東京シティ信用金庫のシクラメン8倍型定期預金の評価と解説

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>東京シティ信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

東京シティ信用金庫のシクラメン8倍型定期預金って、どうなの?


金利0.2%なので、とても良いという訳ではないが悪くもない中立

東京シティ信用金庫は本店を東京中央区日本橋に所在し、営業区域は東京23区、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、小金井市、府中市、川口市、戸田市、三郷市、八潮市、草加市、朝霞市、和光市、さいたま市(旧浦和市)、市川市、浦安市、松戸市にあります。創立は昭和25年6月。

今回花シリーズ第8弾として「シクラメン店頭金利の8倍型定期預金」のキャンペーンをしています。パッと見ると店頭金利の8倍、いかにも豪華な感じですが、実態はどうなのでしょうか、さっそく調べてまいりしよう。

東京シティ信用金庫のシクラメン8倍型定期預金


東京シティ信金・シクラメン8倍型定期預金の公式PDF


対象:販売対象は法人、個人とも取扱いできます。全国の様々なキャンペーンが個人を対象としている中で、法人も任意団体も取扱いしてくれるのは嬉しい。
預入期間:1年
預入金額:10万円以上1,000万円以内
適用金利:店頭金利の8倍


東京シティ信用金庫の店頭金利をホームページ上で確認することができず、残念です。どうやら上乗せ後のシクラメン定期預金の金利は0.20%のようですね

一瞬0.20%の8倍で、1.6%が本当の金利かと勘違いし、興奮してしまいましたが、どうやら店頭金利は0.025%と、全国並みの低水準。1年で0.20%であれば、まあちょっとそんなに大喜びするほどではないですね。まずまずの金利と言えるかな。小喜び。

あえて東京シティ信用金庫からガッツリと預け入れる必要はなく、まずは全国対応の高金利定期預金を使っていただいて、それでも資金が余っている場合には、検討の対象になるくらいです。



東京シティ信用金庫の入出金手数料

金融機関を活用する上で入出金手数料は気をつけなければいけない基本ですが、なんと、東京シティ信用金庫のカードでも、お金の引き出しに平日18時以降は108円もかかり、日曜祝日に関しては引き出しだけでなく入金でさえ有料と、信じられない結果でした。

東京シティ信用金庫のATM入出金手数料


という事は、東京シティ信用金庫に定期預金のお金を入金するならば、必ず、住信SBIネット銀行を使って、手数料無料で振り込みをしましょう。

満期が到来した場合は定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使い(東京シティ信用金庫は裏技に対応する金融機関)、やはりコストゼロで、資金を引き上げる事が可能です。

以上が、東京シティ信用金庫のシクラメン8倍型定期預金の評価です。8倍の金利は一見、凄い数字と錯覚してしまいますが、店頭金利の8倍で0.20%なので、悪くもないが良くもなく、利用するかどうかの判断としては中立ですね。

あえて東京シティ信用金庫の定期預金にする必要はないでしよう。法人の取扱もOKな定期預金なので、融資等を検討している方は活用しても良いでしよう