KEBハナ銀行の定期預金金利は良好なれど、日本人は使ってはならない

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>KEBハナ銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

KEBハナ銀行は、在日韓国人が利用する銀行で、日本人にメリットはほぼ無し


円定期預金は、穴場といえるような良好な水準だが

東京や大阪、福岡に支店(もしくは出張所)を設けている韓国の銀行、KEBハナ銀行の金利が、予想外に良好な水準のようです。下記はKEBハナ銀行のホームページに記載されいている定期預金金利です。

KEBハナ銀行の定期預金金利


300万円以上預け入れる人にとっては、そこそこ良好な金利といえるのではないでしょうか。この水準ならば、次に記すようなキャンペーンがあれば、利用しても良いレベルです。


KEBハナ銀行の公式HP



ときおり、定期預金のキャンペーンもやるようです

韓国資本の銀行、KEB銀行は、ごくまれに、高金利の定期預金キャンペーンを実施するようです。

KEBハナ銀行の定期預金キャンペーン


確かにこれを見ると、魅力的なように感じますね。300万円未満の預入金額においても、1年物で0.4%ですから、日本国内の全銀行の中で、ナンバーワンレベルの高金利です。

1000万円以上を預金できる富裕層の人であれば、0.6%もの高金利が付与されます。なんだかかつての日本振興銀行を思い出します(笑)。 ただし、注意点があります。それが下記。

実は、この銀行が倒産したとしても、お金は帰ってこない可能性が大です

なんと、日本の預金保険機構の元本保証の対象外なのです。もしもKEB銀行が破たんしたら、一切のお金を失う事にもなりかねません。

KEBハナ銀行は預金保険制度の対象外


銀行が破たんするなど、通常はほとんどありえない事なのですが、金融危機などが発生するとどうなるかは神のみぞ知る世界、決して一般の人は、銀行にお金を預けてはなりません。

この銀行は純粋に、在日韓国人のためにあるといっても良いでしょう

なお高金利でメリット大の、同じ韓国系のSBJ銀行、あるいは朝鮮系のハナ信用組合ならば預金保険機構に加入しています。韓国・朝鮮系銀行を使うならばKEBハナ銀行ではなく、SBJ銀行やハナ信用組合にしたほうが良いです。