円預金金利がすっかり低くなって、なかなか評価しにくくなった新生銀行

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>新生銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

新生銀行・・・以前に比較すると、魅力が大幅に減少


新生銀行の円預金は、現状ではごくわずかを除いて使えない状態

新生銀行さん、以前は金利も高くて使える銀行のベストテンに常に入るようなイメージがあったのですが、「マイナス金利時代」の今、その魅力はすっかり失われてしまったようです。

下記は、ネット専用のパワーダイレクト円定期預金です。ネット定期にもかかわらず、このような低金利では、使う価値がありません

純粋に金利で比較するならば、当サイトTOPページ、あるいは地方銀行も含めた定期預金金利ベストファイブのページをご覧いただくと、一ケタ高い金利の定期預金を、多数見つけることができます。

新生銀行の定期預金

預入金額 半年 1年 3年 5年
30万円以上 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
100万円以上 0.025% 0.025% 0.03% 0.03%





もっと高金利な銀行に預けた場合、あなたの利息はこれほど増える


もしも上記の金利に満足できず、明らかに高金利の銀行に預け替えた場合、あなたの受け取る利息はどのくらい増えるでしょうか? ここでは、金利ナンバーワンのSBJ銀行と、ナンバーツーのあおぞら銀行で、比較してみます(地方銀行は除く)。


●期間3年での受取利息(上段は税込み、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 新生銀行の場合 あおぞら銀行の場合 SBJ銀行の場合
30万円 225円
(179円)
1350円
(1075円)
4050円
(3227円)
100万円 900円
(717円)
4500円
(3585円)
13500円
(10757円)
300万円 2699円
(2150円)
13500円
(10757円)
40500円
(32272円)


いかがでしょうか?利息がほとんどつかなくなるマイナス金利時代では、高金利の銀行を活用するのが家計の勝ち組の絶対条件です。あおぞら銀行の他には、オリックス銀行でも良いでしょう。

唯一、「スタートアップ円定期預金」だけは、大変に魅力的

新生銀行で、現在唯一の魅力的な円預金関連商品と言えば、スタートアップ円定期預金でしょう。下記の通り、6か月ものと限定ではありますが、0.5%の金利は魅力的です。口座開設から3か月以内に預け入れて、この高金利を受け取りましょう。

新生銀行のスタートアップ定期預金


預入金額の条件は、店頭での申し込みの場合は300万円以上からとハードルが高いですが、ネットの申し込みならば30万円以上なので、使いやすいと思います。


新生銀行の口座開設はコチラ

かつての目玉、「2週間満期預金」は、すっかり魅力がない状態

新生銀行と言えば、かつてはこの2週間満期預金の高金利が、非常に魅力的でした。管理人も、利用したことがあります。しかし今は、たったこれだけの低金利です。

2週間満期預金


ただし元利継続型で申し込んだ場合(2週間後に自動解約になるように申し込んだ人以外)は、上記の受取利息が元本に組み込まれて、同じ金利のまま継続されます。という事は、既に記した定期預金金利よりも魅力的だと言えます。新生銀行の円預金を使うならば、2週間満期預金で決まりです。



店舗に行く面倒を厭わなければ「ハッピーバースデイ円定期預金」も良し

こちらは店頭での受付限定ですが、お店に足を運ぶのを面倒だと思わないのであれば、新生銀行の円定期預金ではスタートアップ円定期預金に次いで、良い商品です。

新生銀行のハッピーバースデイ円定期預金


ただし、預入期間がたったの3か月しかない点が、残念です。また、0.5%の金利とするには、500万円以上もの資金が必要です。(100万円以上の人は0.3%となってしまう)

3か月後に満期を迎えるという事は、当然、満期後に「問題商品」に誘導される懸念があるという事です。銀行の取り扱う問題商品が何であるか見当が付かない人は、あえてこの定期預金を利用する必要はないですね。

円定期セットプログラムなど、利用してはならない

さて、上記で記した「問題商品」に関連する話しです。新生銀行では、「円定期セットプログラム」を使うと、以下の通り、定期預金の金利が優遇されるプログラムがあります。

新生銀行の円定期セットプログラム


しかし、当サイトで再三にわたり注意を申し上げている通り、この手の定期預金と投資信託のセット販売は合法的詐欺と言えるような代物ですので、見せかけの高金利には、決して目を奪われないようにしてください

この種の商品がどうして問題なのか分からない場合、Q&Aコーナーを通じて管理人までご質問ください。新生銀行の商品全般のご質問でも構いません。

お友達紹介プログラムは、ハードルが高いので使いにくい

新生銀行では、「ご家族・ご友人紹介プログラム」があります。この手のお友達紹介キャンペーンは、けっこう魅力的な条件を提示している銀行もありますが、残念ながら新生銀行のキャンペーンは、預け入れる資金量的にハードルが高く、使いにくいキャンペーンになっています。

新生銀行のご家族・ご友人ご紹介プログラム



まず、紹介する人が店舗に行って手続きする時点でアウト


新生銀行のお友達紹介キャンペーンを利用するには、紹介する人がまず、最寄りの店舗に行って「クーポン」を受け取らなくてはいけません。そしてそのクーポンを、紹介を受ける人に渡す必要があるのです。インターネットの時代に、このめんどくささはアウトです。

新生銀行のお友達紹介キャンペーンの流れ



紹介を受ける人は、不利な金融商品に手を指す必要がある


そして上記よりもさらに大問題なのが、紹介される人が、新生銀行の金融商品のうち、投資信託や仕組み預金など、明らかに不利だと断定できる商品を買わなくてはならないことです。

しかもそれらを、紹介後4か月以内に、金額にして300万円以上を投じること、という縛りがあります。そしてそれもネットで買うのではなくて、店舗で買えと。(あるいは住宅ローンを利用しなくてはならない)

これでは、紹介する人が引き受けたリスクに対して、受け取るリターンが見合っているとは思えませんから、とても利用する気にはなれませんね。見送りという方針でよいかと思います。

新生銀行のお友達紹介キャンペーンで得られる優遇



その他のお友達紹介キャンペーン


銀行の実施するお友達紹介キャンペーンは、ソニー銀行じぶん銀行は明らかにメリット大ですので、利用してみてください。ソニー銀行から、太っ腹の3000円を受け取れます。

「マイナス金利時代」と人を煽って、リスクのある商品に誘導するとは愚かな!


新生銀行のマイナス金利特集には、決して耳を傾けてはならない

ところで、新生銀行の円預金のページを開くと、まず真っ先に下記のバナーが表示されます。目立つところに真っ先に出てくるので、つい目が行きます。

新生銀行のマイナス金利特集


しかし、マイナス金利時代に銀行預金が低金利になるからと言って、この特集ページに書かれていることを鵜呑みにして、ホイホイと自分のお金を突っ込んでしまったら、金利どころかあなたの財産そのものがマイナスになる恐れが十分にあります。

誘導する先の商品・・・お金の専門家としての矜持は皆無なのか??

新生銀行のマイナス金利特集を見ると、円預金の代わりに紹介している商品が、あまりに酷すぎます。細かく問題点を指摘すると日が暮れてしまいますので、超簡単に一言コメントを記します。


外貨預金の推奨に対しては・・・・


新生銀行が推奨する外貨預金

新生銀行が推奨する外貨預金


円預金は金利が低いから外貨預金にしましょうねと、これは昔から定番商品ですね。円安に期待とか言ってるけど、円高になったらどうするつもりですか? とうか、理屈的には円高になる可能性のほうが強いです。それについては楽天銀行のページに詳しく書いたので、参考にして下さい。

それに、外貨預金は、金融機関が潰れたら、お金、戻ってきませんからね。そして円を外貨に、満期後は外貨を円に換える時に高いコストがかかります。外貨預金は、欠陥商品なのです。


外貨仕組み預金の推奨に対しては・・・・


新生銀行が推奨するパワード定期


1つ上の外貨預金のところを見て頂くのと、あとはじぶん銀行のページでボロカスに批判していますから、合わせて参考にして下さい。


J-REITファンド(投資信託)の推奨に対しては・・・・


新生銀行が推奨するJ-REITファンド


金利が低いから投資をしましょう、特におすすめは不動産投資信託。・・・話しの持って行き方が強引すぎます。しかも上記の人が推奨しているのが、ダイワJ-REITオープンDIAM J-REITオープンという、2つのボッタクリ投資信託です。

だいたいこれらのファンド、買っただけで新生銀行に高いコストを支払うわけで、運用する前から元本割れ確定。・・・定期預金よりもよっぽど「マイナス金利」ですよ


住宅ローンの推奨に対しては・・・・


新生銀行が推奨する住宅ローン


今回、ぶっ飛んで笑ってしまったのが上記です・笑。マイナス金利時代だから住宅ローンを組んで家買いなさいって、どんだけ人にリスク追わせるつもりなんでしょうか?

唯一、住宅ローンで家を買って転勤したことに見せかけて転居して、その家を賃貸に出して数字が回るという不動産投資家だけが、明らかな恩恵を受けるでしょうね。(ただしこのような事は意図的にやると契約違反ですから、推奨できません。)



とにかく、資産運用を銀行の窓口で相談してはなりません


以上で、新生銀行が考えるマイナス金利時代の資産運用に対しての、管理人の見解でした。もしも内容等に不明な点がありましたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーから管理人までご連絡ください

それにしても、定期預金のような「無リスクな資産」を「安全・確実」に増やしていきたい人にとって、マイナス金利を餌にして銀行側が提案する話しには、ロクなもんがありません。

そもそも銀行員はあなたの幸せなど特に望んでいるわけではないので、決して世間話を含めて、話し込むことのないように注意しましょう。無リスクで資産を増やしたい人に、リスクのある運用を進めてくる人間がいたら、それは全て、疑ってかかるくらいでちょうど良いです


新生銀行の口座開設はコチラ