横浜中央信用組合の超絶高金利定期預金について

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>横浜中央信用組合


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

横浜中央信用組合・・・今どきあり得ない、5年の長期で0.4%の金利!


横浜中央信用組合の定期預金は、はとにかく凄いです

※横浜中央信用組合は九州幸銀信用組合と合併し、横浜幸銀信用組合として再スタートしています。横浜幸銀信用組合のページをご覧ください。


横浜中央信用組合は、横浜市に本店を置く韓国系の金融機関です。神奈川、静岡、茨城、千葉、福井、富山、石川、長野、群馬、栃木、新潟、山梨に住んでいるか勤務している人なら、組合員になる事ができます。(出資金1口100円、定期預金利用の場合は10口1000円が必要)

正直、横浜中央信用組合を今まで知りませんでした・汗。が、素晴らしい定期預金で驚きです。 平成28年6月21日からスタートしている「おもてなし」定期預金は、今どきあり得ない5年もの長期の定期預金で金利0.4%と大盤振る舞いです

しかも地域特産品を一品、プレゼントしてくれると言う太っ腹です。現在、色んな金融機関で夏のボーナスキャンペーンを開催していますが、「粗品プレゼント」「抽選で商品が当たります」「店頭金利の+0.1%上乗せ」等々の、魅力がないキャンペーンばかりの中で、素晴らしいの一言につきます。


⇒追記管理人、横浜中央信用組合に口座開設してきました!

横浜中央信用組合の定期預金


関東地方を中心に広い範囲で活用できる韓国・朝鮮系の超高金利の信用組合として、ハナ信用組合あすか信用組合などもあり、それぞれかなりの金利です。ご自身の居住エリアなどに応じて、どの金融機関をセレクトするか、考えてみて下さい。

当サイトでは同じく韓国系のSBJ銀行は、従来から当サイトで広くご紹介していますが、金利的には今回の横浜中央信用組合のほうが断然上ですから、徹底活用して貯金を殖やしましょう

なお横浜中央信用組合の創業は昭和37年、店舗数は18で、2014年に中央商銀信用組合とあすなろ信用組合が合併して、名称を横浜中央信用組合に改称しています。

以前は公的資金の注入を受けたり金融庁の行政処分を食らったりしていましたが、ようやく経営が健全化して、自己資本比率も平成26年度には20.55%まで達しています。

横浜信用組合の公式HP



冬のキャンペーン開始「いつでも満期Ⅱ」は金利0.4%だ

何度も書きますが、5年間の長期間で0.4%を提示する金融機関は、今どきありません。なぜなら日銀がマイナス金利政策をもっと進めたら、銀行は多大な損失を被るからです。怖くて長い期間の金利を約束できないのです。それをやってしまうところが、横浜中央信用組合の凄いところ。

金利年0.40%(組合員)、年0.30%(非組合員)
期間:5年(据え置き期間として1年間必要)
募集期間:平成28年10月17日~平成29年1月27日
預入金額:100万円以上1,000万円以下(1円単位)
対象:個人&法人(個人は複利、法人は単利)
契約の方法:店舗窓口に来店
条件:新規資金
募集金額:200億円


5年間預け入れた時の受取利息(カッコ内の数字は税引き後の利息です)
預入金額 横浜中央信用組合の利息:0.4% ゆうちょ銀行で受け取る利息
(金利0.01%)
100万円 20,180円(16,080円) 500円(398円)
300万円 60,542円(48,242円) 1500円(1195円)
500万円 100,904円(80,405円) 2500円(1992円)
1000万円 201,809円(160,811円) 5000円(3984円)


上記ではゆうちょ銀行との利息の比較を計算しています。凄まじいというのか半端ないというのか、まさに桁違いの受取利息になるのが分かります。



特別金利定期預金「ベストパートナーⅡ」は、期間を選べる

上記の「おもてなし」と5年物の金利は同じですが、それ以外に1年物と3年物の期間も選択できるのが、「ベストパートナーⅡ」です。5年物については地域特産品のプレゼントが無い分、先にお伝えした「おもてなし」のほうが、少しだけお得です。

また、「おもてなし」のキャンペーン期間が9月29日までなのに対して、こちらの「ベストパートナーⅡ」はさらに長く、来年3月末まで取り扱っています


金利1年0.3%、3年0.35%、5年0.4%(非組合員は1年0.2%、3年0.25%、5年0.3%)
預入金額:10万円以上1,000万円以下
対象:個人・法人
満期後:(自動継続・総合口座不可)
取扱期間:平成28年4月1日~29年3月31日


なお、期間が1年あるいは3年物の定期預金に関しては、居住地域が合う人に限定されますが、別の金融機関のほうが高い場合もあります。具体的には、韓国・朝鮮系の金融機関の定期預金金利の欄をチェックしてくださいね。

子供のいる家庭はさらにすさまじい金利0.6%「子育て応援定期」

「子育て支援定期」は、何と年利0.6%の凄まじい高金利の定期預金です。退職金定期預金で高金利を提示する銀行は多いけど、若い世代に多大なメリットを与えてくれるところはほとんど無いですから、横浜中央信用組合の取り組みに拍手を送りたいです

金利:年0.6%(非組合員の場合0.5%)
預入金額:10万円以上500万円以下
期間:1年(自動継続と総合口座は不可)
取扱期間:平成28年4月1日から平成29年3月31日


なお、ホームページだけでは分からない事を電話で質問してみましたので、下記にまとめます。韓国系信用組合ですが、電話対応は日本人で、丁寧な対応が印象的でした。

会員になる口数は? →10口1,000円
子供の年齢は何歳まで? →20未満のお子さんが対象
証明書が必要? →お子さんが掲載されている保険証等が必要
名義は誰? →親権者
満期後の取扱は? →自動継続は出来ないので、満期後新たに書き換えるか引き出し。満期後の利息は普通預金の利息が適用されます。28年6月29日現在、0.02%です。


貯蓄目的の人は、ほとんどが10口1,000円の出資金で組合員になるそうです。組合員を脱退し、出資金の返却を求めた場合は概ね1年がかかりますと、電話で話していました。


●1年後の満期まで預け入れた場合の受取利息
預け入れ金額 受取利息 税引き後の受取利息
50万円 1800円 1434円
100万円 6000円 4781円
500万円 30000円 23905円

年金定期・・・羨ましい0.8%の超高金利

「年金定期」に関しても年0.8%と、全国でも知る限りトップの利率で驚愕です。しかも自動継続が出来るのが非常に素晴らしいです

金利:年0.8%(非組合員の場合0.7%)
預入金額:10万円以上500万円以下
期間:1年(自動継続と総合口座は可)
取扱期間:平成28年4月1日から29年3月31日

注意したい各種手数料・・・裏技を使う事で、手数料ゼロであすか信用組合を利用!

金融機関を活用する上で忘れてはいけない、入出金手数料をお知らせします。何と平成28年6月1日より、全国のコンビニや駅でのATM手数料が、キャッシュバッグされるようになりました

利用回数は月に5回までで、翌月20日に口座に返い戻しされます。これでは、大手の銀行を使う意味なんて、全く無いのではないかと思ってしまいますね。

ただし、振込手数料だけはこのコストを支払わねばなりません。定期預金金利を100%活かすことにつながる裏ワザが使えない金融機関なので、コンビニのATMで資金をおろして、すぐその場で住信SBIネット銀行ソニー銀行のような、振込手数料がかからない銀行に入金すると良いでしょう。

以上、横浜中央信用組合の定期預金についてでした。営業区域は12県に渡りますので、該当地区の人には朗報です。ただし定期預金は全て窓口での取扱となるため、お近くに営業所があるとことを願っています。