定期預金で3か月などの短期で預け入れを繰り返す方法

定期預金の鬼トップ>Q&Aコーナー>3か月の定期預金を繰り返し利用


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

1000万円を運用したいが、投資信託がダメならば短期の定期を頻繁に使えば良いのか?


このページは、貯金を貯めたい人のための質問と回答のコーナーです。定期預金や投資が大好きな管理人が、皆様のお悩みを無料でご回答差し上げます

貯金やお金に関するご相談はこちらのお問い合わせフォームからどうぞ



頂いたご質問(2017年8月、福勝寺天狗さま、40代・女性)

1000万ほど運用したいのですが、定期+投信があまりよろしくないと書かれてました。実際、金利の高い3ヶ月できっぱり解約して、また他の銀行で同じように3ヶ月運用しそれを繰り返す事でそれなりに増やせると思うのですが....。ご意見をお伺いしたいのです。よろしくお願いします。



3か月ごとの定期預金の預け替えでも良いし、最初から高金利の定期を使っても良い

福勝寺天狗さま、ご質問をいただきまして、ありがとうございました。今回のご質問、お返事が簡単なようで意外と難しいです。というのも、投資の話が絡んできますので。投資に関して、最初にガッツリと申し上げますので、その部分も含めて、回答をご覧いただければと思います。



まず「定期預金+投資信託」の場合、自分の頭で投資の判断ができなくてはならない


まず、1000万円を運用したいとのことで、定期預金と投資信託の抱き合わせ商品に興味を持たれたようですが、投資の経験は有るのでしょうか? そこがポイントになります。

非常に厳しい事を申し上げますが、貯金はほとんど何も勉強(あるいは大した努力)をしなくても、誰でも簡単にできます。一方で投資は、相当程度の勉強(努力)をしない人は、ほぼ必ず大きく損を出して、相場の餌食になります

勉強というと、「だったら銀行に聞きに行けばいいでしょ」と勘違いする人が多いのですが、銀行員は株式相場などのプロではありません。単なる販売員です。彼らは投資家でもなんでもないので、全く分かっていません。

彼らが推奨してくる投資信託は、高コストで銀行が必ず儲かるものであって、投資信託を買う者の知識レベルやリスク許容度に合わせて最適化したものでは全くありません。そういう所で販売されている投資信託は、私から言わせると「ボッタクリ投資信託」と言うべきものです。

今回のような抱き合わせ商品を、りそな銀行の最新のものでチェックしてみましょう。下記、50万円の半分を定期預金に、残り半分を投資信託に充てる事にしましょう。投資信託などは徹底的に低コストのものを選ぶべきですが、あいにく「無料のものは対象外」と通告があります。

りそな銀行の投資信託と定期預金のセット販売


となると、ネット証券では手数料無料であるのが当然の世の中において、わざわざ銀行のために多額のコストを支払って買わなくてはならなくなります。彼らが推奨して来るのは、だいたい常に、販売ランキング上位のものばかりです。例えば下記。

りそな銀行で販売ランキング上位の投資信託


りそな銀行に行けば、「今売れ筋です」とか言って、必ず一度は推奨して来るのが、今ならフィデリティ・USハイ・イールド・ファンドでしょう(姉妹サイトで詳細解説)。

中身がボッタクリレベルのアクティブファンド(この用語が分からなかったら投資信託など買ってはなりません)であるだけで投資価値なしですが、仮にこれをネット証券で買い付けると、手数料は無料です(信託報酬がやたら高いので、とても買う気になりませんけども)。

それに対して全く同じファンドをりそな銀行で買い付けた場合、購入手数料はなんと3.24%もかかります! 25万円買い付けたら、本来はゼロになるところ、8100円も取られるのです!!

一方で定期預金の利息は3か月で5.5%(年率ですよ)ですから、3438円に過ぎません。という事は、目先の5.5%などという目くらましの超高金利を付けたとしても、倍以上の投信手数料のせいで差し引き4662円もの貴重なお金が失われることになるのです。

投資信託選びは、ランキングで売れているものを買うのは、愚の骨頂です。そもそもランキングなど、彼らが売りたい商品を強力に推奨するから、あのような順位になるのですから。金融機関の悪だくみに気が付かなくて、不勉強に言われるがままに、銀行の店頭で高コストの投資信託など買ってはなりません。

というような事を書いて、「何が何だかさっぱり分からない」と感じたら、全く投資をする状態には達していない証拠ですから、まずは投資の勉強を始めてください。

個人的には、確定拠出型年金(iDeCo・イデコ)を使った、超低コストで長期のインデックス投資をするのが、ごく普通の人にとっての最強の投資になると思います(私も実践しています)。



3か月ごとに預金を移し替えるのは面倒ではあるが・・・


上記のような事をせずに、少しでも金利の良好な銀行を探して貯金しておけば良い、となりますよね。ここでもし、福勝寺天狗さまが割とマメなタイプの人なのであれば、当面は3か月ごとに、超高金利の短期の定期預金を乗り換える技で対処するのも良いでしょう。

今ならば静岡銀行インターネット支店の半年0.5%に預け入れて半年間寝かせて、その後に資金を新生銀行に移動してスタートアップ円定期預金の3か月0.5%に預け入れて、さらにその後はじぶん銀行に資金を移して、デビュー応援プログラムの3か月0.5%に預け入れます。

この一連の流れで、税抜きで年間に5万円もの利息が付与されることになり、手間をかけただけの事はあります。ただし、資金を移動させるときに振り込みなどを安易にしてしまうと、振り込み手数料がその都度数百円かかりますから、資金移動は定期預金金利を極限まで高める裏技を駆使して頂いて、コストゼロで実行しましょう。



単に、金利の高い銀行を、最初から利用すればよい


しかしながら上記のような方法は、やはりマメでないとめんどくさく感じると思います。お金を増やす時に面倒だと感じるのは要注意で、結局何もやらないという怠惰な自分が心の奥底から声を上げてしまいます。

だったら最初から、ある程度金利の高い銀行にお金を放り込んでしまえば良い訳で、今ならばSBJ銀行の5年物0.3%に900万程度をメインで預け入れて、次点としてオリックス銀行の5年物0.25%に預け入れるというスタンスで良いと思います(預金保険制度の範囲内で預け入れ)。

高金利の定期預金


あるいは、当サイト管理人のように、特に抵抗が無ければ、韓国・北朝鮮系の超高金利定期預金に預け入れをしてしまうのも良いでしょう。(⇒地方銀行の定期預金ページ参照の事

国のマイナス金利政策によって、かつてないほどの低金利の時代になっていますから、管理人は、好き嫌いは言ってられないという感覚で預け入れをしています。お住まいの地域で高金利の銀行が無いかどうか、定期預金キャンペーン一覧もご覧いただきながら、金融機関選びをしてみてください。