りそな銀行の口座開設キャンペーンを利用する前に知っておきたい注意点

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>りそな銀行>口座開設キャンペーン


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

りそな銀行の口座開設キャンペーンには、危険な香りがする


資金運用プランは投資信託販売狙いのセット販売商品

りそな銀行は、いくつかの口座開設キャンペーンを実施中です。その中でもかなり気になるものをピックアップして、このページでご紹介します。

資産運用プランは、大概が爽やかな雰囲気でワクワクするような将来を想像させるものですが、実際に蓋を開けると高額な手数料が必要な投資信託を購入させられて、オシマイです。

りそな銀行の資産運用プラン


以前チェックした時に比べて、新規コースの円定期預金部分の利率がアップしています(5%から5.5%にUp)。通常の定期預金金利が低下する状況下で、抱き合わせ商品の定期預金金利をUpするあたりに銀行側の腹黒さを感じます。そこまでして、この抱き合わせ商品を売りたいのかと。



退職金きちんと運用プランに騙されるな!

こんな商品に手を出してしまうと、「退職して笑顔では無く、ため息が増えたね」と奥様に言われる事でしょう。本プランをじっくりと眺めてみると、投資商品運用コースと円定期預金コースの2コースの選択が可能です。順番に見ていきましょう。

りそな銀行の退職金きちんと運用プラン



投資商品運用コース


下記は、冒頭にも記した通りの、銀行お得意の定期預金と投資信託のセット販売商品です。定期預金の真の利率は1.5%です(6.0%×3か月/12か月)。

この程度であれば、投資信託の購入手数料と毎年必要になる信託報酬で、購入初年度から大損する事になります。今どき投資信託なんて、ネット証券を使えば購入手数料無料が当たり前です。

りそな銀行の投資商品運用コース



円定期預金コース


本プランの定期預金の利率も、マヤカシです。例えば年率1.5%の3か月定期預金の、真の利率は0.75%です。このプランは、あなたが強靭な精神力をお持ちであれば、選んでも良いと思います。

なぜなら、下記にも記載ありますが「資産運用に関するお考え」に答えているうちに、巧みな銀行員の話術によって、帰宅する頃には投資信託を数百万円分は買っている可能性も大だからです。

資産運用をやりたいのであれば、まずは自分自身で最低限の知識を勉強するべきです。というか、銀行などで買うととんでもなく高額の手数料を取られますので、ネット証券で買ってください。


りそな銀行の円定期預金コース

りそなグループ・NISAキャンペーンの景品に目を奪われるな!

投資信託関連のキャンペーンが多いのは、それだけ銀行側に大きなメリットがあるからです。NISA口座開設も同様ですね。現金の3000円をキャッシュバックして貰うには30万円以上の投資信託の購入が必要です。 30万円の3000円であれば、利率は1%。

1%の現金が戻ってきますが、3%程度の手数料を支払い、毎年2%程度の維持費(信託報酬)を払うとなれば、損失確定のようなもの。投資信託なんて、簡単に儲かりませんからね。大人しく定期預金にお金を預けておくべきです。

りそな銀行のNISA・ジュニアNISAスタートプラン


以上、りそな銀行の口座開設キャンペーン関連の記事でした。ほとんどすべて、投資信託に無理矢理誘導しているのが分かったと思います。

銀行はこういった金融商品を売るときに、かなりガッポリと手数料を徴収します。しかし投資関連商品を買うならば、ネット証券の利用で手数料は無料になります。

このコスト差はとてつもなく大きいですから、定期預金に預ける感覚で、銀行で金融商品は買わないでほうが良いです。他に方法が無いかどうか、思いとどまって考えたほうが身のためです。



りそな銀行に関連するページ


りそな銀行の定期預金金利をチェック

りそな銀行のマイゲートとは使えるサービスか?

りそな銀行ポイント「りそなクラブ」申し込み前に確認する点

りそな銀行の口座開設キャンペーンに注意

埼玉りそな銀行の定期預金金利をチェック

近畿大阪銀行の定期預金金利をチェック