合併して東京に新たに誕生したきらぼし銀行の定期預金ラインナップとその金利の状況

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>きらぼし銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

きらぼし銀行の定期預金を複数チェックしたものの、メリットは少ないと言える


3行が合併して誕生したきらぼし銀行の、現在の定期預金金利はこの水準

2018年5月1日に、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行が合併して誕生したきらぼし銀行。東京園の一般市民の夢を明るく輝かせたいという思いを込めて、きらぼし銀行とのネーミングになったようで、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県の広域をカバーする銀行です。

ところが、合併しても相変わらずの超低金利であり、まったく使う価値が無いように見えます。せめて合併記念定期預金でもリリースしてくれると持ったのですが、期待倒れだったようです。住信SBIネット銀行のような、ネット専業銀行を使い倒す事が必須の時代になりましたね。

きらぼし銀行

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%

唯一、使っても良いかなと思えるのは、後述する退職金専用定期預金「セカンドライフ応援団」と「アクティブライフ応援団」でしょうか。こちらは6か月定期預金が0.5%の超高金利です。

ただし、利用できる人が限定されますので、ちょっとイマイチかなと思います。また、他行宛ての振り込み手数料が、地方銀行の中では低水準ですけれど、100万円を定期預金に預け入れた時の利息を簡単に吹き飛ばすほどの金額です。この点でも、使う意義が見出せません。

そんなきらぼし銀行について、以下の順に、各種のサービスを評価していきます。順に見て頂いても、ご興味のある部分だけを見て頂いても構いません。リンクのクリックで、該当部分にジャンプします。

きらぼし銀行のインターネット支店に、全く魅力は無し
退職金専用定期預金「セカンドライフ応援団」と「アクティブライフ応援団」は魅力的
年金定期預金は、いずれの商品も金利がイマイチで残念
相続定期預金の金利も、0.1%では何ら魅力を感じない
定期預金と投資信託がセットになった商品には、決して手を出すな
その他の東京都の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

きらぼし銀行の公式サイト



きらぼし銀行のインターネット支店に、全く魅力は無し

きらぼし銀行のインターネット支店には、定期預金の金利優遇が一切なく、全く使い物になりません。そのうえインターネット支店を使っても、他行宛ての振り込み手数料が無料になりませんので、利用価値は全くありません。

きらぼし銀行インターネットの振込手数料やATM手数料


他行宛ての振込手数料が「216円でお得」と書いてありますが、得でもなんでもありません。今の時代、他行宛ての振り込み手数料が無料になる銀行を使うのが常識です。

コツコツとためた利息を吹き飛ばす事になる「振込手数料」は、ゼロにしなくてはなりません。当サイトで紹介している、振込手数料が無料になる銀行を有効活用して頂きたいものです。

退職金専用定期預金「セカンドライフ応援団」と「アクティブライフ応援団」は魅力的

きらぼし銀行では、退職金を受け取った人に対して、かなり優遇された定期預金、「セカンドライフ応援団」と「アクティブライフ応援団」の2種類を提供しています。

いずれも、6か月定期預金が0.5%の高金利で預け入れ可能です。6か月物の定期預金で0.5%の金利を実現した銀行は全国でもありませんから、きらぼし銀行で退職金専用定期預金を利用できるのであれば、活用しておいても良いでしょう。

ただし注意点として、満期後は店頭金利の0.01%に低下するので、将来的には当サイトがお勧めしているような、高金利の銀行に預け替えをする必要があります。


セカンドライフ応援団の詳細


セカンドライフ応援団

対象:退職金受取後、1年以内の個人
預入期間:6か月定期
適用金利0.5%
預入金額:1口300万円以上 3,000万円以内
対象の資金:退職金以外の資金も預け入れが可能
その他:自動継続後は、店頭金利0.01%


アクティブライフ応援団の詳細


アクティブライフ応援団

対象:退職金受取後、1年以内の個人
預入期間:6か月定期
適用金利0.5%
預入金額:1口300万円以上 3,000万円以内(退職金受取額が上限)
対象の資金:新たな資金が対象
その他:自動継続後は、店頭金利0.01%


なお、これら2つの退職金定期預金は名称こそ異なっていますが、実質的に中身は同じようなものだと考えて頂いて構いません。退職金でなくても預け入れ可能になっており、要は、この世代の預貯金をきらぼし銀行が狙い撃ちにしていると言えますね。

年金定期預金は、いずれの商品も金利がイマイチで残念

年金受給者は若い人よりも多額の資金があり、銀行の重要なお客さまです。きらぼし銀行では、この年金受給者向け定期預金のラインナップが、とても充実しています。しかし、以下の商品をそれぞれ見て頂くと感じる通り、イマイチな金利だなとの感想を抱きます。


年金定期預金の詳細


きらぼし銀行の年金定期預金

対象:旧八千代銀行の店舗で公的年金を受け取る人や、新規で受け取る人
預入期間:1年
適用金利:店頭金利+年0.15%
預入金額:100万円まで


年金定期プライムプラスの詳細


年金定期プライムプラス

対象:旧八千代銀行の店舗で公的年金を受け取る人や、新規で受け取る人
預入期間:1年定期
適用金利:店頭金利+年0.05%
預入金額:900万円まで

この年金定期プライムプラスは、年金定期預金とほぼ同一です。違いとしては、預け入れ金額が100万円を超過して多額になると、プライムプラスが適用になるという事です。


年輪定期Ⅰ・Ⅱの詳細


年輪定期Ⅰの対象:公的年金を受取り予定の満55歳以上、満65歳未満の人
年輪定期Ⅱの対象:公的年金を受取っている人
預入期間:1年
適用金利:店頭金利+年0.1%(年輪定期Ⅰ)、+年0.15%(年輪定期Ⅱ)
預入金額:30万円以上 300万円以内
対象の資金:新たな資金が対象





年金受取予約定期預金「アクティブライフ応援団プラス」の詳細


年金受取予約定期預金「アクティブライフ応援団プラス」

対象:旧八千代銀行の店舗で公的年金の受け取り予約をした、満55歳以上満65歳未満の人
預入期間:1年定期
適用金利:店頭金利+年0.1%
預入金額:30万円以上300万円以内


こんな年金定期よりも、もっと有利な定期預金に預けよう!


これらの年金定期預金は、いずれも1年物の定期預金の金利が、最大で0.15%になります。しかし当サイトで紹介する高金利の銀行では、わざわざ「年金定期」などを選ばずとも、以下のような金利の定期預金が年齢を問わず、用意されています。

SBJ銀行の1年物の定期預金の金利は0.4%(キャンペーン金利)
あおぞら銀行の1年物の定期預金の金利は0.25%(期間限定の金利)

きらぼし銀行の定期預金


したがって、中途半端にきらぼし銀行の年金定期預金に預けるくらいなら、2倍以上の金利となるSBJ銀行やあおぞら銀行の高金利定期預金を使うほうが、よほどメリットがあります。

相続定期預金の金利も、0.1%では何ら魅力を感じない

きらぼし銀行では、退職金定期預金・年金定期預金だけでなく、相続定期預金のラインナップも無駄に充実しています。しかし、これらはいずれも、優遇されたとしても年利0.1%の定期預金となり、正直、魅力はありません。

これらの相続定期預金は預け入れの上限がないので、まとまった資金であれば魅力的に映るかもしれません。

しかしながら、例えばあおぞら銀行であれば、50万円以上の預け入れで、常に金利が0.25%となります。相続定期預金の2.5倍の金利のあおぞら銀行を利用した方が、絶対にお得です。


相続定期預金の詳細


きらぼし銀行の相続定期預金

対象:相続手続き完了後6ヵ月以内の個人
預入期間:1年
適用金利:店頭金利+年0.1%
預入金額:上限なし


相続定期預金「つなぐまごころ」の詳細


相続定期預金「つなぐまごころ」

対象:相続手続き完了後6ヵ月以内で、相続した資金を原資とする個人
預入期間:1年
適用金利:店頭金利+年0.1%
預入金額:100万円以上3000万円以内

定期預金と投資信託がセットになった商品には、決して手を出すな

新たに誕生したきらぼし銀行の定期預金を上記までざっと眺めてみると、明確に言える事があります。それは、金を持っている年配者をターゲットにした銀行だ、という事です。

若い世代が活用するようなインターネットバンキングには何ら金利の優遇はせず、退職したり年金をもらって懐に金を貯め込んだ連中を食い物にする考えなのでしょう。

彼らを狙えば、高額なコストを徴収できる資産運用商品を容易く売ることができます。投資が嫌だという奴には、「安心」の保険などを売りつける事も可能です。そのようにして、弱者連合で合併して誕生したきらぼし銀行としては、収益力の向上を図りたいのだと思います。

そして、きらぼし銀行の「体質」がよく分かるような商品が、これです。他行でも、やっていることころはやっている、定期預金と投資信託の抱き合わせ販売です。

きらぼし銀行の資産運用プラン


そして、このセット商品で推奨される投資信託も、詐欺まがいと表現してもよいような商品ばかりです。銀行の販売する投資信託で不明な点があれば、ぜひ当サイトのQ&Aコーナーからご質問ください。あなたに代わって、管理人が問題点をあぶり出しますので。

その他の東京都の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

東京都の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。一般の銀行とネット銀行を掲載しています。


●一般の銀行(ネット専業銀行はその下に記載)
半年 1年 3年 5年
三菱UFJ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
みずほ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
三井住友銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
りそな銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
きらぼし銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
東日本銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(東日本銀行お江戸日本橋支店) 0.02% 0.03% 0.02% 0.02%
東京スター銀行
(上段は100万未満、
下段は100万円以上)
0.1%
0.1%
0.025%
0.03%
0.025%
0.03%
0.025%
0.025%
キャンペーンバナー
SBJ銀行
(上段は100万まで、
下段は100万円超)
0.1%
(1週間)
0.4% 0.45%
(2年)
0.3%
0.1%
(1週間)
0.25% 0.25% 0.3%
キャンペーンバナー
新生銀行
0.3%
(3か月)
0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
あおぞら銀行
0.15% 0.2% 0.15% 0.15%
三菱UFJ信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
三井住友信託銀行
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.12%
0.22%

(2年)
0.01%
0.17%
0.27%
みずほ信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
野村信託銀行 0.06% 0.1% 0.1% -
SMBC信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% -
KEBハナ銀行
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
0.03%
0.04%
0.05%
0.07%
0.12%
0.20%
- -
キャンペーンバナー
芝信用金庫
0.01% 0.16% 0.01% 0.01%
東京シティ信用金庫 不明 不明 不明 不明
西武信用金庫
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.01% 0.01% 0.025% 0.035%
0.045%
キャンペーンバナー
小松川信用金庫
0.01% 0.01% 0.21% 0.21%
朝日信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(朝日信用金庫インターネット)
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.035%
0.05%
0.035%
0.05%
- -
キャンペーンバナー
朝日信用金庫東京下町ネット支店
0.3% 0.1% - -
城南信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
ハナ信用組合
- 0.3% 0.4%
(2年)
-
キャンペーンバナー
あすか信用組合
- 0.25% 0.3%
(2年)
-
東京消防信用組合 0.015% 0.015% 0.015% 0.015%
東京都民銀行八千代銀行新銀行東京は合併してきらぼし銀行になりました・

ネット専業銀行
半年 1年 3年 5年
キャンペーンバナー
住信SBIネット銀行
0.2% 0.2% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
ソニー銀行
0.15% 0.15% 0.15%
(2年)
0.02%
キャンペーンバナー
楽天銀行
0.11%
(3ヶ月)
0.17%
(2年)
0.1% 0.1%
2週間と2年物以外は、楽天マネーブリッジの金利です。
キャンペーンバナー
イオン銀行
0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
年会費無料のクレジットカード、イオンカードセレクト会員限定の普通預金金利です(定期預金よりも高い金利)。
イオンカード入会などで6000円分のプレゼント実施中
セブン銀行 0.015% 0.02% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
じぶん銀行
0.5%
(3ヶ月)
0.2% 0.03% 0.03%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
大和ネクスト銀行 0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
キャンペーンバナー
オリックス銀行
0.08% 0.15% 0.2% 0.2%
100万円からの預け入れになります。