小松川信用金庫を使うなら、キャンペーンと裏技の二本立てで

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>小松川信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

小松川信用金庫の定期預金と、その他の圧倒的に有利な取引方法について


小松川信用金庫の定期預金「スタート」の、金利0.2%は魅力的だが・・・

東京都江戸川区に本店がある小松川信用金庫では、定期預金「スタート」の取り扱いを実施中です。

金利店頭金利+年0.20%
預入期間:2年・3年・4年・5年
預入方法:一括
預入金額:10万円以上1000万円未満
預入単位:1円単位
払戻方法:満期日以降に一括
募集期間:平成30年3月30日 まで
対象:小松川信用金庫と新たに取引する個人や法人

小松川信用金庫の定期預金「スタート」


地味に定期預金の「スタート」の募集をしていますが、対象者は純粋に新規のみとしており、同一世帯の家族取引があると対象外としています。

「そこまで対象者を限定する必要があるのか?」と疑問に感じてしましまいますね。店頭金利+0.2%の金利は高金利と言えますが、全国的にみれば、もっと有利な銀行はあります。SBJ銀行などの方が比較にならないほど有利なので、並行して検討されると良いでしょう


小松川信用金庫の公式HP





定期積金(積み立て定期)の「スタート」もあります


今回の「スタート」には、積み立て定期預金である「積金」もあります。積金は全国的に見ても高金利の銀行はほとんどないので、これは明確にメリットがあるなと感じます。私ならば、5年物の積金をやっても良いかなと思いました。

金利店頭金利+年0.20%
契約期間:2年・3年・4年・5年
掛込金額:1口座 1万円以上10万円以内(1000円単位)
掛込方法:毎月定めた日に振込
払戻方法:満期日以降に一括して給付契約金を支払う
対象:小松川信用金庫と新たに取引する個人や法人
募集期間:平成30年3月30日


ただしこちらも、同一世帯の家族取引があると対象外になるという、「面倒」な規定があります。 一人でも多くの人に「スタート」してもらうなら、対象条件は厳しくない方が良いと感じます。

小松川信用金庫にとって年0.2%の定期預金は本当に目玉商品で、「新規の人だけ特別ですよ」という事なのでしょうが、満期後に目ぼしい定期預金が無い場合は 活用する価値が薄くなりますね。

「こましんファミリー定期積金」もまずまずの良さだね

同じ積金でも、子供さんが3人いらっしゃる人ならば、ファミリー定期積み金にメリットがあります。店頭金利に0.3%を上乗せされるのならば、良好ですね。子育てでお金のやりくりは非常に大変ではありますが、なんとか頑張っていただければなと思います。

こましんファミリー定期積金


金利子供が1人・店頭金利+年0.10%、子供2人・+年0.20%、子供3人・+年0.30%
対象:契約時に満18歳以下の子供がいる個人
契約期間:3年、5年の2コース
掛込金額:1万円以上(千円単位)
掛込方法:普通預金からの自動振替m店頭での入金、ATMでの入金、得意先係訪問による集金


子供3人の人が5年コースで受け取る利息(金利0.31%)
月額掛け金 掛け金の総額 受け取る利息 税引き後の受け取り金額
1万円 60万円 4727円 60万3768円
3万円 180万円 14182円 181万1302円
5万円 300万円 23637円 301万8836円


ゆうちょ銀行で5万円預け入れ、同じ5年で受取れる利息はたったの762円ですから、メリットの高さがお分かり頂けると思います。

「プレ100周年定期預金・春」の募集が始まったものの、金利面では今一つ

平成30年11月11日に設立100周年を迎える、小松川信用金庫のプレ100周年定期預金の募集が始まったものの・・・、金利年0.110%~0.125%はあまり魅力が無いのが残念です。

前回の「プレ100周年定期預金・冬」に引き続き、「プレ100周年定期預金・春」も、積極的に活用する必要はないでしょう。来年の「プレ」ではない、正式な100周年記念定期預金がどの位の金利になるか期待したいです。

プレ100周年定期預金・春


金利1年物・年0.110%、3年物・年0.125%
対象:個人・法人で新規資金
預入金額:10万円以上1000万円未満(1円単位)
募集期間:平成30年3月30日

小松川信用金庫から一度、無料で資金を引き出す方法

まず最初に、小松川信用金庫から資金を引き出します。ただし、普通に小松川信用金庫から振り込みによって資金移動をすると、インターネットバンキングでさえも、なんと600円以上もの多額のコストがかかります。こんなコストをかけていては、絶対にダメです。

小松川信用金庫の振込手数料


方法としては、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使って、一度お金を外貨FX会社に移します。クイック入金の仕組みを使って、コストゼロで一瞬でお金がFX口座に移動します

次に、FX口座から出金指示を出します。翌日か翌々日には、自分であらかじめ指定した金融機関に、やはりコストゼロで資金が移ります。(別に外貨FXのトレードをする訳ではないので、一切お金が減る事はありません)

さらに次に、出金した銀行から再度、小松川信用金庫にお金を振り込みます。この時のやり方は2つあって、もう一度、外貨FX口座を使って資金を引き揚げた後に、出金先を小松川信用金庫に変更して、出金指示を出す方法が1つです。

ただしこの場合、「スタート」定期預金の対象になるのかハッキリしないので、FX口座からの出金は住信SBIネットバンクにしていただいて、住信SBIネットバンクであれば手数料無料で小松川信用金庫に振込できますから、安全を考えて、この手で行きましょう。

今回のこの方法、外貨FX口座を経由するという裏技を使えば、自分名義での多くの取引を、コストゼロで対処することができますので、覚えておくと良いですね。

参考までに管理人のワタクシ、海外留学中の息子に、自分名義のキャッシュカードを渡しておいて、外貨FX口座を経由して資金移動して、なんと海外に送金しているのと同じことをやっていました。こんなことまで一切無料でできるのですから、お得なやり方です。

なお、小松川信用金庫の店頭金利は、低すぎるのでスルーしましょう

小松川信用金庫を利用するときは、確実にキャンペーン金利を使いましょう。というのも、下記が小松川信用金庫の店頭金利なのですが、やはりこれでは低すぎて、お金が貯まりません。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


特にキャンペーンを実施していない時期ならば、あえてこのような金利を利用せずに、定期預金の鬼トップページより、金利の高い銀行を利用しましょう。

参考までに、小松川信用金庫の店頭金利などを使っているとどれだけの利息を取り逃がすのか、現時点で金利トップのSBJ銀行と具体的に比べてみましょうか。SBJ銀行で普通に預け入れることができる3年物定期0.25%との利息差がこちらです。


3年の受け取り利息の比較表(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)

預入金額 小松川信用金庫
(金利: 0.01%)
SBJ銀行
(金利:0.25%)
100万円 300円(239円) 7500円(5,976円)
300万円 900円(717円) 22,500円(17,929円)
500万円 1,500円(1,195円) 37,500円(29,882円)


小松川信用金庫のキャンペーン金利は新規のみとなっていますので、ほとんどの人が店頭金利で定期預金を続けているはずです。仮に500万円の資金であれば、SBJ銀行などの高金利銀行に変更するだけで、利息が3万円以上も増えます。銀行選びは、本当に大切です。

その他の東京都の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

東京都の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。一般の銀行とネット銀行を掲載しています。


●一般の銀行(ネット専業銀行はその下に記載)
半年 1年 3年 5年
三菱UFJ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
みずほ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
三井住友銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
りそな銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
東京都民銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
東日本銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(東日本銀行お江戸日本橋支店) 0.02% 0.03% 0.02% 0.02%
東京スター銀行
(上段は100万未満、
下段は100万円以上)
0.1%
0.1%
0.025%
0.03%
0.025%
0.03%
0.025%
0.025%
八千代銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
新銀行東京 - 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
SBJ銀行
(上段は100万まで、
下段は100万円超)
0.1%
(1週間)
0.2% 0.25% 0.3%
0.1%
(1週間)
0.15% 0.25% 0.3%
キャンペーンバナー
新生銀行
0.3%
(3か月)
0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
あおぞら銀行
0.15% 0.2% 0.15% 0.15%
三菱UFJ信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
三井住友信託銀行
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.01%
0.12%
0.22%

(2年)
0.01%
0.17%
0.27%
みずほ信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
野村信託銀行 0.06% 0.1% 0.1% -
SMBC信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% -
KEBハナ銀行
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
0.03%
0.04%
0.05%
0.07%
0.12%
0.20%
- -
キャンペーンバナー
芝信用金庫
0.01% 0.16% 0.01% 0.01%
東京シティ信用金庫 不明 0.025% 不明 不明
西武信用金庫
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.01% 0.01% 0.025% 0.035%
0.045%
キャンペーンバナー
小松川信用金庫
0.01% 0.11% 0.21% 0.21%
朝日信用金庫
(上段は店頭金利、
下段はWEBダイレクトの金利)
0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(朝日信用金庫インターネット)
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.035%
0.05%
0.035%
0.05%
- -
キャンペーンバナー
朝日信用金庫東京下町ネット支店
0.3% 0.1% - -
城南信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
ハナ信用組合
- 0.3% 0.4%
(2年)
-
キャンペーンバナー
あすか信用組合
- 0.3% 0.4%
(2年)
-
東京消防信用組合 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%

ネット専業銀行
半年 1年 3年 5年
住信SBIネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ソニー銀行 0.05% 0.05% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
楽天銀行
0.12% 0.1% 0.1% 0.1%
1年物以上は、楽天マネーブリッジの金利。
キャンペーンバナー
イオン銀行
0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
年会費無料のクレジットカード、イオンカードセレクト会員限定の普通預金金利です(定期預金よりも高い金利)。
イオンカード入会などで6000円分のプレゼント実施中
セブン銀行 0.015% 0.02% 0.02% 0.02%
じぶん銀行 0.03% 0.05% 0.03% 0.03%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
大和ネクスト銀行 0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
キャンペーンバナー
オリックス銀行
0.08% 0.15% 0.2% 0.2%
100万円からの預け入れになります。