きのくに信用金庫のキャンペーンでクオカードをもらおう

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>きのくに信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

きのくに信用金庫のキャンペーンでクオカード1000円分プレゼント


きのくに信用金庫の給与振込キャンペーンが美味しい

和歌山市に本店を置くきのくに信用金庫、店舗は和歌山地区、紀北地区、海南地区、有田地区、御坊地区、田辺地区、串本地区、泉南地区に所在しています。

ネットプラス定期預金3年0.25%の定期預金情報を見る人はコチラから


3月1日~6月30日まで開催されている、給与振込キャンペーンがお得なのでご案内します。通常この手のキャンペーンは、抽選や粗品がほとんどですが、きのくに信用金庫の給与振込キャンペーンは全員にクオカード「1000円分」がプレゼントされるというではありませんか!(嬉)

きのくに信用金庫の給与振込キャンペーン


きのくに信用金庫のキャンペーンページ





きのくに信用金庫の給与振込キャンペーンの概要


●条件:給与受取口座に指定、平成28年7月に5万円以上の給与振込がある人
●キャンペーン期間:平成28年3月1日~6月30日
●コース:A・Bどちらかになります
 ⇒給与受取口座指定した人に、もれなく1000円クオカードプレゼント
 ⇒給与受取口座を指定し、信金カードローンを新たに契約した人にもれなく3000円クオカード



営業エリア内の人が対象、金利換算で2%なので凄い


きのくに信用金庫の営業区域内の人が、条件となります。5万円の給与振込で1000円プレゼントされるということは、金利に換算して何と2%相当に該当するから驚きです。現在の寒々しい低金利の中で2%プレゼントは魅力です。

ただし、給与振込口座に指定するということは、メインバンクになるということにもなります。銀行側としては、メインバンクになってもらえば、将来的に住宅ローンやらの融資の対象顧客となりえるので、このようなキャンペーンを開催しているのです。

給与振込先として活用しやすいかを、検討する必要があります。最初にお伝えした地域に支店があるか、ATMが利用しやすい所にあるのかどうかのチェックは必須です。(次の項参照)

信用金庫は、コンビニでお金をおろすと手数料がかかるのが大きな欠点

なぜ、ATMが利用しやすい場所なのかにこだわるのかと言うと、きのくに信用金庫のキャッシュカードを持っていても、きのくに信用金庫の本支店以外では、お金をおろすのに108円の手数料が必要になるからです。(きのくに信用金庫が近くにないと、シャレにならない)

今時、セブン銀行(セブンイレブンなど)の利用でいちいちお金を取られていたら、銀行からクオカードを貰ったとしても、全く意味がありませんからね。

きのくに信用金庫のATM手数料

きのくに信用金庫の、上記手数料を、完全にゼロ円にする裏技がある

ただし、もしも管理人ならば、上記で発生する手数料を、一切無料にする事ができます。やりかたは、知れば非常に簡単です。定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使う事により、無料で資金移動を行えば良いのです。

上記リンク先のDMM-FXの口座を開き、FX口座マイページから「クイック入金」を指示すると、一瞬にして、手数料ゼロでお金がきのくに信用金庫からDMM-FXに移動します。

そのあとに、DMM-FXから指定した自分の名義のお好きな銀行に対して「出金指示」を出せば、2,3日で手数料無料でお金が払い出されます。

この技を知っている人は、国内のほぼすべての銀行を、手数料無料で使い倒すことができるようになりますから、ぜひ覚えておくと良いです。

銀行の手数料が一切無料になる


なおこの技を駆使すると、DMM-FX口座経由で好きな銀行に資金を移せますから、どの銀行が給与振込口座だったとしても、そこをメインバンクとして使わずに済みます。非常に銀行利用の自由度が向上しますので、良い手だと思います。

この裏技を覚えて、振込手数料無料の銀行を使えば、あなたの銀行ライフは無敵となります。

信金カードローンを作って、クオカード3000円をもらってはいけない!

今回のキャンペーンのB、「信金カードローンに新たに契約して3000円のクオカードが貰えるプレゼント」は活用する価値ありません。

しきんカードローンの使い道は自由で、満20歳~65歳の方10万円~100万円を融資してくれますが、驚く事に融資利率は13.5%と、ここまでの金利を払ってお金を借りるなどありえません。

3年毎に自動更新と記載があるので、単純に計算すると100万円を13.5%の利率で3年融資を引いた場合、利息は概ね40万5000円(税引前)になるではありませんか。3000円のクオカードなど貰う価値がないことが分かると思います注意してください。

きのくに信用金庫のカードローン


それと、カードローンをもしもうっかり1回でも使用したりしたら、今後5年間は、銀行は住宅ローンを貸してくれなくなります。たとえあなたが超属性の良い公務員だったとしても、キャッシングのようなことをする人間に対して、銀行はびた一文貸してくれなくなります。

貸してくれるのはキャッシングやカードローンのような、「低レベルな人間専用ローン」だけになってしまい、人生の選択肢が著しく狭められるのです。ローンカードを作るだけでも、信用情報機関にその情報が載るので、やめたほうが良いですね。

もしもあなたが自営業だったら、カードローンを作っているのがバレた瞬間、事業性の融資などは打ち切りになりますから、マジメに決して手を出してはなりません。




きのくに信用金庫を利用するなら、ネットプラス定期預金・0.25%が絶対お得


きのくに信用金庫は、ネットプラス定期預金も非常に魅力的

さて今回ご紹介したキャンペーン以外では、「きのくにネットプラス定期預金」が断然、素晴らしいと思います。3年ものの定期預金が0.25%と、店頭金利の10倍の金利です!

きのくに信用金庫のネットプラス定期預金



ネットプラス定期預金の概要


●預入期間と金利:1年もの・0.20%、3年もの・0.25%
●預入金額:10万円以上1000万円未満 (1円単位の預入)


なお、きのくにネットプラス定期預金を新規で預け入れる場合、本支店の普通預金の開設と、インターネットバンキングの申込が必要との事です。全国対応はしていないので、非常に残念です。お近くの方は、検討してみると良いでしょう。