぶれる訳がないと言われた大企業がバタバタと倒産する時代ですから、倒産しない銀行を探す事は不可能だ、と考えた方が良いでしょう。

   


銀行の倒産リスクは非常に小さいけども、存在する事は認識した上で、預け先の銀行を分散する事で、元本割れを確実に回避する事が出来るでしょう。 可能であれば、1銀行あたりの預け入れ預金は1000万円までとしたい所ですよね。



仕組み預金は、解約で元本割れしますので注意

なお、定期預金と非常によく似た商品に、仕組み預金があります。こちらの商品は元本割れする可能性が高い商品ですので、仕組み預金を検討されている方は、定期預金と仕組み預金の違いをご覧ください。



破たんした銀行の記憶
定期預金のお役立ち情報集トップに戻る


★金利10%に相当するキャンペーン
(弊サイトで実施中です)


お金が貯まる銀行口座


このページの先頭へ