定期預金金利TOP ⇒ 住信SBIネット銀行 ⇒ 住信SBIネット銀行の口座開設の流れ




住信SBIネット銀行の口座開設の流れ


初めてネットバンクのサービスを利用する方は、ちょっと戸惑う事があるかもしれませんね。そんな事がないよう、当サイトでは、口座開設の流れと、口座開設の際にポイントとなる点を解説しています。



口座開設の流れを解説

ステップ1:住信SBIネット銀行の口座開設

まず、コチラの画面から住信SBIネット銀行の公式サイトをクリックして立ち上げて頂いて、下記の赤いボタンをクリック、申し込み画面に進みます。




                 


クリックすると、次のような2つの入り口に分かれます。住信SBIネット銀行の関連会社のSBI証券口座を保有している人は左側、証券口座を持っていない人は右側をクリックしてください



                  


次の画面では、ネットでの口座開設申し込みか、郵送での申し込みかを選べます。ネットで口座開設すると、即日でログインできるので、ここではオンライン口座開設を選びます



                   


で、「お申し込み手続きに進む」をクリックして、手続きを進めてください。手続きと言っても、

@各種事項に同意して、住所等の入力
A初期設定



のたったの二点で完了となります。なお、住所の入力の際は、住民票のある住所が必須です。後日、キャッシュカードが送られてきて、セブン銀行などのATMで自在に入出金や振り込みができるようになります。

SBI証券口座、SBIハイブリッド預金、預り金自動スィープサービスを同時に申し込むか?

初めての方で戸惑うところが、この部分だと思います。上記の流れで進んでゆくと、住所入力画面の下の方に、このような部分が表示されます。




銀行口座開設なのに、SBI証券?? 株なんてやらないし!
「SBIハイブリッド預金???」 「自動スイーブサービス???


よく分からないよ〜〜と感じた方は、「申し込まない」を選んでいただいた方がスムーズかと思います。上記は、住信SBIネット銀行を日常的に使うようになってからで十分です

ただし上記のサービスを申し込むと、普通預金の金利が実質的に非常に高くなります。普通預金なので、そこまで細かく金利を求めない方であれば、申し込まなくてもOKです。



口座開設までの時間

オンライン申し込みをした場合、すぐに口座開設となって、ログインは出来るようになります。ログインの際の初期設定は、次の動画解説をご覧ください。




なお、キャッシュカードの到着までは、およそ1週間かかります。キャッシュカードは本人限定受け取り郵便で到着しますので、それを受け取らないと、いつまでたってもATMの利用ができませんので、注意してください。



口座開設に印鑑は必要ないのか?

ネット銀行は預金通帳がありませんので、印鑑の届け出も不要です。一般の店舗型銀行では、口座開設をする際に、各種の書類に届け出印をたくさん押させられますが、ネット銀行はそのような事は不要です。

ただし、ログインパスワードを忘れて住信SBIネット銀行に照会する時は、銀行側から送られてくる書類に必要事項を記入し、実印で捺印して、印鑑証明書を添付する必要があります。

また、住信SBIネット銀行の法人口座については、代表取締役印の届け出が必要となります。



住信SBIネット銀行の口座開設

口座開設は、下記リンクより可能です。

住信SBIネット銀行の公式サイトはコチラ




関連コンテンツ

住信SBIネット銀行のキャンペーン

住信SBIネット銀行の口座開設の流れ

住信SBIネット銀行をおすすめするべきか悩む

住信SBIネット銀行/審査と無職の人の対応

住信SBIネット銀行の金利

住信SBIネット銀行の仕組み預金

住信SBIネット銀行の仕組み預金・預け入れ体験談

住信SBIネット銀行・ネットローンの金利

住信SBIネット銀行の口座維持手数料

住信SBIネット銀行の法人口座

日本一長い名前の銀行はどこ??



★金利10%に相当するキャンペーン
(弊サイトで実施中です)


お金が貯まる銀行口座


このページの先頭へ