定期預金よりも、銀行が儲かる商品を売りたがっている大分銀行

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>大分銀行>ネット赤レンガ支店


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

ネット赤レンガ支店は若干高金利だけど、お勧めできない理由


ネット赤レンガ支店の全体的な講評

ネット赤レンガ支店は、大分銀行で開設できる、窓口(店舗)を持たないインターネット専用の支店です。ネット専用の支店だけあって、口座開設がインターネット経由だけで完結するので、便利に始められます。

また本支店に定期預金を預け入れると、通常の定期預金よりも若干ですが、割増金利で利用する事が可能です。利率にして、0.01%~0.02%程度の上乗せ金利でしょうか。

正直なところ、この程度の上乗せ金利ではメリットがあるとは言いづらいです。大分銀行で利用できる通常の定期預金を使うぐらいならば、ネット赤レンガ支店の方がマシと言う程度ですね。

ただし、もう2年以上も新規の口座開設の受付を停止しており、しょうもない状態が続いています。


大分銀行ネット赤レンガ支店

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.02% 0.02% 0.02% 0.05%
300万円以上 0.02% 0.02% 0.02% 0.05%


大分銀行ネット赤レンガ支店の公式HP



ただ単に、もっと高金利な銀行を使えば良いだけの事

ところで、ネット赤レンガ支店の定期預金がイマイチな事を具体的に知るため、当サイトで紹介している高金利の銀行との比較をご覧ください。あり得ない金利差です・笑。

預入金額 半年 1年 3年 5年
ネット赤レンガ支店
(300万円未満)
0.02% 0.02% 0.02% 0.05%
SBJ銀行 0.05% 0.2% 0.25% 0.3%


参考に、預け入れた金額ごとに受け取れる利息の差も、計算してみました。マイナス金利時代はできるだけ長期間、高い金利で固定しておきたいところですので、5年物の預金で結果を算出しています。


●5年間で受け取れる利息の総額の違い(カッコ内は税引き後の利息)
定期預金金額 ネット赤レンガ支店の場合:0.05% SBJ銀行の場合:金利0.3%
100万円 2500円(1992円) 15000円(11952円)
300万円 7500円(5976円) 45000円(35858円)
500万円 12500円(9960円) 75000円(59763円)


500万円の預金をした場合だと、5年間で6万円以上もの利息差になります。本当に可能なかぎり高金利な銀行を選ばないと、利息で大損するという事ですね。

振込み手数料について

大分銀行の支店から、ネット赤レンガ支店への振込み(ただしインターネット経由)は、金額によらず手数料無料なのですが、他の本支店へ振り込む際に手数料が必要になる点を考慮すると正直、利用しづらいと感じます。

ネット赤レンガ支店に資金を集中させたい思惑でもあるのでしょうか? どうも不思議な手数料設定です。他行あての振り込み手数料も、かなり高額となっています。頑張って定期預金の利息を貯めたとしても、振込み手数料で全てチャラになってしまう可能性が大です。

ネット赤レンガ支店も含めた振込手数料


こんなバカバカしい手数料を絶対に支払いたくない場合は、他行あて振込手数料が無料になる銀行を利用すると同時に、定期預金金利を100%活かす裏技を併用して、銀行間で資金を移動する費用を完全にゼロにしてしまいましょう


サービスをトータルで考えると、正直言って利用価値はあまり無いでしょう。定期預金の金利も高い訳でもなく、預けた定期預金を他店舗や他銀行に移す際にも多額の手数料を取られる事を考えると、得られる利益(利息―手数料)が逆に減ってしまう事になります。日本全国を見渡せば、いくらでも利用価値のある銀行は存在しますから、幅広く検討をすべきかと思います。

その他の大分県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

大分県におけるその他の銀行の定期預金は、以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

半年 1年 3年 5年
大分銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%
大分銀行赤レンガ支店 0.02% 0.02% 0.02% 0.05%
豊和銀行 0.01% 0.03% 0.04% 0.06%
大分県信用組合 0.01% 0.01% 0.01% 0.03%