南都銀行の定期預金金利と、投資商品全般を評価してみる

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>南都銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

南都銀行の定期預金金利と、キャンペーンの評価は?


最新の、南都銀行の定期預金金利はこれ

まず最初に、南都銀行の定期預金金利です。2015年時点のものですが、他行同様、驚くべき低さです。日銀の金融緩和で物価が上昇する中、下記のような金利でお金を固定されてしまったら、実質的に損しているのと同じです。

さらにダメ押し的なのですが、他行宛ての振り込み手数料が高すぎます。インターネットバンキングを活用しても、振込手数料が540円も必要になります。日常生活を考慮すると、年に数回は振り込みが必要になると思います。仮に3年ものの定期預金に300万円を預け入れても、利息が300円です。手数料すらカバーできない金利水準ですね・笑。

南都銀行


総合的に考えると、今こそ預金の預け先を考え直す、絶好のタイミングと言えるでしょうね振込手数料の無料化を実現した銀行を最低、1行は開設したいところです。当サイトを参考にしていただいて、高金利な銀行に乗り換えると良いでしょう。

なお、南都銀行のインターネットバンキングも同様の低金利です。これでは全く、南都銀行の利用価値は無いと断言したくなりますね。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


南都銀行の公式HP


ナント冬の資産づくりキャンペーンは、がっかりする内容

ボーナスシーズンである夏と冬は、多くの銀行にとって、市民から資金を集められる重要なシーズンです。南都銀行も冬のキャンペーンを打ち出して、定期預金の金利優遇を餌に、資金を集める算段のようです。もちろん、お得な金利を提供しているのであれば、まったく問題は無いのですが・・・。

南都銀行の冬の資産づくりキャンペーン


なお、資産運用コースとの名目で、リスク商品を売りつけるようですが、こちらには手を出してはいけません。では安全な資産運用である定期預金コースを見てみましょう。

南都銀行が提示している優遇金利は、1年もの、3年もの定期預金に対して店頭表示金利+0.1%と、まったくお得に感じません・笑。

南都銀行の冬の資産作りキャンペーン・定期預金コース


具体的に、どれくらい残念な水準か見てみましょうか。当銀行で紹介している高金利な銀行の中から、トップ水準のSBJ銀行の3年定期もの0.55%と比較してみます。

(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 南都銀行の通常金利
3年の受け取り利息
南都銀行の上乗せ金利
3年の受け取り利息
SBJ銀行での
3年の受け取り利息
100万円 300円
(276円)
1300円
(1196円)
5500円
(5060円)
300万円 900円
(828円)
3900円
(3588円)
16500円
(15180円)
500万円 1500円
(1380円)
6500円
(5980円)
27500円
(25300円)


どうですか? 椅子から転げ落ちそうになるくらいの、衝撃的な金利差ですよね。中途半端な金利優遇などは不要なので、最初から金利水準の高い銀行を活用しておくと良いでしょう

南都銀行のATM手数料を無料にできるか?

南都銀行は金利が低いだけでなく、各種の手数料もいつも有料なので、非常に使い勝手が悪いと思います。ここでは手数料のうち、ATMの引き出し手数料(南都銀行ATMだけでなく、コンビニ手数料も含む)を、常に無料にする方法を動画にて解説いたします。


「一番人気」という、預金者を馬鹿にしたような商品

今回、南都銀行をチェックしていて一番腹立たしくなったのが、これです。このタイプの「抱き合わせ販売」商品がどれだけ預金者に不都合な商品なのか、定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺のページを見ていただいて、よく理解いただければと思います。

正直、このような商品に「一番人気」などと言うネーミングを付けられるというのは、お金の教養が無い、情報弱者があまりにも多い事を物語っているのかもしれませんね。こんなものに惑わされないよう、ぜひファイナンシャルリテラシーを付けていただければと思います。

南都銀行の資産運用パッケージプラン「一番人気」


ところで、この「抱き合わせ販売」商品、外貨預金だったら別に預金なんだから問題ないのでは?と言う疑問もあるかもしれませんね。

これこそお金の教養そのものでして、外貨預金は預金保険機構によって守られた預金ではありません。 円を外貨に換えたり、満期を迎えて外貨を円に変えたりするコストも恐ろしく高額です。

それなのに、いくら外貨の金利が高くても、この金利差は為替変動によって調整されて、結局は期待されるリターンは円預金と同一です。

だったら目先のもうけ話に惑わされないで、最初から金利の高い円定期を選べばよいだけの事で、これがファイナンシャルリテラシーと言うものなんです。

南都銀行のパッケージプラン2

退職金専用プランにも注意してください

お金の教養の続きみたいな、退職金専用特別プランです。

特別なのは南都銀行にとってであって、預金者から見ると、こんなものは特別でも何でもありません。お金の教養のある人は、「どうして退職金を預金するのに、こんな高金利を付けてくれるのか?」と言う素朴な疑問を抱きます。

実はこれ、目くらましの高金利で多額の退職金を預け入れさせて、その後短い期間で満期を迎えさせて、そして待ってました!とばかりに、高コスト投資信託や外貨預金に誘導する目的なんです。

あなたは、あなたにとって最適な投資信託をセレクトする能力はありますか? もしも自信がないのであれば、こういう定期預金には近づいてはいけません。

南都銀行の退職金専用特別プラン


なお、退職金で気軽に投資信託など購入すると、下記のような大変な失敗をしてしまう事も非常に多いので、上記のプランが何となくお得だなと感じた方は、下記も併せて目を通しておいて下さい。

⇒参考:投資信託での手痛い失敗事例

新社会人にカードローンを持たせてはならない件

南都銀行のウェブサイトをチェックしていたら、新社会人向けのサービスとしてカードローンを推薦していたことには驚きです。

南都銀行のカードローン


金融リテラシーが貧弱な状態で手軽に資金を借り入れた日には、銀行に利息を払い続ける人生になるだけです。下記をみると、融資利率も相当に高いですね。

南都銀行のカードローンで支払う利息


仮にボーナスで分割して返すと短絡的に考えて、100万円程度を10%の金利で借り入れると、年間で10万円もの利息を返す必要がある訳です。知識が無いというのは、本当に恐ろしいことですね。


定期預金を利用するならば、現状、南都銀行を使う理由は無いと思いますので、あわせて同じ奈良県内で、金利の高いことの多い奈良信用金庫も併せてチェックしてみて下さい。

⇒参考:奈良信用金庫の定期預金金利をチェックしてみる