りそな銀行のマイゲートの評価・解説

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>りそな銀行>マイゲート


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

りそな銀行マイゲートとは?サービスの中身を徹底評価


埼玉りそな銀行は使える銀行か?・・・店頭金利をまずは見よ

りそな銀行が提供しているインターネットバンキングサービス「マイゲート」。基本的には、他の銀行と同じようなサービス内容のようです。(りそなグループの埼玉りそな銀行近畿大阪銀行も同じサービスを利用可能)

2014年の4月に「りそなダイレクト」が進化してマイゲートに変わったようですが、定期預金の金利水準や振込手数料など、私たちが一番気にしている点がどのように改善されたのかがポイントです。
りそな銀行のマイゲート


結果をまず先に書くと、マイゲートの定期預金の金利水準は残念ながら、下記のように店頭金利と同水準であり、特に優遇された金利にはなっていません。非常に残念に思います。

3年以上の定期預金は複利型を選択可能です。他の銀行と同様の対応ですね。また定期預金を担保として最大200万円まで(定期預金残高の90%まで)、借り入れが可能です。

それにしても、旧りそなダイレクト時代は上乗せ金利が有ったように記憶しているので、マイゲートの金利にはガッカリですね。

預入金額 半年 1年 3年 5年
金額の区別なし 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%



マイゲートの振込手数料はどのくらい?

マイゲートの振込手数料(2016年10月時点)を再びチェックしたところ、手数料の改悪が行われたようです。りそなグループの本支店あて振込手数料が無料となる点は、変更なし。

しかし、他行あての振り込みが100円から216円に2倍以上の水準に跳ね上がっています。振り込み手数料、馬鹿にできないですからね。振込手数料が無料になる銀行を選んだ方が良いと感じました。

マイゲートの振込手数料


なお、りそなクラブのステータスがダイヤモンドになれば無料化されますが、かなり敷居が高いです。ステータスを「ダイヤモンド」にするには多額のポイントが必要なため、現実的とは言えません。

マイゲートのステータスごとの振込手数料

マイゲートとは、結局使えるのか?

マイゲートでメリットがあるかなと思う点は、何と言ってもりそなグループの本支店あて振込手数料が無料という点です。ただし、一番必要だと感じる他行あての振込手数料がサービス改悪で料金アップの上に、無料化する敷居が高い点を考慮すると「扱いづらいな」との判断になります。

支店内の振込手数料なんてネット銀行なら当然無料ですからね。やはり庶民が本当に必要としている事は何なのか、メガバンクさんも考えて頂きたいものです。自分自身が納得するサービスを提供してくれる銀行をしっかりと選ぶべきですね。



りそな銀行に関連するページ


りそな銀行の定期預金金利をチェック

りそな銀行のマイゲートとは使えるサービスか?

りそな銀行ポイント「りそなクラブ」申し込み前に確認する点

りそな銀行の口座開設キャンペーンに注意

埼玉りそな銀行の定期預金金利をチェック

近畿大阪銀行の定期預金金利をチェック