宝くじは、売り場で当たると思っているバカで5時間行列

定期預金の鬼トップ>宝くじ売り場の行列


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

宝くじが売り場で当たると思っている奴は、算数やり直して出直して来い


宝くじ売り場で5時間も並ぶのは、狂気の沙汰

先日、知人女性と会話して、クソ暑い真夏の陽気が、余計にしんどくなるような話をしてしまいました。

知人「あのさ~、宝くじってやる? こないだね、浅草橋の宝くじ売り場で有名な人がいてね、ひでじいって人なんだけど、すっごく当たるんだって。だから友達と買いに行ってきた!」

「ひでじい? 知らないなあ。で、どうだったの?」

知人「いや~、それがさあ、行ってみたら5時間待ちの行列ができててね、さすがに行列を5時間も待っていられないって話になって、近くの別の売り場に行って、そこもね、凄い並んでいるんだけどさ、1時間待ちだからそこに並んで買ってきた!」

「マジ!!?? ディズニーランド以外の行列はマジ勘弁。ていうか、ひでじいって有名なのね。。。」

宝くじ売り場の行列


知人「でね、宝くじって、どうやったらよく当たるようになるのかな?? 知ってたら教えてよ」

「うーん、・・・・あのさ、宝くじって、たんなる番号だけでしょ? なら、どの売り場で買っても、変わらないじゃん」

知人「えー!でもさ、よく当たる売り場って、実際に有るじゃない」

「うーん、そりゃーよく当たる売り場は良く枚数が出るから、それだけ当選する可能性は上がるわな。というかさ、競馬とかパチンコはプロの方がいるように、やりようによっては儲かる人がいることは確か。 だけどね、宝くじってのは数字だけの世界だから、単純に確率勝負なわけよ。いいかい?ジャンボ 宝くじの1等の当選確率は、何百分の1なのさ。それって数字のお遊びであって、確率の話からすると、絶対に絶対に当たらないといっても良いような数字な の。それを当てようとするなんてのは、ハッキリ言ってアホだわ。

そんなところに5時間も並んでいるなんて、バカの中のバカ。頭がイカレテいるとしか思えないね。5時間マックでバイトすれば、5,000円の給料もらえるし、宝くじを仮に30枚買わないで済んだとしたら9000円の節約になる。あわせて1万4000円の得になるでしょうが

知人「は??? あんたさ、人生で何か楽しみってあるの??」

「・・・・・」


 どうでしょうか?この会話。ほぼ忠実に再現しています。お互いに日本語は分かりあっているけれども、まったく意思の疎通ができていませんよね。 志の輔の、みどりの窓口って落語の世界そのものですよ、これは。

よいですか??ハッキリといいますが、宝くじは絶対に当選しません。実際に当選している人がいることは確かですが、確率的に、絶対に当たらないといってもいいレベルの数字なんです、数百分の一というのは。

もしもそれが分からないならば、小学1年生から高校卒業のところまでの数学の勉強をやり直してください。数学は難しいから嫌だと避けていると、社会に出てから数学のできる人(つまりお国や売っている企業などね)に、完全にバカにされるというかカモにされるというか、そんな話になるんです。

宝くじなんてアホなもの買うのではなくて、地道に貯金してください。年に2回、ジャンボ宝くじを夏冬30枚ずつ買う人は、年間1万8000円の貯蓄が可能です。

40年も貯金してたら、72万円にもなるんですよ。それを宝くじマニアは、売り手側にプレゼントしているって事です。こんなもったいないお金の使い方は無いですから、お金の教養をしっかりつけていただいて、騙されない平穏な生活を取り戻してください!


⇒参考:宝くじ付き定期預金完全比較(笑)
銀行との得するつきあい方に戻る