全くメリットを感じられない、ゆうちょ銀行の各種キャンペーン

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>ゆうちょ銀行>ゆうちょキャンペーン


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

ゆうちょ銀行のキャンペーンに、利用価値なし


新生活応援キャンペーンは、応援されている気がしない

まずは、最新のキャンペーンからです。新生活応援キャンペーンと銘打って「現金プレゼント」と威勢よく告知していますが、少ない人しか当選しない、ショボイものとなっています。

ゆうちょ銀行の新生活応援キャンペーン


合計1万名に当たるといっても、全国規模のゆうちょ銀行からすると、本当に少ない数字でしょうね。それに当選するにあたって、ゆうちょ銀行を給与受取口座にしなくてはなりません

ゆうちょ銀行の評価・解説ページで説明した通り、金利を考えるとなんの得にもならない銀行を自分のメインバンクにするなど、愚かな事であります。

新生活応援キャンペーンの現金プレゼント金額


ゆうちょ銀行のキャンペーンページ


年金受け取り者の金利優遇なんて、たったの0.1%です

現在、ゆうちょ銀行で行われている下記キャンペーン。公的年金の自動受取りに申し込むと、1年定期の金利が0.1%優遇されるとあります。ですが、この程度の優遇ではメリットがまるでありません。

ゆうちょ銀行の年金受け取り金利優遇キャンペーン

預入金額 半年 1年 3年 5年
金額の区別なし 0.035% 0.135% 0.05% 0.06%


よく、この手の「年金受け取りキャンペーン」を見かけますけど、そんな年金生活者専用ではなくて、普通に高金利の定期預金を利用したほうが、よほどメリットがあります

ゆうちょ銀行の評価・解説ページに、高金利の銀行預金を利用すると、どのくらい多額の利息を受け取れるかのシミュレーション結果を提示していますので、ぜひ目を通してください。

ゆうちょ銀行でNISA口座なんて、決して開いてはならない

ゆうちょ銀行では、大人にも子供にも、なんとしてもNISA口座を開いてもらおうと躍起になっています。下記が、大人向けのNISA口座キャンペーンです。

ゆうちょ銀行のNISA口座キャンペーン


そしてこれが、子供向けのジュニアNISAのキャンペーンです。大人も子供も、口座解説でお金がもらえるとあって、魅力的だなと勘違いする人が多いと思います。

ゆうちょ銀行のジュニアNISAキャンペーン


大人向けも子供向けも、NISA口座の開設だけで、現金1000円がまずもらえます。そしてその後、窓口で投資信託を購入すると、追加で1000円、合計2000円がもらえると言いう訳です。

しかし、大きな落とし穴があります。キャンペーンページをよく見てみると、ジュニアNISAはインターネット取引が対象外です。となると、店頭で購入手数料を支払って投資信託を買わねばならず、投資信託など手数料ゼロが当たり前の時代に、逆行することになります。

大人向けNISAについては、インターネット取引もOKとなっているのは良心的だと思います。ただし投資信託選びの最重要ポイントは、徹底的に、1年間に取られるコスト(信託報酬)を削減することですから、ネット証券を利用するメリットに比べて、あまりにも魅力が少ないと言わざるを得ません。

そして、銀行では投資信託は買えても、株式を購入することはできません。もしも日本の株式を投資信託ではなくて、例えば高配当株だったり株主優待が魅力的な銘柄があったとしても、ゆうちょ銀行などの銀行でNISAを開いてしまうと、無税の対象外となってしまいます。

NISA口座を銀行で開いてしまう事は、あなたの資産運用の自由度を著しく狭めることになりかねませんので、そのような事は避けたいものです。