三菱UFJ信託銀行の退職者専用プラン・ラップシリーズの利用価値について検討

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>三菱UFJ信託銀行>退職者専用ラップシリーズ


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

三菱UFJ信託銀行の、退職者専用ラップシリーズには気をつけろ


退職者専用ラップシリーズを積極的に販売する本当の理由は?

退職後に気になること・・・それは(有ればの話しですが)多額の資産を有効活用して、生活の満足度を更に上げる事でしょうか。もちろん銀行側も、そのような心理につけこんで、様々なサービスを提供してきます。

その中の一つとして、三菱UFJ信託銀行が提供している「退職者専用プラン・ラップシリーズ」について解説するとともに、本当にこんなの利用していいのかと問いたいと思います。

三菱UFJ信託銀行の退職者専用プランラップシリーズ


メガバンクの一角を占める三井住友銀行が、預金金利を0.001%に改定したニュースは世間を賑わせていますが、そのような状況で上記のような瞬間風速的な超高金利を見ると、メチャメチャ魅力的に感じるのでしょう。はたして本当にお得なサービスなのか、しっかりとチェックして参ります。



銀行側は、収益性の高い金融商品を買ってもらいたくてたまらない

退職者専用ラップシリーズを利用すると、ラップシリーズプラン50であれば、資金の半分以上をリスクのある金融商品にさらす事になります。投資信託や、三菱UFJ信託ファンドラップ、プライベートアカウントなど高額の手数料が必要になる上に、かなりの確率で損失を出す羽目になりかねません。


対象となる投資信託が、まず酷すぎる


例えば三菱UFJ信託銀行が推奨している投資信託のランキングを見ると、投資価値の全く無い、毎月分配型投資信託が上位に並んでいます。これは酷すぎるといってよいでしょう。

三菱UFJ信託銀行の投資信託


なぜ、上記のファンドに価値が無いのか。分からないのであれば、投資してはなりません。理由は、銀行に支払うコストが非常に多額な上に、我々の資産を運用益のように見せかけて分配している詐欺まがいな商品ばかりだからなのです。(詳細は下記、姉妹サイトをご覧ください)

参考投資信託の虎 ~初心者が気を付けたい投資信託~



三菱UFJ信託ファンドラップなんてのも、アテにならない


三菱UFJ信託ファンドラップなら価値があるのか?となりますが、こちらも残念ながら投資に値するサービスではない状況と推測できます。

三菱UFJ信託銀行のラップシリーズ


なぜこのようなサービスがイケてないのか、詳細は、ぜひとも下記姉妹サイトに掲載したコンテンツを熟読頂きたいです。世の中の「ラップ」といわれる商品などには決して近づくべきではないと思いますが、それでも興味あるならば、もう勝手にどうぞというしかないですね・笑。

参考ラップ口座の特集記事
参考のむラップ・ファンドの評判
参考みずほラップファンド(愛称:Mラップ)を止めて、ETFを使った賢明な投資


そもそも、定期預金いっさいのリスクが皆無な商品なのに対して、ラップシリーズの投資信託などはリスクの高いものばかりです。安全に運用したい人に対して、退職者専用ラップシリーズなどを紹介するのであれば、三菱UFJ信託銀行の販売姿勢は大いに問題でしょう。

退職するまでお金になど全く関心が無かったような人たちは、特に注意です。こういう人にこそ、銀行側は狙いを定めて、落としにかかります。

運用に失敗した時の損失を計算してみたら、想像を絶する結果に悶絶・・・

では実際、運用したものの、相場が暴落してしまって損失を出してしまったケースをお見せしましょう。もちろんリスクとリターンは表裏一体なので、上手く行った場合も同時にお見せします。

加えて、当サイトでご紹介するような高金利な銀行を使って安全に運用した場合で、運用シミュレーションを考えてみる事にしましょう。(ここではSBJ銀行の5年もの0.55%を採用))

三菱UFJ信託銀行・退職者専用ラップシリーズで利用するリスク商品は、ランキング1位のフィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)に500万円投資、残りは瞬間風速的な金利を提供している定期預金に預け入れた場合です(期間は5年間)。計算結果とグラフは下記の通りです。

退職者専用ラップシリーズと、定期預金のみを利用していた場合の資産の増減の比較


運用が成功した場合は、リスク資産の部分が5割増えたと仮定しています。これなら、超ハッピーな気持ちになる事は間違いないでしょう。ですが、相場が大暴落して投資信託の価値が半分にでもなったら、トータル1000万円の資金が700万円台にまで、目べりする事になります

無リスク資産である定期預金に預け入れていたら、確実に30万円程度の利益が得られたのに、かなりの確率で300万円近くの損失を出す可能性がある金融商品に手を出そうとしている現実に、目を向けるべきだと思います。

だいたい、退職金が出たからといって、ロクに勉強もせず、こんなぼったくりに近いプランに大金を任せっきりにして良いのでしょうか?

大切な資金を失った後では、後悔してもお金は戻ってきません。銀行に怒鳴り込んでも、自己責任の世界ですから、保証などされる訳もありません。今一度、本当に利用する価値のあるサービスなのか、ご自身の頭で、しっかりと考えて頂きたいと思います。

なお、どうしても判断がつかない場合は、当サイトの貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにでもご相談下さい。あなたにも銀行にも、何の利害関係も無い管理人が、スパッと答えますゆえ。