定期預金金利TOP ⇒ 定期預金のお役立ち情報集 ⇒ ペイオフでどうなる?




ペイオフで定期預金はどうなるのか??

ペイオフについて

テレビのニュースを見ていると「最近の株式投資の失敗でお金を数百万円損しました!!」との声が聞こえてきて、「俺は銀行にお金を預けているから絶対に大丈夫!!」と勘違いをしている人は、どれぐらいいますかね?




怪しげな金融商品に手を出さなければ、自分の大事なお金は問題ない!!と思っている人は、意外に多いと思いますが、実は銀行の預金は安全確実では無いのです。

ペイオフ解禁って言葉知っていますか? どんな意味があるか、まったく予想できないですよね。

実は、金融機関が破綻した場合に、今までは預金は全額保護されていたのですけど、これからは一定額の保護にしますよって事なのです。大変だぁ!!





定期預金の保護はどうなるの??

ペイオフ解禁で、全額預金保護から一定額の保護になると言いましたが、実は定期預金って昔から一定額しか保護されていなかったのですよ。これは意外な事実!!

んで、何が一定額の保護になるかというと、普通預金が対象になります。 定期預金は昔から一定額保護だから、あまり状況変わらないよ!!と思うでしょ?




これからは、普通預金+定期預金(定期性預金全般)の合計で、「元本の1,000万円+利息」までしか保護されないのです!!ただし、1金融機関あたりって事です。

ですから、もしも銀行に1000万円以上のお金を預けるのであれば、銀行自体を分散して預けた方が絶対に良いですよね!! 自分のお金は自分で守る事、これは鉄則です。



もしも預金保護以上の預金をしてしまったら・・・・

預金保護によって、「普通預金+定期預金の元本1,000万+利子が保護されます」と言いましたけど、ここで意外な落とし穴があります。




もしも、普通預金に700万円、定期預金に700万円の預金があったとすると普通預金の利息の保護が優先されるようです。

まぁ、失うかもしれない元本の金額が大きすぎるかもしれないので、利息なんて雀の涙の金額かもしれないですね。どちらにしろ、金融機関あたり合計で1,000万円以上の預け入れは決してしない事をお勧めしますね。


定期預金のお役立ち情報集トップに戻る


★金利10%に相当するキャンペーン
(弊サイトで実施中です)


お金が貯まる銀行口座


このページの先頭へ