枚方信用金庫の定期預金キャンペーンを調査

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>枚方信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

枚方信用金庫の「インターネット定期預金」に対して高評価


預金金利、3年で0.3%の上乗せはなかなかのもの

メガバンクの定期預金が、日銀がマイナス金利政策によって「暴落」して、たったの0.01%~0.025%の金利しか付かない、庶民にとってはやりきれない状況が生まれつつあります。100万円の定期預金を預入ても、受け取れる利息はわずか100円(税引前)と、なんともしょぼい。

テレビの街頭インタビューで 、「銀行に預け入れてもがっかりする」とか、「手数料の方が高くつく」などと発言する人がいて、 確かにしょぼい金利に、誰しも期待感などなくなっています。

しかし世の中には、「これはなかなか良いぞ」と思える金利を提示している銀行もあります。枚方信用金庫もその一つです。ここでは、枚方信用金庫の「インターネットバンキング定期預金」の案内をします。

枚方信用金庫


枚方信用金庫「インターネット定期預金」の公式PDF





インターネット定期預金(愛称:クリック定期預金)の概要


名称:インターネット定期預金(クリック定期預金)
対象:ひらしんインターネットバンキングを契約している個人
預入金額:1万円以上
預入期間:3ヶ月・6ヶ月・1年は単利、3年は複利
継続時の取り扱い:「元金のみ継続」、「元利とも継続」のいずれも選べる
上乗せ金利の扱い
 ・3ヶ月・6ヶ月 ⇒ +0.1%
 ・1年 ⇒ +0.15%
 ・3年 ⇒ +0.30%



ただし、インターネット定期預金は全国対応していません


リンク先のPDFを見ると、「定期預金の口座開設や追加預入は「個人インターネットバンキング」で支払い元口座より定期預金に資金を振替えする」とあり、「店頭での取り扱いは出来ない」と記載があります。

という事は全国対応しているのかと思い、さらに調べてみましたが、残念なことに全国対応はしていません。というのも、枚方信用金庫の「個人インターネットバンイング」を利用するには、まずは最寄りの本支店で口座開設をする必要があるからです。(大阪府、大阪市、京都府、奈良県内が営業区域です。)

それにしても、 インターネットバンキング定期預金の告知日は2月1日です。あのマイナス金利政策の発表のすぐ後に、この定期預金を告知したことに、枚方信用金庫の前向きな姿勢が伺えます。

狙うは3年複利の、+0.3%です。現在の店頭金利が0.025%、残高が20万円未満だと0.010%と、メガバンク並みの低さですが、0.325%の金利が実現出来たら、十分に高金利だと言えます。

「インターネット定期預金」を利用したら、どれだけの利息がもらえるのか?

今回のキャンペーンを利用すると、3年後の満期時点で、どの程度の利息を受け取る事が出来るのでしょうか? 計算してみましたので、参考にしてみてください。比較として、通常の店頭金利での受け取り利息も掲載しておきました。金利の力を、思い知るでしょう。

枚方信用金庫の定期預金


●期間3年での受取利息(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 インターネット定期預金
の受け取り利息
通常の金利の場合
30万円 2934円
(2337円)
225円
(179円)
50万円 4890円
(3896円)
375円
(298円)
100万円 9781円
(7793円)
750円
(597円)
300万円 29345円
(23383円)
2250円
(1792円)

枚方信用金庫から資金を引き上げる際に、完全無料にする方法

さて枚方信用金庫で上乗せ金利を利用して利息を受け取った後、すなわち満期の時の対応を書きましょう。資金を引き上げる際、困ったことに、下記のような高額の振込手数料が発生します

上記で、例えば30万円を3年間預けた時の手取り利息が2337円ですから、これに対してなんと648円もの高すぎる振込手数料を使って資金を引き上げていたのでは、気分が悪くなるほどの事態です。もしも店頭金利だった場合は、逆に銀行にお金をタダで差し上げてしまうような現象になります。

枚方信用金庫の振込手数料


これではアホらしくてやってられませんので、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使う事により、無料で資金移動を行います。

ただしこの裏技は、自分名義の口座だけにしか対応できませんので、他人名義の口座にお金を振り込むときは、上記の技を使ってまずは手数料無料の銀行にお金を移し、そこからさらに、他の人へ振込みを実行するようにしましょう。

なお振込手数料無料の銀行は、住信SBIネット銀行を活用すると良いでしょう。こうすることで、庶民に取って大敵である、振込手数料を完全無料にすることが可能です

ちなみに、信用金庫はATMの利用料も高くつきます。例えばセブン銀行(セブンイレブン)を利用したとしても、下記のような余計なコストがかかります。

セブン銀行のATMにおける、枚方信用金庫の手数料
(引き出しだけでなくて、預入をしてもお金がかかるなんて、信じられない!)


マイナス金利時代は、このようなコストをかけることは厳禁ですから、日常利用の金融機関は枚方信用金庫ではなくて、主要なネット銀行を活用すると良いでしょう。