みずほ銀行の口座開設キャンペーンの中身をチェック

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>みずほ銀行>口座開設キャンペーン


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

みずほ銀行の口座開設キャンペーンが酷すぎる件・・・


「みずほでNISA」キャッシュバックプランの現金に惑わされるな!

みずほでNISA」キャッシュバックプランの対象となる投資信託を購入すると、約定金額の1%相当額(最大1万円)がキャッシュバックとなり、大変お得に感じるかもしれません。なんとなく、定期預金の金利1%相当と思っちゃうかもですね。

「みずほでNISA」キャッシュバックプラン


このキャンペーン、選べるファンドが決まっており、「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」を選ぶと、購入時手数料:3.24%(税込)と、毎年の経費となる信託報酬:年率1.788%程度(税込)を払い続ける必要あります。

これはとてつもなく高コストです。管理人は投資信託には相当詳しいので言わせていただくと、この数字だけで大損していると言っても過言ではないレベルです。 お得なキャンペーンには必ず思惑がありますから、すぐに飛びつかないようにしたいものですね!!



「夏のスタート応援キャンペーン」は、あなたが銀行を応援するプランだ

みずほ銀行、さまざまなキャンペーンで資産運用商品を購入させようとしており、「夏のスタート応援キャンペーン」も、その一つです。

みずほ銀行「夏のスタート応援キャンペーン」


上記のように、利用するコースによって、貰える現金が変わってきます。悪い意味で注目すべきは、投信コースです。 運用スタートコースに比べて、10倍もの現金が貰えます。これをお得だと思ったあなたは、銀行のカモと言っても良いでしょう。

簡単に言うと、購入した投資信託の1%分を現金でキャッシュバックしてもらえるのですが、実際は3%近い購入手数料を支払って、毎年2%近くの信託報酬を支払い続けますからね。どんだけ損しているか分かりますか? 1000万円の投資信託を購入した場合、下記の通りとなります。

・貰える現金:+10万円
・支払う購入手数料:-30万円(3%の購入手数料時)
・1年間に払う経費:-20万円(2%の信託報酬)



合計40万円の損失、つまり1年目から40万円も損するという事です。本当に金融機関の甘い言葉、キャンペーンには裏がありますね!

退職金定期預金特別金利プランは、あなたのお金を狙っている!

定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺」でも特集を組んでいますが、下記のようなプランは抱き合わせの典型的商品です。

なんだか異常に高水準に見える定期預金の利率は、実は3か月定期預金に対してです。自動継続が必須ですから、4か月目以降はみずほ銀行の定期預金ページに記したとおりの超絶低金利に変わります。 ま、おそらくその頃には、定期預金の存在など忘れていると思いますけどね。

みずほマネープランセット退職金運用プラン


ちなみに、3か月定期預金を無理やり年率表示しているので、実際は上記の1/4程度になります。

年率7.0% ⇒ 預け入れ金額に対して1.75%の利率で利子
年率8.0% ⇒ 預け入れ金額に対して2.0%の利率で利子


上記でも結構な金利に見えるので、お得だと感じるかもしれませんね。しかし、1つ上の項で見て頂いた通り、実際に投資信託を購入する手数料や、毎年必要な経費(信託報酬)を計算すると、真実が見えてきます。対象の投資信託も、コストが高いものばかりですね。

ちなみに上記は退職者をカモにするようなプランですが、一般人をカモにするセット商品も用意されています。これも、銀行が一方的に絶対確実に得になるように設計されています。十二分に注意したいところです。

みずほマネープランセット

キャンペーンに騙されたかもしれないと思ったら、管理人までご連絡を!

以上、みずほ銀行の口座開設キャンペーンがけっこう酷い件をお伝えしました。至るところで、投資信託に誘導するような事を考えているようですが、投資信託などはネット証券を使えば低コストではるかに優良なファンドを買う事ができます。

ぜひ、ファイナンシャルリテラシーを高めていただいて、銀行側ではなくて、ご自身が得をするようなサービスを選べるようになって頂きたいと思います。

なお、みずほ銀行から上記のようなキャンペーンに誘われている、あるいは既に申し込んでしまったという人がおられたら、ぜひ当サイト管理人までお知らせください。投資信託や金融商品に一家言ある管理人が、そのキャンペーンをぶった切りたいと思います。


みずほ銀行の評価解説ページに戻る