ペイオフの対象になるので、安心感のあるSBJ銀行

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>SBJ銀行>SBJ銀行のリスク・ペイオフ


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

SBJ銀行のリスク・ペイオフの対象なのか?


まず、SBJ銀行は、ペイオフの対象なのか?

SBJ銀行とは、韓国資本の銀行で、Shinhan Bank Japan、略してSBJです。外資系の銀行になりますから、こちらの記事にあるように、いくら金利が良くても、破たんして預金が戻ってこなくなったら元も子もありませんよね。この銀行に、ペイオフが適用されるのか?

結論から言うと、預金保険機構のペイオフの対象になり、ペイオフは適用されます。


預金保険機構に記載されたSBJ銀行


SBJ銀行に預け入れたお金、私たちの利用するサービスでいうと普通預金や定期預金に関しては1000万円までの金額とその利息が、きちんと国により保護されますので、ペイオフに関する心配は皆無です

SBJ銀行の口座開設はコチラから可能です



SBJ銀行のリスクには、どんなものがあるのか?

格付けチェック


ではSBJ銀行に、破たんリスクはあるのでしょうか? 仮に破たんしても、上述したように預金が戻ってくるので、基本的に心配することはありませんが、やはりなんとなく気になるという事で、日本で格付けを行っている期間の格付け情報をチェックしてみました。




結論から言うと、破たん可能性は低いです。上の図を見るとBBBプラスで、安定的となっています。BBBの格付けは、信頼できるとされる中では最も低いものですが、過度に心配する必要はないでしょう。

例えば上記では池田泉州銀行がBBBですし、それ以外の日本の銀行で、数多くのBBBの銀行があります。BBBで倒産するようなことがあるとしたら、軒並み他の銀行もバタバタ倒れる時である可能性が高いです。



撤退するリスク


外資系銀行ですし、韓国の銀行ですから今以上に日韓関係が悪化したら、撤退するのではないか?と考える人もいるかもしれません。もちろん撤退されたとしても、預金を持ち逃げされることはありませんから、何の不安もありません・笑。

で、その撤退可能性ですが、現在のSBJ銀行の規模を見てみると、国内の預金残高が4500億円程度で、富山銀行を上回るくらい、日本の国内では下から数えたほうが早いくらいです。

ただし、全国に展開する信用金庫の中堅どころの預金残高と同程度であり、そのようなところが急に店をたたんでしまう事は、一般的には考えにくい事です。

実際SBJ銀行は2012年度以降、住宅ローンの取り扱いに非常に熱心で、住宅ローンは最長35年の長きにわたって融資を回収してゆくビジネスですから、そう簡単に撤収しようと思っても、できるわけがないのです。



SBJ銀行は韓国だから嫌だというリスク


そんなリスクが存在するのか分かりませんが・笑、ネット右翼から攻撃されるリスクはありますね。・・・いや、そんなリスクは無いか・笑。

知人で、「韓国系だから口座を持つなんて考えられない」と、ただの感情をむき出しでSBJ銀行を最初から排除している人がいますが、管理人は個人の資産形成と日韓関係は何の関係もないと考えているので、金利やサービスが良ければ、どこの銀行でもオッケーです。

それに、SBJ銀行のエレベーターを利用した時の行員さんの対応が非常に良かったので、韓国とかそういう国家レベルではなくて、一人の人間レベルで、けっこう好感を持っています。

SBJ銀行の口座開設はコチラから可能です



SBJ銀行関連コンテンツ(あわせてご覧ください


高金利!SBJ銀行の評価と解説
SBJ銀行ってどう?口座開設してきた体験談
SBJ銀行の振込手数料&ATM無料は美味しすぎる
SBJ銀行のリスク・ペイオフの対象になるのか?