以前は使う意義は有ったが、今は目立った利点の無いみずほ銀行インターネット支店

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>みずほ銀行>みずほインターネット支店


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

みずほインターネット支店にメリットあるの?


今のインターネット支店に金利の優遇は無し

みずほ銀行のみずほインターネット支店は、店舗や窓口を持たないインターネット専業支店です。各種取引は、みずほダイレクトを利用します。

それにしてもみずほ銀行のウェブサイトは非常に見づらくて、インターネット支店のページに辿り着くまでに四苦八苦してしまいました。本当に使って貰う気があるのでしょうか?

みずほ銀行インターネット支店の特徴


さて、みずほインターネット支店の定期預金金利です。かつては優遇金利が多少なりとも付いたのですが、今は店頭金利と同じ水準です。まったく使い物になりません。

経費を削減して、その分金利の優遇に反映して頂きたいのですが、日銀のマイナス金利政策には勝てないという事でしょうか。みずほインターネット支店の存在意義が、まったく分かりません。

店頭金利、インターネットバンキングでの定期預金、インターネット支店の定期預金、全てが同水準ですから、みずほ銀行自体に、あまり期待をしない方が良いのかもしれないですね。

預入金額 半年 1年 3年 5年 10年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


ただ、みずほ銀行が全く使えない金利だからと言って、諦めるのは早計です。東京地区においては、小規模な金融機関に、高い金利を提供しているところがいくつかあります。

管理人も利用しているところを含めて名前を挙げると、SBJ銀行芝信用金庫東京シティ信用金庫西武信用金庫ハナ信用組合あすか信用組合などに、顕著にメリットがありますので、定期預金元本保証で貯蓄を目指す人は、ぜひ利用すると良いでしょう。



インターネット支店の手数料水準にも、魅力がまったく無い

インターネット支店に期待したいのは、金利優遇だけでなく、振り込み手数料の無料化です。しかし、みずほダイレクトを利用するために、他行宛てだけでなく、みずほ銀行の本支店宛ての振り込みすら有料となっています。 (下記の図の赤枠の部分)

みずほダイレクトの振込手数料


みずほマイレージクラブに加入すると(上記の青枠の部分)、特定の条件を満たした場合のみ、無料です。月に数回は振り込み作業が発生すると思いますので、月4回の無料化のためには最低500万円の預金が必要で、正直、微妙です。

金利優遇も期待できないので、最初から振り込み手数料が無料化された銀行を選んだ方がマシです。


みずほ銀行の評価解説ページに戻る