定期預金金利TOP ⇒ 定期預金のお役立ち情報集 ⇒ 定期の積立預金




定期預金を積立預金する方法

守りながら攻めるのが、積立預金

特に注意を払わなければ、お金という物は、知らない内にすり減ってしまう不思議な物体です。誰もが経験した事があると思います。

会社勤めの方には、財形貯蓄のような強制積立による預金方法が強い味方だと思いますが、実は定期預金でも、自動的に積み立てて預金する事が可能なのです!




普通預金よりも利率の高い定期預金で自動的に積み立てるという事は、まさに 「守りながら攻める」資産運用が出来る訳ですね!! 庶民の味方である、積立定期預金を賢く活用しましょう。





積立定期預金とは?

積立定期預金とは、普通預金から自動的に毎月一定額を定期預金に預け入れる金融商品の事ですね。自動的に定期預金になるなんて、神的な金融商品ではないでしょうか?

下手な投資信託の積立購入をするよりも、かなり真っ当な資産運用だと思います。 銀行にもよりますが、1000円から積立が可能であり、月毎の積立額の増額設定も可能な銀行も存在します。

ボーナス月には多めに定期預金に回して強制的に資金をロックすれば、無駄使いも無くなる一石二鳥的な仕組みですね。

なかなか長期的な大事なお金(例えば子供の教育費、旅行代金、住宅購入のための貯蓄)を貯められないよ〜!」という方にとっては、計画的に定期預金の良い利率で貯蓄が貯まっていく素晴らしい金融商品だと思います。



積立定期預金ができる銀行はどこ?

このような便利な積立式の定期預金を扱っているネット専業銀行は、実は多くありません。 何ででしょうね?? 管理人が知る範囲では、ソニー銀行楽天銀行の2行ではないでしょうか。

積立定期は非常に利用価値がある金融商品ですから、ぜひとも活用を検討すべきだと思います。



積立定期の簡単な仕組み

積立定期の簡単な仕組みを、楽天銀行を例に簡単に説明しましょう。 (金融機関毎に多少の差異がある可能性がありますので、ご自身でしっかりとご確認して頂きたいと思います。)




例えば、3か月定期預金を自動更新で積立定期をしたイメージが、上記のようになります。注意する必要があるのは、毎月の積み立て預金が一つの定期預金に合算されて扱われる訳ではない、という事ですね。

こういう仕組みが面倒なので、他の銀行では取り扱っていないのかもしれません。



定期預金のお役立ち情報集トップに戻る


★金利10%に相当するキャンペーン
(弊サイトで実施中です)


お金が貯まる銀行口座


このページの先頭へ