今のところ一番使いやすい、三菱東京UFJ銀行発行のVISAデビットカード

定期預金の鬼トップ>三菱東京UFJ-VISAデビット


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

三菱東京UFJ-VISAデビットを徹底的に調べてみた


三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカード大調査、明らかに価値がある

三菱東京UFJ銀行は、デビットカードのサービス内容に関して、我ら庶民の方向を向いていると感じています。決して持ち上げて有利な発言をしている訳ではございません(笑) 。細部に超ウルサイ管理人が徹底的に調べあげた結果、価値ありと判断します。

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカード


管理人も利用中・ナンバーワンカードの三菱東京UFJ-VISAデビットの申し込みはこちら



デビットカードを日常的に使い倒すと、最高の威力を発揮する

デビットカードの主な目的は、お財布の代りです。三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードは、日常生活で使い倒す事で、最大限のメリットを発揮します。日常的にお財布代わりに利用すると、年間30万円以上は簡単に使うでしょう。(月平均2万5千円)。

そうなると利用金額に応じたキャッシュバックは0.3%です。年に1回の誕生月になると0.4%のキャッシュバックですから、低金利の利率に比べて大きな収入源になると思います。

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードのキャッシュバック率


また年会費についても、お財布代りに使い倒す事でお得な効果を発揮します。年間10万円以上の利用で、常に年間費が無料になります。日常生活で利用すると間違いなく乗り越える事が出来る金額ですから、ほぼ無料であると考えて良いかと思います。

:通常年会費 1,080円(消費税込み)で、初年度年会費無料、前年10万円以上利用で翌年年会費無料、23歳以下年会費無料です。)

お財布代りにしっかりと利用する事で、他の銀行が提供しているVISAデビットカードの中で一番有利なカードとなりますね。


三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードは、実質的に年会費無料


また、カードを利用する上で心配になる点は、不正利用や紛失時の補償内容です。メガバンクが提供しているだけあり、ショッピング保険と不正利用補償が充実しています。

ショッピング保険は、デビットカードによっては付随していない銀行もありますからね。お得です。 それぞれ年間100万円まで補償されますから、安心して利用して良いかと思います。

利用限度額も、簡単に変更可能だから使い過ぎる心配もない

利用限度額は、VISAデビット会員用Webや専用のコールセンターで簡単に変更可能です。下記のように日常生活で利用する事を想定すると、まったく問題が無い上限価格ですね。 どちらにしろ使い過ぎを強制的に防ぐ意味で、利用上限を低めに設定する事をお勧め致します。

利用限度額について


なお当座貸越サービスで、定期預金の90%もしくは最大200万円まで借り入れての利用も可能ですから、一時的に困った場合にも便利に利用できます。

ただし海外で利用する事を考えると、可もなく不可もなく程度

海外で利用する場合は、他のVISAデビットカードに比べて微妙な位置づけです。断トツ1位という訳では無いですね。

・海外緊急発行(紛失時)手数料(税込):10,800円
・現地通貨ATM引き出し手数料(税込):108円/1回
・海外取扱事務手数料(海外で利用した場合):手数料3.0%



一番の特徴は、海外緊急発行に対応している点でしょうか。楽天銀行のVISAデビットと三菱東京UFJ銀行以外は、海外緊急対応はしておらず、国内対応のみです。

さらに年間費が無料になる前提で考えると、10,800円は安いですね。これらの安全性を最優先で考えうと間違いなく断トツで1位です。

ですが、ショッピング時の手数料や海外ATM引き出し手数料のコスト面で考えてみると、他に劣る内容となっています。このあたりは、将来的な改善を期待したいところです。

結局、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードって利用価値あるの?

日常的に利用する前提で考えると、間違いなく利用メリットは有りです。年会費の無料化の敷居も低く、日常的なお買い物に活用する事で、キャッシュバックの利率もトップの利率に限りなく近づきます。

補償もしっかりしており、総じて万能なデビットカードと言えるでしょう。 利用して失敗する事のないデビットカードですね。管理人も保有したいと感じました。

管理人も発行した、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカード
(結局、2015年に三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードを発行して、現在利用しています)


ナンバーワンカードの三菱東京UFJ-VISAデビットの申し込みはこちら


銀行との得するつきあい方に戻る